« アリス・イン・ワンダーランド | Main | レポゼッション・メン »

June 06, 2010

川の底からこんにちは

監督:石井裕也
音楽:今村左悶、野村知秋
脚本:石井裕也
出演;満島ひかり、遠藤雅、相原綺羅、志賀廣太郎、岩松了ほか

「300円弁当」

「川の底からこんにちは」です。最初に言いますが、この映画、絶対に観たほうがいいです。ユーロスペースで上映される映画には極めて珍しく、内容では大ヒットの映画です。

タイトルはホラーっぽい感じですが、まるで違います。テーマは「中の下」。かつて日本人の生活レベルを示すのに「中流」という言葉がありました。ところが、格差社会になり、中流の中から抜きん出た人、地の底に落ちた人に分かれ、多くの人は少しだけランクダウンして「中の下」になっています。それを見事に描ききった、まさに万人ウケする映画です。日本人は自虐的で湿っぽくなければ悪い話に喜んで飛びつきますから、低予算で大ヒットの要素を兼ね備える極めて効率的な映画と言えます。

残念なのは、公開されている劇場が極めて少ないこと。「川の底…」は「いけちゃんとぼく」のように地方の劇場を回りながら長く上映されることと思いますが、アカデミー賞にノミネートされるなど外部からの評価がなければ、「おくりびと」のような映画になることはないと思います。それでも多くの人に観て欲しい映画です。ナントカ美容室とか、満を持した最終作で大コケの予感のあの映画とか、大人の事情で大ヒットを演出するより「川の底…」のようなマイナーでも実力のある映画をきちんと評価してもらいたいものです。

その一方でミニシアター作品にはそこらへんを旅するだけとか、1アイデアで1作やっつけたような映画が多いのも事実ですが。

この映画は「イライラする」という評価もありますが、確かに前半はやや停滞気味で展開が遅いのですが、どのシーンも主人公のフラストレーションを蓄積する重要な部分です。この映画の肝は主人公の爆発ですから、爆発後に一転する主人公の人生(といっても中の下の範囲で)を楽しめれば、この映画がいかに秀作であることが分かるはずです。

主人公を演じた満島ひかりも魅力的でした。「あっ、えーと…」とか癖のある主人公のセリフは彼女だからこそ演じきれたと言っても過言ではありません。竹内結子を初めて観た時「凄い女優が出てきたな」と思ったものですが、その時と同じような衝撃を感じました。これからが楽しみです。

評価に移ります。

【基礎点】

一般の邦画(20点)
・20点

【技術点】

テーマははっきりしているか(10点)
(一言で説明出来るか/魅力的だったか)
・10点
中の下の女性が、父親の工場を継いで、中の下なりを立て直す話。

そのテーマは時代にマッチしているか(10点)
(今の時代に当てはまるような要素があるか)
・10点
共感出来るのではないかというテーマ。

観光要素はあったか(10点)
(何か目新しく感じられる要素はあったか)
・2点
しじみ工場程度で観光要素はない。

観光要素は魅力的だったか(10点)
(その観光要素は魅力的なものだったか)
・8点
中の下を演出する要素にはなる。

主人公に貫通行動があるか(10点)
(主人公の目的=欲望がはっきりしているか)
・10点
流されパターンの主人公だが、爆発前、爆発後も一貫して「中の下」の姿勢を貫いており人格として破綻はしていない。

【芸術点】

印象に残る人物はいたか(10点)
(多くても1、2名に限る。それ以上いたら逆効果なので減点)
・8点
主人公の父親と叔父さん。特に叔父さんはコメディリリーフとして強烈な存在であり、父親は主人公との葛藤が美味く描けている。

印象に残るシーンはあったか(10点)
(多くても1、2シーンに限る。それ以上だと逆効果なので減点)
・9点
パートさん全員で「私たちがあんたのお母さんだよ」と言うシーン。主人公が川原で遺骨を投げつけながら喧嘩をするシーンはそれなりに楽しかったが、ここで終わってもいいぐらいだった。

泣けたか(10点)
(ストーリーの流れで泣けた部分はあったか=単に人が死んだとか、物理的な悲しさは評価外)
・9点
上記のシーン。コメディリリーフで締めてしまうところは賛否両論あると思われるが、逆にアクセントになっているように思える。

笑ったか(10点)
(ストーリーの流れで笑った部分はあったか=主人公の仕草とかで笑いを誘った場合は評価外)
・9点
フラストレーションをいかに蓄えて、主人公を爆発させるかにかかっている映画だが、爆発後にヤケクソになって結婚することを決意したり、会社の立て直しに躍起になるあたりは、ストーリー上の面白さとしては上質。ちなみに主人公が喪服で肥を撒くシーンは、対位法のお手本のよう。

怒りを覚えたか(10点)
(ストーリーの流れで怒りを覚えた部分はあったか)
・3点
フラフラしている主人公の彼氏の行動に怒りの要素はある。ちなみに中の下の怒りを込めた新しい社歌の歌詞は強烈過ぎて商品化して欲しいぐらい。

【減点項目】

・減点なし

基礎点(20)+技術点(40)+芸術点(38)×1.5-減点=CinemaX指数(117)

「B」評価(100~119点)

A評価まであと一歩ですが、おすすめです。劇中歌も新旧の社歌2つ。キャストにもお金をかけず、低予算でこれだけの映画が作れるのですから、邦画も捨てたものではありません。存分に予算を継ぎこめるハリウッド映画が1万円のステーキを焼けるのなら、邦画は1000円でラーメンを作れという考え方があります。その中で1000円でステーキを作ろうとして惨敗する邦画や、500円ぐらいの出来の映画を一生懸命宣伝して1000円に見せかけて観客を落胆させる邦画が後を絶たない中で、1000円どころか300円で1000円分の満足を得られる弁当のような映画が「川の底からこんにちは」と言えるでしょう。

劇場でもDVDでも這ってでも観ることをおすすめします。

2010年5月29日/ユーロスペース
100216_kawanosoko_main

|

« アリス・イン・ワンダーランド | Main | レポゼッション・メン »

Comments

If you are going for most excellent contents like I do, simply visit this website all the time as it offers quality contents, thanks

Posted by: Esperanza | April 26, 2014 at 05:32 AM

Excellent post. I absolutely love this site. Thanks!

Posted by: Self Inspiration | March 03, 2015 at 05:43 AM

Stunning! That you do not come by data such as this simply and I am not so ungrateful! Keep it-up folks!

Posted by: http://kachigian.com/?option=com_k2view=itemlisttask=userid=121659 | June 16, 2015 at 02:36 PM

Wow! I am really clicked with by this website and that I may say nothing significantly less than I love it!

Posted by: price comparison for generic drugs | August 04, 2015 at 08:03 AM

I am officially satisfied with this particular blog and that I wanted to take some time to thanks from my heart's base!

Posted by: go to social website | August 05, 2015 at 04:44 PM

Gorgeous! That you don't come by data similar to this easily and I am happy! Keep it-up people!

Posted by: SAP course | August 13, 2015 at 01:11 AM

I just couldn't leave without saying thank you in the base of my heart after looking over this website that is amazing!

Posted by: http://youtube.com | August 28, 2015 at 09:50 AM

I love reading sites such as this! Causes me to feel an enjoyable that is comfortable sensation and in addition educated! Many thanks so much!

Posted by: amazon.com | September 05, 2015 at 04:47 AM

It's so difficult to find information that is important but this definitely qualifies as one. Departing certainly will undoubtedly come back shortly and happy!

Posted by: Play Unblocked Games | September 07, 2015 at 05:11 PM

I'm basically pleased with this particular website and I wanted to make an effort to thanks in the bottom of my heart!

Posted by: need cash now canada | September 15, 2015 at 03:49 AM

Wow! This website definitely presses with me and I may claim nothing less than I really like it!

Posted by: cow evolution moopedia | September 16, 2015 at 06:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/48513402

Listed below are links to weblogs that reference 川の底からこんにちは:

» 姉妹丼してきたぞ!!! [こきたてひーひー]
二人揃ってガッつき過ぎ!! 俺のムスコが萎む暇もなくハメ倒されちゃった^^; まぁその分報酬も良かったけどね(笑) [Read More]

Tracked on June 09, 2010 at 05:41 PM

« アリス・イン・ワンダーランド | Main | レポゼッション・メン »