« レスラー | Main | ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密 »

August 24, 2009

南極料理人

監督:沖田修一
原作:西村淳
音楽:阿部義晴
脚本:沖田修一
出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美ほか

「微妙な料理人」

「南極料理人」です。主演の堺雅人さん人気か、南極への憧れか、上映劇場が少ない割に毎回、超満員の映画です。劇場内が中高年の男女で埋め尽くされる「剱岳 点の記」の人気も凄まじいものがありましたが、南極料理人は上映劇場が少ないとはいえ、鑑賞したテアトル新宿では立ち見も発生。まるで身体を押し合いながら日活映画を観ていた往年の勢いを感じます。

昨年の「おくりびと」人気といい、これから劇場公開が予定されている「沈まぬ太陽」といい、味のある邦画が増えるのは日本の映画業界にとって好ましいことです。ここはひとつ、監督や出演者の話題性ばかりが先行するばかりでストーリーは思いつきで作ったようなクソ映画が撲滅されることを祈ってやみません。

南極観測隊といえば、思いつく映画は南極物語程度。あとは、紅白歌合戦の時の応援電報。今はFAXやテレビ電話に変わり風情がなくなった感もありますが、南極に昭和基地があって日本人がいるということは、恐らく日本人なら誰もが知っているほど知名度の高い題材です。ただし、テレビのドキュメンタリーで扱われるのは極地の過酷な天候や研究に奔走する隊員の姿ばかり。南極料理人のように食を扱ったものはほとんどありません。

ということで、強烈な「観光要素」を有する南極料理人なのですが…美味しい部分を切り落として脂身だけになったような映画でした。評価に移ります。

【基礎点】

一般の邦画(20点)
・20点

【技術点】

テーマははっきりしているか(10点)
(一言で説明出来るか/魅力的だったか)
・2点
南極観測隊の面々がドタバタする話。

そのテーマは時代にマッチしているか(10点)
(今の時代に当てはまるような要素があるか)
・2点
室内ロケが主体なので「抜け」がない。

観光要素はあったか(10点)
(何か目新しく感じられる要素はあったか)
・4点
南極観測隊には調理担当という人がいて、料理に試行錯誤していること。観光要素は強いが、隊員たちのドタバタに埋もれてしまい映画での取り扱われ方が弱い。

観光要素は魅力的だったか(10点)
(その観光要素は魅力的なものだったか)
・4点
多くの人々が興味を持つ未知なるもの(南極)と身近なもの(食)を扱っているというのは観光要素として鉄板。ただし、前述の通り隊員たちのドタバタに終始してしまい観光要素が薄れてしまった。

主人公に貫通行動があるか(10点)
(主人公の目的=欲望がはっきりしているか)
・5点
観測隊員に料理を提供する。原作には、この料理を南極で作るにはとか、南極であの料理のようなものを再現するにはどうするかとか、試行錯誤する部分がかなり描かれていたのだが、映画化にあたって描かれたのはピーナッツとラーメン程度。ただしかんすいを合成してラーメンを作るのは興味深かった。

【芸術点】

印象に残る人物はいたか(10点)
(多くても1、2名に限る。それ以上いたら逆効果なので減点)
・3点
・隊員の中で最も若い男「兄やん」。彼女を残し南極に来てしまい、すれ違いに悩む。登場人物全体の中で変化があったのはこのキャラクターぐらい。ストーリーの引き立て役にもなり得たはずの主人公の妻子の描き方も無味無臭で味気なかった。

印象に残るシーンはあったか(10点)
(多くても1、2シーンに限る。それ以上だと逆効果なので減点)
・0点
たとえ網走で撮影しても南極の壮大さはもっともっと描けたはず。隊員が箱の中に入ってドタバタするだけでは臨場感がない。最大の欠点は、肝心なシーンの締めをフェードアウトで有耶無耶にしてしまう点。例えば、国際電話は金がかかる(本編では1分740円と表示)ので、砂時計をひっくりかえすのだが、兄やんが東京の彼女に電話する最初のシーンでもフェードアウトしてしまう。1分で受話器を置かなければならない動揺とか、切なさとかをきちんと描いていれば、後の2人のすれちがいが浮き彫りに出来たはず。肉の美味い部分を次々とカットしていっているようなもの。

泣けたか(10点)
(ストーリーの流れで泣けた部分はあったか=単に人が死んだとか、物理的な悲しさは評価外)
・1点
兄やんのエピソードは泣けるようでも前述の通り積み重ねが雑すぎて泣けない。主人公の妻子が登場するシーン(主人公の娘が匿名で観測隊員たちと話し、父親とも話す)は、それまでの積み重ねが曖昧で多少ジーンとするだけ。娘の描写はリアリティがあるといわれれば、あるかもしれない。

笑ったか(10点)
(ストーリーの流れで笑った部分はあったか=主人公の仕草とかで笑いを誘った場合は評価外)
・1点
ショートコントを集めたような映画なので、笑える部分は多い。ただし積み重ねで笑わせる部分は極めて少なかった。

怒りを覚えたか(10点)
(ストーリーの流れで怒りを覚えた部分はあったか)
・0点
この映画に悪人は出てこない。

【減点項目】

寝てしまった(-30点)
・-30点
前半のドタバタがあまりにも退屈すぎて寝てしまった。

基礎点(12)+技術点(25)+芸術点(5)×1.5-減点(30)=CinemaX指数(15)

「F」評価(59点以下)

原作の「面白南極料理人」を少しだけ読んだのですが、この小説の肝は、主人公が日本にいる間にどんな食材を南極に持っていこうとあれこれ考えていく部分が興味深かったりします。例えば、卵をどうやって持っていくのかとか、気圧が低く沸点が下がる中でどんな料理が可能なのかとか、人々の興味を引きそうなテーマをもっと引き出せたはずです。CinemaXでは原作を読んでいないものとして評価するのでこの部分は加味されていないのですが、残念でなりません。

また、原作には日本での訓練やドームふじの位置、昭和基地の人とのやりとり、交替のときにどうしてヘリコプターを使うのかとか、料理以外に興味深いものが描かれています。制作費の問題もあるかもしれませんが、映画化にあたり反映されたのは官民ごちゃまぜになっている隊員の構成やトイレが大小に分かれていたり、浄化が不完全な風呂の水を飲むと死んでしまう可能性があるという点。しかもさらっと触れているだけでした。

南極観測隊の人たちって南極観測船だけで移動するわけじゃないんだとか、昭和基地以外にも基地があるんだとか、観客が「へー」と思いそうな部分もちょこっと食いついただけで切り捨てです。しかも隊員が日本に戻ってくる時は隊員や家族の気持ちを描くことが出来るシーンのはずなのに、隊員の感情も切り捨て、空港での出会いのシーンはコントのようなエピソードをちょこっと挟んだだけでフェードアウトしてしまい、残尿感が残るような締めになってしまいました。それでいてエンディングは隊員たちが夏の砂浜でビーチバレー。同窓会気分で挟み込んだのでしょうが、シーンできちんと締めていない映画なので、頭の中が混乱してしまいました。

「おくりびと」は、納棺夫という観光要素だけが強烈な短い原作を映画監督などが上手く肉付けして映画化したケースといえますが、南極料理人は逆に映画化にあたり重要で美味しい部分を切り捨ててしまっています。シーンそれぞれは俳優たちに独特の間があって一見、楽しいような感じのする映画のですが、中身はからっぽになってしまっているのが残念でなりません。

2009年8月22日/テアトル新宿
6460

|

« レスラー | Main | ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密 »

Comments

Fastidious answers in return of this issue with real arguments and describing everything concerning that.

Posted by: best dating sites | January 12, 2015 at 07:25 PM

I loved as much as you'll receive carried out right here. The sketch is tasteful, your authored subject matter stylish. nonetheless, you command get bought an edginess over that you wish be delivering the following. unwell unquestionably come further formerly again since exactly the same nearly a lot often inside case you shield this hike.

Posted by: best dating sites | January 18, 2015 at 04:00 PM

Hey there terrific blog! Does running a blog similar to this take a great deal of work? I have very little understanding of coding but I was hoping to start my own blog in the near future. Anyway, if you have any suggestions or tips for new blog owners please share. I know this is off subject but I simply needed to ask. Appreciate it! blogesaurus.com quest protein bars

Posted by: buy Quest bars cheap online | January 20, 2015 at 09:39 PM

I like the valuable information you provide in your articles. I will bookmark your blog and check again here frequently. I'm quite sure I'll learn lots of new stuff right here! Good luck for the next!

Posted by: minecraft free download full version | February 07, 2015 at 04:27 PM

I am no longer positive where you are getting your information, however great topic. I needs to spend some time learning more or understanding more. Thanks for magnificent info I was searching for this information for my mission.

Posted by: match.com | February 11, 2015 at 05:31 AM

Pretty section of content. I just stumbled upon your website and in accession capital to assert that I acquire in fact enjoyed account your blog posts. Anyway I'll be subscribing to your augment and even I achievement you access consistently quickly.

Posted by: match.com | February 14, 2015 at 07:44 PM

This design is wicked! You most certainly know how to keep a reader amused. Between your wit and your videos, I was almost moved to start my own blog (well, almost...HaHa!) Great job. I really loved what you had to say, and more than that, how you presented it. Too cool!

Posted by: %anchor_text% | February 20, 2015 at 10:13 AM

I'm really enjoying the design and layout of your blog. It's a very easy on the eyes which makes it much more pleasant for me to come here and visit more often. Did you hire out a developer to create your theme? Superb work!

Posted by: minecraft games | March 26, 2015 at 07:52 PM

Heya! I just wanted to ask if you ever have any issues with hackers? My last blog (wordpress) was hacked and I ended up losing several weeks of hard work due to no data backup. Do you have any methods to stop hackers?

Posted by: minecraft games | April 07, 2015 at 05:09 PM

I like the helpful information you supply in your articles. I'll bookmark your blog and take a look at again right here regularly. I'm quite sure I'll be told many new stuff proper right here! Best of luck for the following!

Posted by: fotos d mujeres bellas | April 09, 2015 at 06:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/46012601

Listed below are links to weblogs that reference 南極料理人:

» 南極料理人 [ネタばれせずにCINEるか]
タイトルで『南極料理人』と堂々とうたっているにも関わらず、この映画どうもロケ地が南極ではないらしいのだ(北海道の網走ってせこすぎない?)。ウィルスさえいない極寒の地では、空気中に不純物が混ざっていないため息が白くならないという話を聞いたことがあるのだが、生瀬の吐く息の白いこと白いこと(後からCGで合成?何の意味があるの)。そのせいか、隊員たちの基地生活にこれっぽっちの緊張感も感じられない。だれきったエピソードの積み重ねに見終わった後に、(おそらく国民の税金で食っちゃ寝している越冬隊員に対して)「(税... [Read More]

Tracked on September 03, 2009 at 01:11 AM

« レスラー | Main | ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密 »