« チェイサー | Main | ハゲタカ »

May 24, 2009

天使と悪魔

監督:ロン・ハワード
製作総指揮:トッド・ハロウェル、ダン・ブラウン
原作:ダン・ブラウン
音楽:ハンス・ジマー
脚本:デヴィッド・コープ、アキヴァ・ゴールズマン
出演:トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルドほか

「エヴァンゲリヲン」

ダ・ヴィンチ・コードの」続編です。「ダ・ヴィンチ・コード」の時は、憑き物のようにみんな原作本を買って読み、「?」のまま劇場に足を運び、さらに「??」になった今を思い返しても「???」の印象しか残らない状態なのですが、原作本の時点でも圧倒的に「天使と悪魔」のほうが面白いという評価のようですが、果たしてCinemaXの評価やいかに。

「天使と悪魔」は、「ダ・ヴィンチ・コード」よりは遥かに判りやすい内容となっています。「ダ・ヴィンチ・コード」の時はこぞって解説本や解説番組のようなものが乱発され、レオナルド・ダ・ヴィンチの作品の解釈などあれこれ説明された割に映画の意味が理解出来ず、まるで死海文書だなんだのと解釈が乱発された割にヤケクソのような終わり方になってしまった「エヴァンゲリヲン」のような空振り感があったのですが、「天使と悪魔」ではややこしい設定も割と丁寧に観客に説明しています…というより、キャラクターが一方的に喋りまくるだけなのですが。

「天使と悪魔」の舞台は、現在のローマとその一角にあるバチカン市国が舞台です。数年前にも実施された次期ローマ教皇を選出するコンクラーベに絡んだ殺人事件を主人公、ラングドン教授が解明していくというものです。バチカン市国内では未だ腐れ縁のようにスイスの衛兵が、レトロでユーモラスな制服で警備を続けていることをエッセンスとして扱っていたり、密室で行われるコンクラーベの内部を映像化していることは、それだけで観客を惹きつける観光要素になり得ます。

また、「ダ・ヴィンチ・コード」ではややこしくて重すぎた設定が、「天使と悪魔」では一言で説明出来るように簡素になっていることが分かります。前作ではあまり伝わってこなかったラングドン教授の象形学者という設定が、やっと分かったような気もします。何故、研究者は中性子を作ろうとしていたのかとか、ストーリーを二転三転させるための都合のいい設定など気になる部分もあるのですが、前作のようにルーブル美術館の中をちまちま走っていた展開と違って、ローマ市内を縦横無尽に走り回る設定は、動きがあって飽きさせませんし、一種の観光要素にもなっているように思えます。

さて、評価に移ります。

【基礎点】

一般の洋画(15点)
・15点

【技術点】

テーマははっきりしているか(10点)
(一言で説明出来るか/魅力的だったか)
・10点
コンクラーベに絡む殺人事件を解決する象形学者の話。

そのテーマは時代にマッチしているか(10点)
(今の時代に当てはまるような要素があるか)
・9点
政権闘争はいつの世にもあるもの。

観光要素はあったか(10点)
(何か目新しく感じられる要素はあったか)
・10点
密室のコンクラーベを描いたこと。現在のローマ市内に残る遺跡を紹介していること。

観光要素は魅力的だったか(10点)
(その観光要素は魅力的なものだったか)
・10点
題材としては見応えがあった。

主人公に貫通行動があるか(10点)
(主人公の目的=欲望がはっきりしているか)
・9点
ラングドン教授は、事件を解決しようと終始奔走した。

【芸術点】

印象に残る人物はいたか(10点)
(多くても1、2名に限る。それ以上いたら逆効果なので減点)
・5点
カメルレンゴ、警備隊長、枢機卿など。観客は見事に騙される。

印象に残るシーンはあったか(10点)
(多くても1、2シーンに限る。それ以上だと逆効果なので減点)
・4点
強いてあげるならば、ラングドン教授が枢機卿を救出しようとするいくつかのシーン。時間との戦いという設定は見応えがあった。

泣けたか(10点)
(ストーリーの流れで泣けた部分はあったか=単に人が死んだとか、物理的な悲しさは評価外)
・0点
泣けるシーンはなかった。

笑ったか(10点)
(ストーリーの流れで笑った部分はあったか=主人公の仕草とかで笑いを誘った場合は評価外)
・0点
ラングドン教授演じるトム・ハンクスの喋りは、賛否両論あれど面白いが、CinemaXでは評価外。

怒りを覚えたか(10点)
(ストーリーの流れで怒りを覚えた部分はあったか)
・3点
悪に立ち向かうという要素に欠けるように思えた。「真犯人」にそれだけの行動をさせるだけの動機が足りないのかもしれない。

【減点項目】

・減点なし。

基礎点(15)+技術点(45)+芸術点(12)×1.5-減点(0)=CinemaX指数(81)

C評価(80~99点)

ややこしい話も、ラングドン教授と研究者など周囲の人々が勝手に喋りまくるので原作本を読んでいない人、サスペンスが苦手な方にも安心です。ただし、一緒に謎解きしている雰囲気は全くないので、推理が好きな方には物足りなさを感じる映画なのかもしれません。

「ダ・ヴィンチ・コード」や「天使と悪魔」を観ていると、ラングドンを主人公にして、歴史的な象形に対して謎解きをするという設定なら、場所は問わないようなので、例えば、東西南北に四神を配した京都を舞台にしたりとか、天海が江戸城を中心に渦を巻くように街づくりをした東京を舞台にしても面白いかもしれません。

2009年5月16日/ワーナーマイカルシネマズ板橋
Swissguard2

|

« チェイサー | Main | ハゲタカ »

Comments

イルミナティは実際に存在します。
彼らは銀行のサギシステムを使って日本を奴隷化しようとしています。

こちらをご覧ください。
http://hya94ki.blog34.fc2.com/


9.11がアメリカの自作自演だとわかれば
犯人は銀行家だとわかります。
イルミナティのシンボルは目玉であり、彼らはアメリカのドルを崩壊させて世界を破壊し、新しい秩序の世界(ニューワールドオーダー)を実行する気です。

そのためにマスコミの大株主となり、真実をテレビや新聞で報道させないのです。
こちらのテンプレで全体像がわかります。
http://blog-imgs-33.fc2.com/h/y/a/hya94ki/20090509003441a01.txt


お願いです、どうか真実を知ってください。

Posted by: 百式 | May 31, 2009 at 04:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/45112613

Listed below are links to weblogs that reference 天使と悪魔:

« チェイサー | Main | ハゲタカ »