« チェンジリング | Main | ホルテンさんのはじめての冒険 »

March 28, 2009

ウオッチメン

監督:ザック・スナイダー
製作総指揮:ハーバート・W・ゲインズ、トーマス・タル
原作:デイヴ・ギボンズ
音楽:タイラー・ベイツ
脚本:デヴィッド・ヘイター、アレックス・ツェー
出演:マリン・アッカーマン、ビリー・クラダップ、マシュー・グード、カーラ・グギーノほか

「水の味」

「ウォッチメン」です。アメコミの映画化が長らく続いていますが、日本人に縁遠いものも多くなりました。ウォッチメンはその最たるもので、実際に作品を観るまではスーパーマンやバッドマン、ハルクが出てくる、手塚治虫のスターシステムのような内容なのかと思いましたが、ウォッチメンという独立したアメコミが元ネタでした。

ところが、これまでのアメコミとは違い、何故ウオッチメンが誕生したか、何故今のように社会から追われる立場となっているか、詳細に実社会と絡んでいるのが興味深いです。ダークナイトがヒットしたように、社会と関わっているようで実際にいるとは思えない完全無欠のヒーローより、人間臭いヒーローがウケるようになっているのかもしれません。

ストーリーは「ウォッチメン」というタイトルの通り、終末時計がモチーフになっています。ソ連など東欧社会が健在だった冷戦時代は、度々終末時計が話題になっていました。東西が核ミサイルを構えて睨み合いをしていた1980年代の終末時計は、最も緊張が高まった1984年に23時57分、世界の終わりの深夜0時の3分前でした。ウォッチメンはその数年後に描かれたようです。

終末時計はその後、ソ連が崩壊した1991年には23時43分まで遡りましたが、現在は地球温暖化やイランや北朝鮮など第三国の核の対等で23時55分まで針が進んでいます。

「ウオッチメン」は、ストーリーを理解しようとすればするほど頭が混乱するのですが、不思議なことに何も考えないとすんなり浸透してきます。まるで水のようです。例えば、終盤は新たな敵の登場で米国とソ連は結束し、東西冷戦は解消に向かうのですが、第3の敵を相手にすると、これまで反目していた者同士が団結するということは多くの場面で見られるように、これは争いの歴史ばかりの人間の本質を突いているといえます。

「ウォッチメン」は他にも人間の死生観、正義に対する本音と建前など、テーマはどれも難解ながら本質を突いています。ただし、それを具体的に言葉で説明するのは難しく「水の味を説明しろ」というようなものです。厄介な映画に遭遇してしまいました。

「ウォッチメン」は、多くのアメコミの映画化で弱められている性描写のシーンがかなり含まれています。他にもグロいシーンが多く、それ故にR-15指定になったようなのですが、細かくて面白いカットが多く、シーン作りも丁寧なため、映像を勉強している人には参考になる部分が多いと思います。冒頭の長い長いオープニングや、後半の刑務所のトイレでのロールシャッハの報復シーンなどは、地味ですが注目すべきポイントです。

他にも、歴史上の人物にそっくりな人を登場させることで実社会と接点をもたせたり、音楽もいかにもアメリカというような選曲で、映像化不可能といわれた「ウォッチメン」の映画化に強いこだわりのあるスタッフが集って、よってたかって作品を作り上げたのだなという意気込みは伝わってきます。

【基礎点】

一般の洋画(15点)
・15点

【技術点】

テーマははっきりしているか(10点)
(一言で説明出来るか/魅力的だったか)
・0点
元ヒーローが水面下であれこれ騒ぎながら、当面の世界平和に貢献するっぽい話。

これだけでは全く魅力はないものの、本質を突くテーマのようなものをピックアップすると…
・立ち向かう敵が現れることで人間は団結する。
・正義を貫くことだけで平和は生まれない。
・大きな犠牲を避けるには、小さな犠牲が必要なことがある。
・人間はどう生まれたかが問題ではない。生まれたこと自体が一大事なのだ。
…などなど一言で説明不能だが、どれも本質を突いている。

そのテーマは時代にマッチしているか(10点)
(今の時代に当てはまるような要素があるか)
・2点
小ネタで突いている人間の本質は、いつの時代にも当てはまる。

観光要素はあったか(10点)
(何か目新しく感じられる要素はあったか)
・0点
ない。

観光要素は魅力的だったか(10点)
(その観光要素は魅力的なものだったか)
・0点
ない。

主人公に貫通行動があるか(10点)
(主人公の目的=欲望がはっきりしているか)
・8点
それぞれの人間に貫通行動はあるが、その行動の理由がちゃんと説明されているのはロールシャッハだけ。

【芸術点】

印象に残る人物はいたか(10点)
(多くても1、2名に限る。それ以上いたら逆効果なので減点)
・8点
最後まで正義を貫いたロールシャッハ。

印象に残るシーンはあったか(10点)
(多くても1、2シーンに限る。それ以上だと逆効果なので減点)
・0点
意外とない。

泣けたか(10点)
(ストーリーの流れで泣けた部分はあったか=単に人が死んだとか、物理的な悲しさは評価外)
・0点
泣けない。

笑ったか(10点)
(ストーリーの流れで笑った部分はあったか=主人公の仕草とかで笑いを誘った場合は評価外)
・0点
笑えない。

怒りを覚えたか(10点)
(ストーリーの流れで怒りを覚えた部分はあったか)
・0点
それもない。

【減点項目】

寝てしまった(-30点)
・-30点
中盤の前半、ひどく退屈なシーンがある。不覚にも少し寝てしまった。

基礎点(15)+技術点(10)+芸術点(8)×1.5-減点(-30)=CinemaX指数(7)
「F」評価(59点以下)

CinemaXの評価基準では極端に低い指数となるのですが、クソ映画ではありません。
・序盤にヒーローたちが活躍している姿を映像できちんと描く。
・ヒーローたちの誰が主人公なのかはっきりさせる。
この部分がきちんと補われていればもっともっと面白い映画になったはずです。

アクションシーンとCG、効果音や音楽など五感で楽しむ映画なので、DVDでちまちま観るのではなく、劇場で楽しむことをお勧めします。

2009年3月19日/一ツ橋ホール
Silk5

|

« チェンジリング | Main | ホルテンさんのはじめての冒険 »

Comments

Do you have a spam problem on this site; I also am a blogger, and I was curious about your situation; many of us have created some nice methods and we are looking to exchange solutions with other folks, why not shoot me an e-mail if interested.

Posted by: Angelica | May 22, 2014 at 08:24 AM

Greetings from Los angeles! I'm bored to death at work so I decided to browse your site on my iphone during lunch break. I love the knowledge you provide here and can't wait to take a look when I get home. I'm shocked at how fast your blog loaded on my phone .. I'm not even using WIFI, just 3G .. Anyhow, good site!

Posted by: escort | July 02, 2014 at 03:12 AM

My spouse and I absolutely love your blog and find almost all of your post's to be just what I'm looking for. Does one offer guest writers to write content in your case? I wouldn't mind composing a post or elaborating on most of the subjects you write related to here. Again, awesome weblog!

Posted by: gurgaon escorts | November 01, 2014 at 04:48 AM

What's up, just wanted to say, I enjoyed this blog post. It was practical. Keep on posting!

Posted by: Tucson Dui Lawyers | December 20, 2014 at 04:47 PM

This is very interesting, You are a very skilled blogger. I've joined your feed and look forward to seeking more of your fantastic post. Also, I've shared your web site in my social networks!

Posted by: dui attorney seattle wa | January 08, 2015 at 07:31 AM

Hey There. I discovered your weblog the usage of msn. That is a very neatly written article. I will be sure to bookmark it and return to learn more of your helpful info. Thank you for the post. I'll definitely comeback.

Posted by: best dating sites | January 13, 2015 at 02:00 PM

Howdy, I believe your web site could be having browser compatibility problems. Whenever I take a look at your blog in Safari, it looks fine however, when opening in I.E., it has some overlapping issues. I just wanted to provide you with a quick heads up! Other than that, fantastic website!

Posted by: free download full version minecraft | February 08, 2015 at 08:38 PM

I every time emailed this weblog post page to all my associates, as if like to read it after that my contacts will too.

Posted by: mujeres hermosas | February 10, 2015 at 01:28 AM

I am sure this piece of writing has touched all the internet people, its really really pleasant post on building up new web site.

Posted by: Free music downloads | February 16, 2015 at 12:12 PM

I'm gone to convey my little brother, that he should also go to see this weblog on regular basis to take updated from most up-to-date reports.

Posted by: %anchor_text% | February 20, 2015 at 08:12 AM

Hello very cool website!! Man .. Beautiful .. Amazing .. I will bookmark your blog and take the feeds additionally? I'm happy to seek out a lot of useful information right here within the put up, we need develop more strategies in this regard, thank you for sharing. . . . . .

Posted by: match.com | April 09, 2015 at 06:54 AM

Good answer back in return of this query with firm arguments and describing everything about that.

Posted by: match.com free trial | April 10, 2015 at 10:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/44492899

Listed below are links to weblogs that reference ウオッチメン:

« チェンジリング | Main | ホルテンさんのはじめての冒険 »