« ブラインドネス | Main | そして、私たちは愛に帰る »

January 28, 2009

ミラーズ

監督:アレクサンドル・アジャ
製作総指揮:アーノン・ミルチャン、キーファー・サザーランドほか
音楽:ハビエル・ナバレテ
脚本:アレクサンドル・アジャ、グレゴリー・ルヴァスール
出演:キーファー・サザーランド、ポーラ・パットン、エイミー・スマートほか

「洗髪が怖くなる」

ミラーズです。
ホラー映画のジャンルになるのでしょうが、ホラー映画の一番難しいのは、オチです。ウソばかり並べても、単にお化け屋敷のような映画になるだけ。ホラー映画の中には、観客を怖がらせるのではなくて、驚かすだけのものも多いのですが、そうした映画はその瞬間は話題になっても、ゆくゆくは忘れ去られてしまいます。

SFだろうがホラーだろうが、どんな架空の話でも、名作と呼ばれる映画は必ず現在との接点があります。「ああ、あるかもな」と思わせるリアリティを産み出す要素がないと、観客の心は離れていってしまいますから、ホラー映画にも霊現象でもいいので理由が必要なわけです。ただし、怨念でも何でも、それを抱くまでの過程には必ず理由がありますから、そこもしっかりと設定する必要もあるのですが。

ミラーズでは、鏡での霊現象を取り扱っています。キーファー・サザーランド演じる心に傷を負った主人公は、廃墟となったデパートの鏡に注目する。そこには霊の気配…手形がペタペタついていくのは、小説「墓を見下ろす家」(小池真理子)を思い出させます。事実、鏡はもともとこの世には存在せず、人間が作り出した最初の人工物と言ってもいいものであり、古代では珍重されてきました。

そのせいか、鏡を割ってはいけないとか、合わせ鏡をしてはいけないという考え方が今でも残っています。僕の実家は理髪店で鏡だらけなのですが、夜中の店内はラップ現象が物凄かったりします。気温差で柱や壁が軋んでいるという見方もありますが、音の大きさや頻度はやはり尋常ではありません。

ちなみにストーリーに重要な要素として、核となる真実(あるいは真実っぽいエピソード)とそれをとりまくウソが挙げられます。真実が多すぎても結局は実話負けしてしまいますし、ウソばかりだと観客がついてこない。例えば、リングの作者である鈴木光司が、ファンタジー小説を書いても当たらないので結局、リングのスピンオフ作品を乱発しまくっている割に面白くないのは、リングの時にはしっかりと存在していた、真実や真実っぽいものを置き去りにして綺麗なウソばかり並べようとするからです。

逆にリングが面白いのは、真実を織り交ぜているからです。貞子さんのエピソードは元をたどれば実話ですから、あとがぐちゃぐちゃでも核がしっかりしているのでストーリーは成立します。劇場版では、監督の暴挙で登場人物がちょっとした超能力者というメチャクチャな設定になっていたのですが、それでも映画として成立していました。一方でらせん以降のストーリーは核がないのでグチャグチャです。

ミラーズの核は、「統合失調症」です。登場する女性の統合失調症の原因が霊だったという設定。ネタばれになりますが、この症状は、この世と鏡の向こうの世界の両方に感受性を持つ、特殊な能力によるものという設定になっているようです。ちなみに知能に障害のある方や精神病の患者さんは、こちらの人間の立場から見てイレギュラーなのであって、当の本人は全く違うことを感じていると考える人もいますが、僕はこの考え方は決して間違いではないと思っています。

例えば、LDと呼ばれる学習障害。学習に馴染めないという障害はあっても知能は優れているケースが多いと聞きます。日常生活にも支障はありません。思えば学習というものは、大多数の人が決めたルールのようなものなわけで、それに適合しない人もいるはず。特に近年の学習とは、自分の知識を高めて人々の生活を豊かにするという側面から大きく外れて、各々の人生を選別のためのふるいとして機能しているので、テクニック次第でいくらでも水増しすることが出来るようになっています。もはや学習というルールが絶対のものでなくなっているのです。

ものさしが当てにならなくなっている例の1つが知能指数です。かつては絶対的な頭の良さを評価するバロメーターのようなものでしたが、テレビゲームなどを通じて立体物の理解が得意になった子供たちの知能指数は相対的に高くなる傾向にあるようです。一昔前だと天才のレベルに達している子供も珍しくないとか。ちなみに学問としての英語も国際化が進み帰国子女が増える中で果たして成績として評価していいものか疑問に思えてきます…話が逸れました。

ミラーズは、とんでもなくグロいシーンがいくつか出てきます。主人公の妹の顎が裂けるシーンなど、テレビでは絶対に放映されない映像です。それでいて、心を病んだ主人公の情景がテンポを著しく停滞させます。霊現象の謎解きは面白いので、あちこちにエピソードを散らかすのではなく、一点もしくは二点に集中した方が、グロい映像に頼ることなく観客を怖がらせることが出来ると思うのですが。

終盤はもう最初の映画の雰囲気から外れて何でもアリの状況になっています。それはそれで観ていて笑えるのですが、何となくもったいない感じもしてきます。霊現象を封じ込める結末も衝撃的で、エンディングも機知に富んでいる感じがしました。

それでは評価に移ります。

【基礎点】

一般の洋画(15点)
・15点

【技術点】

テーマははっきりしているか(10点)
(一言で説明出来るか/魅力的だったか)
・6点
主人公が鏡の謎を解く話?

そのテーマは時代にマッチしているか(10点)
(今の時代に当てはまるような要素があるか)
・2点
時代の鏡にはなっていない。

観光要素はあったか(10点)
(何か目新しく感じられる要素はあったか)
・0点

観光要素は魅力的だったか(10点)
(その観光要素は魅力的なものだったか)
・0点

主人公に貫通行動があるか(10点)
(主人公の目的=欲望がはっきりしているか)
・10点
鏡の謎を解こうとする。

【芸術点】

印象に残る人物はいたか(10点)
(多くても1、2名に限る。それ以上いたら逆効果なので減点)
・7点
無駄な登場人物はいなかった。

印象に残るシーンはあったか(10点)
(多くても1、2シーンに限る。それ以上だと逆効果なので減点)
・7点
主人公の妹の顎が避けるシーン。観ていて気分が悪くなる人がいるのでは?

泣けたか(10点)
(ストーリーの流れで泣けた部分はあったか=単に人が死んだとか、物理的な悲しさは評価外)
・0点
泣けない。

笑ったか(10点)
(ストーリーの流れで笑った部分はあったか=主人公の仕草とかで笑いを誘った場合は評価外)
・10点
大笑い出来るようなシーンはないが、エンディングのオチは面白い。ネタばれになるが、鏡の中の世界の映像は、普通の風景を撮影して反転させているのではなく、標識とか街の風景を本当に反転させて撮影しているように思えた。無駄なこだわりに対して10点を献上。

怒りを覚えたか(10点)
(ストーリーの流れで怒りを覚えた部分はあったか)
・0点
主人公は親族を殺されたり、殺されそうになるのだが、その根拠となる「霊」に人格は存在しないので怒りは感じられない。これはもったいない。

【減点項目】
・減点なし。

基礎点(15)+技術点(18)+芸術点(14)×1.5-減点(0)=CinemaX指数(69)

「E」評価(69点以下)

ホラー映画は、採点基準では不利に働くようです。登場人物は絞り込まれていて、減点の少ないホラー映画といえるでしょう。この映画を観ると、目を閉じたまま髪を洗うのが怖くなりそうです。

2009年1月7日/有楽座
331823view001

|

« ブラインドネス | Main | そして、私たちは愛に帰る »

Comments

What's Going down і'm new to thіs, I stumbled սpon thіs I've discovered Ӏt absolutely helpful ɑnd it has helped me oսt loads. I hope to ɡive ɑ contribution & hеlp dіfferent customers lіke its aided mе. Gοod job.

Posted by: clash of clans astuce | December 28, 2014 at 12:34 AM

Hi there, I check your new stuff daily. Your story-telling style is awesome, keep it up!

Posted by: best dating sites | January 12, 2015 at 06:52 PM

Fantastic goods from you, man. I've keep in mind your stuff previous to and you are simply too excellent. I actually like what you've got right here, certainly like what you are saying and the way wherein you assert it. You are making it entertaining and you continue to take care of to keep it sensible. I can not wait to read much more from you. That is really a terrific site.

Posted by: best dating sites | January 18, 2015 at 03:31 PM

Howdy! This article couldn't be written any better! Looking at this article reminds me of my previous roommate! He constantly kept talking about this. I am going to send this article to him. Pretty sure he's going to have a very good read. I appreciate you for sharing! blogesaurus.com quest bars

Posted by: quest bars sale uk | January 23, 2015 at 06:54 AM

Hello there! This is my first visit to your blog! We are a group of volunteers and starting a new initiative in a community in the same niche. Your blog provided us useful information to work on. You have done a wonderful job!

Posted by: best dating sites | January 23, 2015 at 04:30 PM

Appreciating the commitment you put into your website and in depth information you present. It's great to come across a blog every once in a while that isn't the same out of date rehashed material. Excellent read! I've saved your site and I'm including your RSS feeds to my Google account. blogesaurus.com quest protein bars

Posted by: cheapest places to Buy quest bars | January 23, 2015 at 09:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/43874431

Listed below are links to weblogs that reference ミラーズ:

» ロリ卒業しますた [みろくのなんぱ日記]
今まで若い子に金払ってたけどアレだな、人妻相手のほうがぶっちゃけ気持ちよかったよw テク凄いし、全部やってくれるから楽でいいわ しかも金かからん・・・・・・ってか、こっちが貰っちゃってるしww  ... [Read More]

Tracked on January 28, 2009 at 09:27 PM

» 来年三十路だーーー!! [メタボリック親爺!]
『30歳以上で未経験で、一生そのままの確立は78%』って聞いて焦ってたけど、やっと卒業できました♪ まぁ、最後は裏技 使ったからだけど、風俗行って病気移されるよりはマシでしょww... [Read More]

Tracked on January 28, 2009 at 09:29 PM

« ブラインドネス | Main | そして、私たちは愛に帰る »