« September 2007 | Main | November 2007 »

October 20, 2007

自虐の詩

監督:堤幸彦
製作総指揮:迫本淳一
原作:業田良家
脚本:関えり香 、里中静流
音楽:澤野弘之
出演:中谷美紀、阿部寛、カルーセル麻紀、西田敏行ほか
上映時間:115分
(公式サイトはここ

「繋ぎのないハンバーグ」

27日封切りの「自虐の詩」です。今回も試写会で鑑賞しました。原作は4コマ漫画なのですが、私は読んだことがありません。愛読者とそうでないひとでは評価が分かれると思いますが、Cinemaxは原作も続編もその映画に初めて出合ったという観点の元で評価しています。果たしてCinemaXの評価やいかに。

冒頭は気仙沼でのエピソードです。主人公の少女「幸江」は何から何まで恵まれず運が悪いまま大人になりますが、その前のちょっとした部分の説明です。その割にはちょっと長すぎるような気がします。

それから十数年後、幸江は大人になります。新聞の日付で時間経過を、ホクロで同一人物(成長した幸江)を説明しているのですが、微妙だった少女が成長すると…中谷美紀に。これは無理があるような気がしますし、この設定だと嫌われ松子の一生が浮かんでしまいます。プロデューサーが植田博樹氏なので、このスタッフやキャスティングになったのは安易に想像できますが、だからこそ安易過ぎます。観客動員で金稼ぐ気あるの?

前半は4コマ漫画をそのまま映像にしたようで、映像の中にコマが丸見えです。原作が優れているからなのでしょうが、観客席からは度々笑いがこぼれます。そのうちに感情移入が進むという手法もありだとは思いますが、ストーリーは全く進まず、観ていると段々と食傷気味になってきます。

ターン1までの評価「D」

幸江の父親役で西田敏行が登場します。冒頭、パンツ一丁でちょこっと登場するのですが、ここからが見せ場です。主人公やその周囲の人間など気仙沼の人間が何人か登場するのですが、ネイティブに感じるのは序盤にチョイ役で出てきた気仙沼ちゃんと福島出身の西田敏行。特に西田敏行の字幕が入るほどの訛りは見ものかもしれません。

中盤以降は幸江の浮かばれない人生と少女時代の回想が中心になります。前半の4コマ漫画まみれの状態からすると、クライマックスに向かってやや坂道が見えてきますが、どうも木に竹を繋いだ無理無理感は否めません。その後、阿部寛が演じる主人公の夫、イサオのエピソードが浮上します。阿部寛は序盤からいい味を出しているのですが、こういう壊れキャラが続くとちょっと飽きてきます。

イサオは、暴力団組員の親を持ち、将来有望なワルとして期待されていましたが、主人公の女性のために極道を捨て、真っ当な道を歩みはじめる…というエピソードはいいのですが、これを説明するのは映画の最後のあたり。まるで時系列関係なくシーンをぐちゃぐちゃにかき回したTAKESHIS’のようです。ただし、もともと難解だと思って観ているのといないのでは受けるインパクトが違います。「自虐の詩」の場合は、無茶苦茶という印象を受けてしまいます。

ターン2までの評価「D」

幸江とイサオのエピソードに混じって、主人公の少女時代の親友、熊本さんのエピソードが出てきます。このあたりの回想は、なかなか見所があって、人によっては感涙ポイントになりえるのでしょうが、本筋のストーリーに無理矢理挟み込んだ感も多く、端折ったり、省略したりすることも可能なのかなと思いました。

さて、感動のフィナーレに向かうのですが、主人公の心変わりという点で見ると、幸江は何一つ代わることなく、イサオのみが変化します。ただしイサオは冒頭から木偶の棒なので、ちょっと感情を見せると心境の変化とみえてしまう設定上の「利点」があります。でも、この映画は大きな問題があります。

最終評価「D」

イサオは、極道の道から足を洗い、真っ当な道を歩もうとして、時系列的には冒頭の部分に繋がります。ただ、この時点ではチンピラ同然になっています。最初の悪→善になったきっかけは、幸江に出会ったことなのですが、次に善→悪になり、幸江を苦しめる部分の心境変化が本編では全く説明されていません。で、最後の悪→善に繋がります。「根は良い人なんだよ」という説明では、絶対に納得できません。肝心の部分が省略された、繋ぎのないハンバーグのような映画でした。

~鑑賞メモ~
鑑賞日:平成19年10月16日
劇場:中野サンプラザ
観客数:2222人/2222席
感涙観客度数:20%
※感涙観客度数は、劇場内の鼻すすり音で判定

そのシーンだけ切り取れば泣けます。少女時代の幸江がああいう成長を遂げたので、熊本さんもさぞかし美人になるのかと思えば、そのまんまでした。この辺り、もうちょっとひねりが欲しかったような気がします。ちなみにエンディング後にも映像があるのですが、この映画のテーマみたいなのを幸江が言葉で説明するだけ。これでは観ても観なくても同じ。恥の上塗りのようでした。

脚本の関えり香氏は数年前、某シナリオ学校の合宿に講演者として参加した植田博樹氏の出した課題を提出して目にとまり、その後、連ドラに大抜擢された脚本家です。当時は確かシナリオの書式を学んだぐらいの駆け出しだったので、まさにシンデレラストーリーだったといえます。その当時は講座に通う生徒は誰にでもチャンスがあるんだと色めき立つ雰囲気はありました。

ただ、この件に関しては当時、いろいろあって、ナンバー1で選出された女性が結果的に重用されず、この女性と思しき人物が「結局顔で選んだのよ!」とネットのあちこちで恨み節を吐いていたといわれています。運も実力のうちなので、何ともいえないのですが。

ちなみにこの映画、堤幸彦ファミリーで固められているのがちょっとがっかりしました。何だか仲間うちの学芸会のような感じです。竜雷太なんか出て来たらがっかり。堤氏は同時期に公開されている映画、「包帯クラブ」の監督をつとめていますが、興行収入としては世紀のの大失敗と噂されています。原作を読めば映画にはなじまないと分かるはずなのですが。ちなみに、もう一人の脚本家、里中静流氏とは、実在の人物でしょうか?別の映画(もちろん堤監督)の主人公の名前だったような。もしそうなら、こういう学芸会のノリに辟易してしまいます。

現在、多くの邦画製作で製作委員会方式がとられていますが、資金は確保出来るうえにDVD収入(というよりレンタルショップに無理矢理買わせる)が見込まれるので、興行収入がショボくても失敗することは少ないといわれています。劇場公開はDVDへの箔付けととらえるむきもあるとか。だから、最近の邦画は作り手からヒットさせようという意気込みが伝わらないのかもしれません。「自虐の詩」もしかり。

ついでに紹介!

「包帯クラブ」原作。どちらかといえば雰囲気を味わう小説です。そもそも新書で発刊しているのですから、知る人ぞ知るという存在で、メジャーになるとは誰も思わなかったはず。だからこそ映画化の話を聞いた時点で嫌な予感がしました。予感的中。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

October 18, 2007

ブラック・スネーク・モーン

今さら更新。

監督:クレイグ・ブリュワー
製作総指揮:ロン・シュミット
脚本:クレイグ・ブリュワー
音楽:スコット・ボマー
出演:サミュエル・L・ジャクソン、クリスティナ・リッチ、ジャスティン・ティンバーレイクほか
上映時間:115分
(公式サイトはここ

「カウボーイ・ブルース」

1ヶ月前に観た映画を今さらながら更新します。何故なら、公開が明日までらしいから。公開が終わると、原則的に劇場公開作品を対象にしているCinemaXの規格外になるので、一応、更新します。時間が経ち過ぎてメモの一部はもう解読不可能になっています。

恋人が徴兵で離れていきセックス依存症に陥ってしまった少女と妻に逃げられた老人男性の物語。2人の傷の舐め合いとなるか、驚く展開が待っているか、果たしてCinemaXの評価やいかに。

冒頭の田舎の映像が心地よく、妙に懐かしさを感じます。朝晩めっきり寒くなったちょうど今の頃、土曜日に友達とたっぷり遊んで、夕方になると寒さとともに妙な寂しさが訪れる感じです。

ちなみにメモには「腕時計うまいとか」書いてありますが、ちょっと筋が思い出せません。

ターン1までの評価「C」

主役の2人はいい味出しています。いかにも老いぼれといった雰囲気を醸しだしているサミュエル・L・ジャクソンと本編の大半が半裸のクリスティナ・リッチ。この主人公のセックス依存度は凶暴で、狙った獲物を次々と毒牙にかけるレクター博士のようです。ただ、どういうわけかこの2人の主人公が会うタイミングがかなり遅く、前半は時間稼ぎのような気がしました。

この映画の悪いところは、筋が丸見えのところです。つまり、ストーリーの最後まで続く線路が丸見え。伏線を張りますが、荒川の支流みたいなもので、きちんと正しいレールに戻ってくる。これでは面白みがありません。老人もアパズレのようで実は街でも有名なシンガー。この辺の「実は…だった」という設定もあざとさが丸見えで残念でした。もっと凶暴な老人にすればいいのに。

ターン2までの評価「C」

老人は、少女を鎖で繋ぎます。これは面白い設定ではあるのですが、後で鎖を外す時に何かがあるのだなという線路が丸見えです。「アラームうまい」と書いてありますが、思い出せません。腕時計と同様に、小道具を駆使した展開だったのでしょう。老人と少女の同居は、ストーリーの薄い田舎のレオンといった感じです。

少女はやがて更生の気配を見せますが、お約束どおり真っ直ぐには更生しません。やはり線路も丸見え。そして、老人は少女の鎖を外し、開放します。最後の恋人と老人、娘が入り乱れてのシーンは、ちょっと緊迫感があります。男同士が女性を挟んでお互いを理解せず牙を剥く設定は、ククーシュカを髣髴とさせてくれます。

最終評価「C」

この映画の評価がずっと低空飛行なのは、終わり方が不味いからです。素人でも考えるような大団円が待っています。ダメな脚本は手持ち無沙汰になると葬式とか結婚式で時間稼ぎをするといわれますが、これがまさに典型。前半も見所がなく、115分によく伸ばしたなと思えるような映画でした。

「都合のいい時に病気」とメモがありますが、これは思い出せません。とにかく最初から最後まで、線路が丸見えの映画でした。ましてやお色気を期待して観に行っても残念な結果になるでしょう。

~鑑賞メモ~
鑑賞日:平成19年9月20日
劇場:シネ・アミューズ/ウエスト
観客数:9/132席
感涙観客度数:不明
※感涙観客度数は、劇場内の鼻すすり音で判定

タイトルから受ける渋い雰囲気や解説をあてにするとちょっとがっかりする映画です。カウボーイ・ブルースといいながら、ちっともブルースの雰囲気が感じられなかった大江千里の曲を思い出すような映画でした。

ついでに紹介!

ククーシュカ/ラップランドの妖精。人物設定が絶妙です。機会があれば一度ご覧下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (13)

October 12, 2007

真相

真相
東京ヤクルトスワローズは最終戦を飾り、最下位だったものの、首位打者、打点王などの個人タイトルを獲得しました。中でもラミレス選手の200本安打は圧巻です。

最終戦は横浜スタジアムだったのですが、古田選手兼任監督は代打で登場、ヒットで最終打席を飾りました。ショート(石井琢郎?)が飛び付けば捕れそうな当たりでしたが。浦和のバース、鈴木健選手の最終打席のファウルフライを見逃してヒットを打たせてくれたのもベイスターズ戦でした。

終了後は敵地ながら大矢監督が古田選手に花束を渡すセレモニー。今度は大矢劇場です。にスワローズの正捕手であり背番号27同士のリレーともいえます。この番号を永久欠番にという話もありますが、ジャイアンツのように無駄に使える番号を減らすことはないと思います。だったら1とか34とかとっくに欠番にすべき番号があるのですから。

さて、首都圏では一斉に自動改札機がシステムダウンしています。私鉄のみならずJRもダウンしていることから、全体をカバーするサーバーの不具合なのかもしれません。単なる停電ならダイヤにも影響するでしょうし、JRは自前の電力を使っているのでこういう現象は珍事といえます。

言うまでもなく首都圏は私鉄勢のパスネットがスイカに敗れ、システムが全て数珠繋ぎになってしまいました。もしそれで負担がかかったのなら本末転倒といえるでしょう。

首都圏の電力はたった一隻のクレーン船が電線に引っかかっただけで大混乱になる状況です。高層ビルやマンションが次々と建設されるなか、首都圏の一斉停電も可能性はゼロではないのかもしれません。

中越沖地震で柏崎刈羽原発が停止したことにより、夏場の電力供給が危ないといわれましたが、バックアップに回っていた他の原発などは定期検査を先送りしていたため、これから順次停止するはずです。そう考えると、テレビや新聞が騒がない今こそ、万が一への備えが必要なのかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2007

ブラウン劇場

東京ヤクルトスワローズ神宮最終戦、古田選手(兼任監督)の引退試合に行ってきました。

Jingu07100700

相手は3年ぶりに広島東洋カープでした(たぶん)。カープの応援団は何故か、スワローズに対して友好的(全球団に対してかもしれませんが)で、4年前の最終戦ではカープの私設応援団長がライト側のスワローズファンに挨拶に来て、最後はエール交換に加え、この年で退団する若松勤監督の現役時代の応援曲を演奏してくれたりなんかしました。

Jingu07100702

当日の試合は古田劇場ともいわれましたが、実はカープのブラウン監督が主導権が握った、ブラウン劇場でした。それは先日、広島市民球場のカープ対スワローズの最終試合で、敵地では異例の古田選手の引退セレモニーを開いた時から勝負は決まっているように感じられました。代打・オレの際の広島市民球場が揺れんばかりのスクワット応援も印象的でしたし。

Jingu07100703

古田選手は引退試合にフル出場したものの凡退。しかも事前に配られたボードを掲げろという指示があったため、神宮球場は地味な緑一色に染まったものの、応援曲に乗るような身動きがとれませんでした。中途半端に応援にしか出来ないという不思議な雰囲気に包まれていました。見方を変えれば、古田選手の打席での一挙手一投足にイキを呑んで見入っていたということも出来ますが、レフト、三塁側も緑一色になってしまい、楽しみにしていたスクワット応援が見られなかったのが残念でした(試合終了後はしっかりとやってくれましたが)。

Jingu07100705

スワローズは初回から大量リードを許した後、先発の石川に続き古田選手が育てたといってもいい石井一久投手、石井投手と同様に兼任監督就任時に懇願して呼び寄せた木田、高津の両投手を投入したものの打線は奮起することなく敗戦。唯一の見所は、ニュースでは全く取り上げられなかったガイエルのランニングホームランという、不思議な試合でした。思えば、ボードを掲げるというのはセンスがなかったのかなあと。今年から球場内の演出も放送作家、高須光聖氏を起用したものの、斬新だった昨年のZEEBRA氏の演出の改造版みたいなもので、おまけにちょっとダサいものになってしまいました。このあたりもちょっと残念でした。

Jingu07100704

さて、ブラウン劇場は後半に待っていました。8回裏の古田選手の最終打席、前日に広島市民球場で引退試合を行った佐々岡投手を登板させました。そして、9回表のカープ最後の攻撃では、ベテランの前田、緒方両選手を代打で起用するという、両軍のファンの期待に応える演出をしてくれました。そして、スワローズ側は先日のお返しに佐々岡投手の引退セレモニー。これは武士の情けみたいなもので日本人の琴線に触れるものでした。

Jingu07100706

このように試合自体は全てがカープの主導権を握っていたような展開のように感じました。おまけにスワローズは今日のベイスターズ戦の敗戦で最下位確定。調べてみると最下位を爆走していた武上監督→中西ヘッドコーチ兼監督代行→土橋ピッチンコーチ兼監督代々行の翌年、土橋監督がやっと浮上のきっかけを掴みかけた1986年以来約20年ぶりの最下位のようです。ただ、今年は個人タイトルを争っている選手が多く、20年前に比べると遥かに戦力は勝ります。

Jingu07100701

ちなみに1986年の最下位の翌年、赤鬼ホーナーが入団して打撃力がアップし、その後は関根監督→野村監督の黄金時代へと続き、応援していて一番面白い時期に突入しました。今年の最下位は、新たな出発のきっかけとして考えようによっては好材料なのかもしれません。問題は、監督が誰になるかですが。

Jingu07100707

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 03, 2007

リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?

久々のCinemaX。

監督:コリー・エドワーズ
脚本:コリー・エドワーズ、トッド・エドワーズ、トニー・リーチ
音楽:クリスティン・ウィルキンソン、ジョン・マーク・ペインター
声の出演:アン・ハサウェイ、グレン・クローズ、ジム・ベルーシほか
日本語吹替:上野樹里、加藤浩次、ケンドー・コバヤシほか
上映時間:81分
(公式サイトはここ

「裏路地の味にクセのあるラーメン屋」

リトル・レッドの試写会に行ってきました。舞台挨拶付き。いつものように芸人などが声優に初挑戦という最悪の展開。果たしてCinemaXの評価やいかに。

赤ずきんちゃんをヒントに展開する映画です。街のお菓子屋からレシピが次々と盗まれ、盗まれた店が次々と店を畳むという村で、果たして誰がレシピを盗んだのか?一言で説明すれば、謎解き映画です。解くだけの謎があるかどうかがポイントなのですが。

まずは冒頭から。動物の描写はなかなか可愛いのですが、独特のクセのある映像に馴染むかどうかが問題です。特にリトル・レッドの斜にかまえた表情に馴染めるかどうか。リトル・レッドが子供(たぶん)のクセに妙に色気があるのに違和感を感じなくもありません。

ターン1までの評価「B」

映画の展開は、冒頭にリトル・レッドの視点からのエピソードを見せて、あとは事情聴取を解しながら何人かの視点からのエピソードを見せる方式がとられています。「藪の中」とか「指輪物語」の方式です。一般的なシナリオの作法では、回想を交えるとテンポが落ちるので、出来るだけ使わない方がいいといわれているのですが、それを大胆に使うのは、かえって新鮮なように感じられました。

ターン2までの評価「C」

回想シーンを終えるとテンポが急に悪くなります。おまけに81分という、映画として正規の料金を徴収するにはギリギリの長さを歌で補う(誤魔化している?)始末。何人ものキャラクターがフルコーラスに近い歌を披露します。これは時間稼ぎの意図がミエミエ。どうせなら配給元が2本立てにするぐらいの工夫が必要なのではないでしょうか。

最終評価「C」

で、謎解きの部分がどうかといえば、これが極めて稚拙でした。「なるほど」と思わせる部分が1つもない。大人も楽しめる童話というような売り方も垣間見えますが、これで大人も子供も納得するかどうか。カフェインで動物を暴れさせるという、森のリトル・ギャングのデジャヴのような展開でした。

エンディングも最悪でした。まさに大団円。最悪です。テーマは「人は見かけによらぬもの」のようです。子供に少しは訴える部分があるかもしれませんが、それだけでは弱すぎるような…。クセがあるので、好きな人はハマるかもしれません。起用された声優のファンもいるでしょうし。ただ、それだけで映画ファンが劇場にわざわざ足を運ぶかどうか。裏路地の味にクセのあるラーメン屋にわざわざ足を運ぶかどうか、そんな映画です。

ただし、上映時間が短い映画なので、お子様の劇場映画の入門編として考えるといいのかもしれません。脇を固める本職の声優は良いメンバーが揃っています。10月6日封切。

~鑑賞メモ~
鑑賞日:平成19年9月27日
劇場:よみうりホール
観客数:882人/882席
感涙観客度数:皆無
※各ターンは個人的に設定、感涙観客度数は場内の鼻すすり音で推定。

ついでに紹介!

カフェインで暴れる動物繋がり。

| | Comments (14) | TrackBack (3)

« September 2007 | Main | November 2007 »