« July 2007 | Main | September 2007 »

August 24, 2007

うんざり

政府の平成20年度概算要求が発表されました。歳出削減といいながら膨大な額ですが、注目しなければならないのは、多くの事業に直接的であれ間接的であれ公益法人などが絡んでいることです。官僚の天下り先の食い扶持です。

ちなみに数年前の公益法人見直しで、純粋に生き残った公益法人は、補助事業の依存を抑制する厳しい対応を迫られているため経済的に疲弊しているケースが多く、一方で多くの公益法人は役人のとんちで誕生した独立行政法人に衣替えし、今も100を超える法人が生き延びていて、これらの多くが税金などをチューチュー吸いながら私腹を肥やしています。

一般会計だけでこの状況ですから、各省庁のヘソクリである特別会計を含めるとさらにややこしくなります。1人の金蔓に親戚縁者がぶら下がるような状況で財政難を切り抜けられるはずがありません。何よりも腹が立つのはそのしわ寄せを我々一般市民の負担増できりぬけようとするところです。

さて、夏の高校野球はノーマークの佐賀北高校が優勝しました。相手は古豪、広陵高校。島田洋七はどっちを応援するのかとか盛り上がっていましたが、彼は広陵OB。佐賀に残って進学したかもしれないのは佐賀商業のはずですから、迷う余地もないでしょう。ただ、佐賀のがばいばあちゃんの突然の大ヒットといい、佐賀と広島の代表校が決勝で対戦することといい、偶然だけでは片づけられないような気がします。

今年は公立高校が優勝しましたが、相変わらず私立偏重の流れに変わりはないようです。代表校49校のうち私立は36校。高野連加盟校のうち私立は2割といわれていますから、甲子園での公私比率は異常だといえます。もちろん古豪と呼ばれる私立もあり、それはそれで歯応えがあるのですが、突然変異のように地域に誕生した豪腕投手や強打者が地元の公立高校に入学して強豪校を打ち負かすというのも甲子園の醍醐味といえます。

最近の私立偏重の特徴は「地方化」です。競争率の低い地域で野球にテコ入れすることで容易に甲子園出場を果たすというものです。例えば神奈川と青森では高校の数も違いますから予選突破までの試合数も異なります。少子化で厳しい経営を迫られている地方の私立高校の知名度向上にもなりますが、この状況で地位密着といえるかを考えると、疑問は残ります。こうした状況のなかで前述の突破変異の子供たちは地元の高校に進学することなく練習条件やチーム力、特待生制度などで私立高校に流れれば、もしかすると都市対抗野球のほうが地域に根ざしているといわれるようになるのかもしれません。特待生制度の位置付けも曖昧なままですし。

別に私立高校を目の敵にしているわけでないのですが、特待生制度を含めこういうドロドロした部分があるのに高校野球は純粋培養、無菌で美しいもののように大人がもてはやすのにはやはり疑問を感じてしまいます。
20070805175714

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2007

裏偽装

警察官が女性を殺害し自殺しました。心中といわれていますが、交際していなかった可能性もあるのでこの表現は間違っていると思うのですが。いずれにしても時間が経つにつれ詳しい原因が明らかになることでしょう。大手マスメディアの報道以外で。

この事件は、現職の警察官が、勤務中に拳銃で罪もない一般市民を射殺したということで重大なはずなのですが、テレビや新聞のトーンが低いのが気になります。まるで誰かに「騒ぎ立てるな」といわれているかのように。警察官は拳銃を持っていて、違法性はあれど家の中にも立ち入ることが出来ます。今回は職権濫用で起こした事件といえます。

この警察官は、勤務中にメールを打っていたり、出動したまま行方不明になったり、まるで新橋の営業マンのような奇行を繰り返していましたから、前兆みたいなものは必ずあったはすです。一方で警視庁は個人的な問題としてこれ以上話をややこしくしたくないのは分かりますが、警察官による民間人の射殺事件として、徹底的に原因を洗い出して再発防止につとめるべきだといえるでしょう。

それにしても大手マスメディアの及び腰が気になります。まるで自社の社員や大手広告代理店社員が起こした事件のように粛々と報じたり、ニュースそのものを取り扱わなかったり。

さて、引きこもり中の朝青龍が約1ヶ月ぶりに外に出てきました。あちこちのニュース番組などで大々的に報じられていますが、実際に映像を撮影出来たのは限られた局のようです。あとはニュースと一緒に空港をふてぶてしく歩く1ヶ月前の勇姿です。しかも特に解説もなく。撮影出来なかったのが悔しいのは分かりますが、あれでは視聴者が「意外に元気だな」と誤解しかねません。これは一種の偽装です。白い恋人の賞味期限云々どころではありません。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 22, 2007

煽りまくり

昨夜のテレビでは、東京電力の電力供給が危ないというニュースが飛び交っています。21日午後の最大電力が今夏の最大に達したためで、恐らく今日の朝刊でも煽りまくることでしょう。確かに、東京電力のでんき予報をご覧になれば分かるとおり、危機的状況です。ただ、ニューヨークのように一斉停電ということはまず、考えられないといわれています。先日、一隻のクレーン船が東京の電力供給を混乱させましたが、供給力よりもむしろ、たった数本の高圧線を切断するだけであれだけ大規模な停電が起こるという、供給網の設計そのものを見直すことが先決との声すらあります。

東京電力は電力供給の確保のため、一部の原発の定期検査を先延ばししたり、データ改ざんに対するお仕置き?として国土交通省に取り上げられていた一部の水力発電所の水利権を拝み倒して期間限定で使わせてもらうなど、それなりの工夫をしています。それよりも一昨日(20日)から、テレビカメラが新橋周辺などを徘徊していたことに注目しましょう。最大電力の最高記録を更新したら「暑い」とか「焦げそう」とかいうコメントとともに煽ろうとしたのでしょう。その日は惜しくも記録更新はなりませんでしたが、昨日は目論見通り記録を達成し、ふんだんにインタビュー映像を交えながら、煽りまくっていました。

これは極めて人工的なニュースといえますが、テレビ局が何でもかんでも西遊記に絡めたり、ことあるごとにサーファーの映画の宣伝をするというのに比べれば、まだましな方かもしれません。そして今夜も人工的な話題が待っています。サッカー日本代表のカメルーン戦とU-22ベトナム戦です。U-22などの試合は過去、何度もテレビ中継されましたが、コアなファンを除き、ネコも杓子も関心があるのはフル代表の方なので、視聴率では苦戦していました。そこで抱き合わせで放映することを思い継いたのでしょう。ドイツW杯でも日本代表戦の試合開始時間を変えられたぐらいですから、その程度は大手広告代理店にとって朝飯前なのかもしれません。

抱き合わせといえば、ガンプラブームの時は、売れ残った自動車のプラモデルや、ロボダッチなどと抱き合わせで売るという姑息な手があちこちでみられました。僕の地元の玩具店では、ギャンと売れ残りのプラモデル2つを抱き合わせて3個1500円で売るという暴挙に出ている店もありました。抱き合せ販売は違法なのですが、サッカー中継の抱き合わせ中継は問題ないのでしょう。これも立派な暴挙だと思うのですが。

Hamarikyu

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2007

トランスフォーマー

CinemaX久々の更新

監督:マイケル・ベイ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、マイケル・ベイほか
脚本:アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー
音楽:スティーヴ・ジャブロンスキー
出演:シャイア・ラブーフ、タイリース・ギブソン、ジョシュ・デュアメルほか
上映時間:134分
(公式サイトはここ

「トマト投げ祭り」

約3ヶ月ぶりの更新です。1980年代にタカラの「ダイアクロン」「ミクロマン」をアメリカ市場に投入するにあたり、アメリカ人がこねくりまわして生み出したのが「トランスフォーマー」です。その後逆輸入され、日本市場を「やや」席巻したトランスフォーマーの映画化です。その際、輪郭ピカピカの海外アニメも逆輸入され話題になりましたが、話はどうでもよくてメカだけを眺めていた子供も多かったような記憶があります。とはいえガンダム世代はこの頃もガンプラにハマっていたわけで、コアのファンは僕よりももう少し下の世代にあたるのかもしれません。玩具も割高でしたから、僕の周辺でも電○公社職員のドラ息子など生活水準がやや上のお坊ちゃん達が好んで遊んでいた記憶があります。

さて、製作総指揮は「アルマゲドン」の監督のマイケル・ベイ、そして名前を連ねただけで日本の映画ファンは何でもかんでも面白い映画だと思って騙されてしまうスティーブン・スピルバーグです。彼は「ディープ・インパクト」の製作総指揮です。折りしも1998年、彗星または小惑星の大接近をスペースシャトルで食い止めるという、設定が酷似している映画を製作した2人が1つの映画に集いました。

ちなみに両映画に対する個人的評価は、無駄なキャラクターが多く、わざわざ「フリーダム」「インディペンデンス」というアメリカ臭ばりばりのスペースシャトルを作って飛ばした「アルマゲドン」は、リブ・タイラーのプロモーションビデオと思えるほど彼女のカットが多く、ブルース・ウィリス扮する主人公が小惑星に残るという「家族は大事ですよ」という設定のシーンにやたら時間を割くという、背筋が寒くなるほどアメリカ好みの素敵な話だった一方、「ディープ・インパクト」は、既存のスペースシャトルを使ったり、直前まで彗星が発見されない理由もきちんと説明(説明臭くない程度に)したり、一度は破壊しかけた彗星が2つに割れてしまい事態はさらに深刻になるという「あーあ感」を取り入れるなど、アルマゲドンに比べて映像は安っぽい割にしっかりした映画なので断然、後者が優れていると評価しています。最近は馬の名前としか思われないのが極めて残念ですが。

さて、本編の冒頭では撃墜されたはずの戦闘機が現れます。これはデストロンがトランスフォームしたものなのですが、消えたはずの物体が現れる手法は、スピルバーグ本人が手がけた「未知との遭遇」の序盤のシーンを彷彿とさせます。「未知との遭遇」では何十年も前にバミューダ海域で消えた飛行機が現れるという設定で、観客にこの映画ではありえないことが起きるかもしれないということを手短に知らせる最良の手法として評価されました。

「ターン1までの評価B」

そもそもマイケル・ベイが手がけた映画なので、映像は迫力があっても内容は期待していなかったのですが、やはり人物設定がひどい。というより設定すらないのではと思えるほど主人公達のセリフが行き当たりばったりで人格が破綻しています。この状況で感情移入できるはずがありません。一方でスピルバーグも当たりはずれが大きく、ここ何年かははずればかり(あくまで個人的な見解として)のせいか、マイケル・ベイに呑まれているような感じがするのは気のせいでしょうか。

確かに序盤で暴れまくるデストロンの映像は見応えがあるのですが、カットバックするように挟まれる主人公の物語がテンポを悪くしています。まるで戦場に庭付き一戸建てを建ててホームドラマを演出しているような温度差を感じます。ストーリーも間延びしていて、前半はスクリーンから寝てもいいよ光線を感じ、そのまま睡魔に襲われ寝てしまいました。

ターン2までの評価「B」

寝てもいいよ光線が切れたのは、ちょうどサイバトロンのリーダー、オプティマス・プライムが現れた時でした。日本名はコンボイ司令官。トランスフォーマーの記憶はサイバトロン、デストロン側に移るときにエンブレムが逆転するのとサイバトロン、デストロンの中で一際派手なコンボイ司令官でした。色合いは面影が残っていますが、やたら部品が細かくて玩具への移植は不可能と思えるほどごちゃごちゃしていました。恐らく日本人がデザインしていたなら、例えば、プラモデルなどリアルでも変型可能な設計になっていたような気がします。一見、メチャクチャに変型していたかにみえる超時空要塞マクロスのバルキリーでさえ、ダイカストモデルでもしっかりと変型出来ましたから(プラモデルはコクピットを付け替える中途半端な変型でしたが)。

後半はサイバトロンとデストロンの戦闘が始まるので見応えが出てきます。執拗にアングルにこだわるあたりはマイケル・ベイの本領発揮といったところですが、「オリジナルをベースに新しくデザインした」と工夫を強調した割にはメガトロンはエヴァ初号機そっくりだったり、唯一感情移入出来る主人公が乗る車がトランスフォームするバンブルビーは見ていると段々と零号機に似ているような気がするのは気のせいでしょうか。食傷気味なマトリックス方式の演出といい、派手なCGの割に目新しさは感じられませんでした。

ターン3までの評価「B」

「トランスフォーマー」は、面白いウソが盛り込まれています。有史以前に北極に落下し凍結状態にあったNBE-1というメガトロンをアメリカが秘密裏に研究し多くの機械の技術開発に応用されたというウソです。これも設定がエヴァンゲリオンっぽいのですが、なかなかリアリティがあって、実際の地球でも有史以前にこのような異文化交流?があり、各地域の文明の誕生に繋がったのではないかなどさまざまな想像を巡らせることが出来ます。この映画のウリはこのウソぐらいのような気がします。

もう一つの見所であったサイバトロンとメガトロン、そして人間たちの派手な戦闘は、後半になるにつれ、迫力はあるもののどれが味方でどれが敵なのか、もう何がなにやら分からない状態に陥ります。スペインのトマト投げ祭りのようにもうメチャメチャです。ぼんやり眺めていればいいのかもしれませんが、果たして誰が敵か味方か、真剣に考えながら観ていると頭が疲れてしまいます。

最終評価「B」

「トランスフォーマー」を手放しで褒めている批評もありますが、何故そこまで評価出来るのか意味が分かりません。今年はテレビ局や広告代理店が大々的なキャンペーンを張って「西遊記」を強引にヒットさせてしまい、日本の映画業界も終わりだなと思っています。映画とテレビは本来、相対するべきものであり、テレビ局が片手間に収益事業の一つとして位置付けるのは間違っていると思います。きままにながら見が出来るのがテレビドラマの本来の姿であり、そのまま工夫もなく映画化して誰が面白いものか。二匹目のどじょうであるHEROまで無理矢理ヒットさせようものなら、日本の映画業界は衰退の一途を辿ることでしょう。危機的状況です。

~鑑賞メモ~
鑑賞日:平成19年8月18日
劇場:ワーナーマイカルシネマズ板橋
観客数:180人/296席
感涙観客度数:不明
※各ターンは個人的に設定、感涙観客度数は場内の鼻すすり音で推定。
バンブルビーだけを追いかけていれば、泣けるかもしれません。

ついでに紹介!

トランスフォーマー・初期アニメ版のDVD(らしい)。
ついでに、トランスフォーム・リフォームという名前がちょっと似ている作品が代表作ともいえるTEAM 発砲・B・ZINのホームページ。今夏、惜しまれながら解散。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

August 17, 2007

ズレズレ

久々の更新です。概況は来月まとめて。

約1か月間の間にいろいろなことがありました。参院選での自民党の大敗。連立与党にとって、これまでのように野党が票の食い合うとか、投票率が低く必然的に連立与党の得票比率が増すという目論みは外れ、自民党に投票しないという動きが大きく響きました。郵政選挙の際は小泉さんが可哀想とか、とりあえず壊してしまえと自民党に投票してしまった国民はその後、増税というしっぺ返しを食らいました。今回はさすがに美しい国を作るとか憲法を変えるとか雑駁過ぎたこともあるでしょうが。

その安倍内閣の閣僚やその周辺で疑惑や不祥事が相次いでいます。内容は申し上げるまでもありませんが、問題なのはそれらの殆ど全てが説明責任を果たしていないということです。安倍首相自体もそうですが。安倍氏は首相就任前は右寄りで強行的な印象の強かった人物ですが、いざ蓋を開けてみると何も出来ず、いとも簡単に中国に歩み寄り(国際的には重要なことだと思うのですが)、北朝鮮に対して拳を振り上げることもありません。そこにきて靖国神社への参拝見送りです。これでは中韓には目もくれずアメリカにべったりで、地方や国民に度重なる負担増を強いた小泉前首相が賢人のようにみえてくるのが不思議です。

さて、食の安全という言葉がテレビや新聞で飛び交っています。今回は石屋製菓がターゲットになりました。白い恋人はマルセイ・バターサンドなどと並び北海道土産の定番ですが、賞味期限という曖昧なもので叩かれています。食の安全とは、日本では最近になって注目され始めた事柄と言っていいでしょう。食料はかつての自給自足、地産地消から、流通の一部分となってしまいました。そこで指標となるのが賞味期限、消費期限です。この2つの違いは既に他のブログで触れられているのでそちらを確認していただければ確実だと思うのですが、役所の縦割りも加わり極めて曖昧といえます。

このブログで何度か触れたことはありますが、某有名菓子の工場でアルバイトをしていた知人の話では、賞味期限を過ぎて返品された菓子を箱ごと揺すってみて、カサカサと割れた音がしなければ賞味期限を改ざんして出荷していたと聞きます。今はそうではないと思うのですが、少なくとも高度経済成長期ぐらいまでは、パンに虫が入っていようが除いて食べ、カビが生えたからといってもその部分だけ取り除いて食べたはずです。大丈夫かなと思えるものは、匂いや味で判断したりとか。

マスコミのターゲットは、白い恋人の賞味期限に終始しています。全国的な有名菓子というネームバリューに飛びついたような状態ですが、見逃してはならないのはアイスやバームクーヘンから黄色ブドウ球菌が検出されたのに公表していなかったということです。これは人体に実害があるので大問題といえますが、テレビや新聞が追い回すのは菓子の賞味期限ばかり。かつて耐震偽装でマスコミが制度上の問題を検証することなく姉歯憎し、小嶋憎しという感情論に終始してしまった時と同様に焦点がズレているとしかいいようがありません。

ミーとホープの一件も食の安全という意味では大問題なのですが、一方で業界全体が当たり前にやっていたとされることの氷山の一角に過ぎないという見方もあります。日本は訴訟国家、米国の意識が植え付けられていることから、あらゆる面である日突然、違法だと吊し上げられる可能性があります。

ちなみに法律や会計などに従事する人々は、揚げ足を取られないように「承知」という言葉を使うそうです。「了解」では後々問題になった時に用件を受け入れたと揚げ足をとられかねないので、一応話を聞いたという「承知」を使うのだそうです。これは職業特有の癖ともいえますが、日常生活にまでこの意識が広がってきているような気がするのは僕だけでしょうか。何もやらなかったり、何も説明しないこと人間が恩恵を受ける逃げ得の世の中にならないよう、強く願いたいところです。

Kirarineko

| | Comments (7) | TrackBack (1)

« July 2007 | Main | September 2007 »