« バベル | Main | スパイダーマン3 »

May 02, 2007

概況(19年4月分)

甲子園を揺るがす特待生問題がクローズアップされています。既にきな臭いと散々噂されていただけに何を今さらという感じもします。どうせ高野連も暗黙の了解を貫いていたことでしょうし。現在、特待生制度などを導入していると申告をした高校は73校にのぼっています。強豪校が名を連ねていますので、夏の大会のことを考えると、出場停止などのお咎めは回避されるかもしれませんので、さらに申告数は増えることでしょう。

申告を行った高校のラインナップをみると、東京周辺や中部、関西などの強豪校が名を連ねていることが分かります。甲子園出場校は各地から有力選手をかき集めた私立高校ばかりになってしまい、地元色が極めて薄い大会になってしまいました。まるで都市対抗野球や、ラグビーの世界選手権のようになってしまっています。この理由については過去の日記で触れたことがありますが、少子化対策が第一に挙げられます。

高校の知名度を上げる方法は、野球、吹奏楽を強くするのが手っ取り早い方法です。吹奏楽については、ここ10年ぐらいは私立高校が中心になっているような気がします。公立校が地道に強い吹奏楽部を育てても、私立高校は資金力にであっという間に地区代表や県代表になってしまう事例をいくつもみてきました。その結果かもしれませんが、全日本吹奏楽コンクールは異常にレベルアップしてしまい金賞を乱発、5年連続金賞受賞の栄誉である小隊演奏も意味をなさなくなり、今は廃止されているはずです。

もちろん、強豪校や有名校は黙っていても選手は集まります。ですが、わざわざ遠く離れた場所にある高校に通うには、それなりの見返りが必要になることは誰にでも分かります。高野連は今になって申告して欲しいといい、特待生制度を導入していた高校側はこういう制度も認めて欲しいと言っています。これまで奇麗ごとばかりを並べ純粋培養で高校球児を育てようとしてきた当事者が何をかいわんやという気もします。

さて、かなり前の話になりますが、選挙中の長崎市の伊藤市長が射殺されました。一部の新聞ではこれまで書き溜めていた社説を吐き出すように「言論の封鎖は断じて許されない」と大演説をぶちましたが、結局は犯人の思い込み、逆恨みのようなものが動機となった事件でした。とはいえ、殺人はどんな理由であれ許されないことです。

その長崎市長選で伊藤市長の娘婿さんが弔い合戦とばかりに出馬しました。一方で長崎市職員だった田上氏が出馬、娘婿さんに同情票が集まるかと思いきや、田上氏が当選しました。新市長は「世襲は良くない」といいましたが、伊藤市長の実の息子なら当選していたかもしれません。それ以外の決め手となったのは、県内出身者と県外出身者の違い、選挙に立候補すると失職してしまう公務員と、地方紙を休職扱いにしてもらうなど退路を残してしまった娘婿さんの立場の違いにあるのかもしれません。娘婿さんの嫁、つまり伊藤市長の娘さんは「仕打ちを受けるとは思わなかった」とその場で崩れましたが、これは犯人への言葉だと信じたいと思います。

選挙戦の途中で伊藤市長がなくなったのは本当に残念ですが、今回の長崎市長選挙は良識ある結果となったと評価する専門家も多いようです。ただ、一般市民が本当に良識を持つようになったかを判断するのは夏の参議院選挙です。まずは投票率で判断しましょう。

さて、4月の概況です。

普段の仕事:60(±0)
シナリオ:40(+5)
その他:0(-5)
(カッコ内は前月比ポイント増減)

「普段の仕事」増減なし

忙しさは変わりません。ちなみに、Sさんは、交通費の支払いを巡って社長に暴言を吐いたとして解雇されかかりましたが、「そういうつもりで言ったのではありませんが、そう聞こえたのならお詫びします」と国会議員や役人のような謝罪で許されました。彼はその後も全く仕事をしていないのですが、マックで時間をつぶしている(しかも何も買わずに飲み物は持ち込み)割に交通費はしっかり請求してくるので、これで再びトラブルが発生しました。

今回のトラブルの発端は、Sさんの交通費の請求書が殴り書きで経路も料金も出鱈目だったため経理の人が「これでは支払えない」と通告。その後、書き直した請求書は合計のみを書いた丼勘定でした。これには経理の人がキレて幹部に報告。「そんなに迷惑をかけるのなら会社を辞めてくれ」とまたもや解雇通告。これに対してSさんは、絶対に会社に残ると訴えながら「これは労働の権利の侵害であり、本来払うべき交通費を支払わないのなら、業務上横領で会社を訴える」と出て行ってしまいました。それが今日のことです。

ちなみに経路と料金が出鱈目なのは最近のことで、以前は一応、ウソでもアリバイ作りをしていました。その方法とは、鉄道会社にいちいち電話をして料金を確認するというものなのですが。しかもその都度番号案内で鉄道会社の電話番号を確認。この作業を自分の机でコソコソやってても周りの人にはバレバレ。しかも番号案内のコストがかかる。本当にアホですよ、この人は。それでいて自分の非は絶対に認めず、せいぜい他人事のように謝ってやるという態度を示すぐらい。

しかも今回はそういう書き方を指導したのはナンバー2のZさんだと責任転嫁をしました。これには、Sさんの理解者として振る舞っていた(いざという時はSさんを裏切りますが)Zさんも逆上、もはやSさんの表面上の味方すらもいなくなりました。それでも彼はこの会社に残るつもりのようです。そりゃそうです、朝と夕方に上司の小言を我慢していれば、そこそこの給料がもらえるわけですから。僕はもうSさんとは必要最低限の会話しか交わしませんが、彼の行動を見ているだけでストレスがたまります。

「シナリオ」5ポイント上昇

引き続き頑張っています。

「その他」5ポイント下落
定期的に行われていた手話講座の残党の集まりは崩壊の危機にあります。この集まりはリーダーのいないペンギンの集団のようなものなので、集団が機能するときは非常に居心地がいいのですが、最近は日時を決めても僕を含めドタキャンをしてしまい中止になるパターンが定着しています。この集まりそのものを批判するわけではないのですが、情報が来たり来なかったり、直前までやるのかやらないのかはっきりしない状態では活動してもあまり意味がないのかもしれません。

スポーツクラブに通ったのは10日。前月比4日増。

~体位の変化(それは、意味が違います)~
「身長」±0cm
「体重」-3㎏

スポーツクラブに通う回数が増えたのもありますが、多忙すぎて一週間の半分ぐらいは昼食を摂る暇がありません。名付けて「お昼ごはん食べられないダイエット」です。その一方でSさんはのうのうとしているわけですから…本当に頭にきます(怒)
Yuyakekoyake

|

« バベル | Main | スパイダーマン3 »

Comments

Appreciate this post. Let me try it out.

Posted by: Beth | April 22, 2014 at 06:45 AM

What i do not understood is if truth be told how you're now not actually much more well-preferred than you may be now. You are very intelligent. You already know therefore significantly in the case of this subject, made me individually believe it from numerous numerous angles. Its like men and women aren't involved unless it is one thing to do with Girl gaga! Your individual stuffs great. All the time take care of it up!

Posted by: Dexter | June 01, 2014 at 05:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/14925389

Listed below are links to weblogs that reference 概況(19年4月分):

» The Blog [The Blog]
Provides extranet privacy to clients making a range of tests and surveys available to their [url=http://boluzuhy.info/Ml85NDA4ODk=]human[/url] resources departments. [Read More]

Tracked on June 02, 2007 at 08:35 AM

« バベル | Main | スパイダーマン3 »