« パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド | Main | 概況(19年5月分) »

May 31, 2007

主人公は僕だった

監督:マーク・フォースター
製作総指揮:ジョー・ドレイク、ネイサン・カヘイン、エリック・コペロフ
脚本:ザック・ヘルム
音楽:ブリット・ダニエル、ブライアン・レイツェル
出演:ウィル・フェレル、エマ・トンプソン、ダスティン・ホフマン、クイーン・ラティファほか
上映時間:112分
(公式サイトはここ

「温度差」

プロデューサーズで鉄カブトを被っていたウィル・フェレル主演の映画です。恐らく彼は今後、日本でもっと有名になることでしょうが、果たしてCinemaXの評価やいかに。

早速ネタばれしてしまいますが、ある日、小説家であるアイフルの朗読が聞こえることに気付いた主人公、クリックが、小説の筋書き通りに殺されてしまうのを防ぐために奔走するという話です。日常生活で筋書きが聞こえるというところが飛び道具なのですが、ちょっと考えすぎて「何故?」と感じてしまうと、最後まで感情移入が出来ないのが難点です。

ターン1までの評価「C」

僕は「何故?」と感じてしまいました。その後のテンポ次第ではそうした疑問も吹っ飛んでしまうのでしょうが、前半は寝てしまうぐらい退屈でした。途中で腕時計が狂い始めるのですが、これも唐突で…シナリオ通りに生きてはいけないと感じる主人公の設定がちょっと面白くなるだけに、何だか策だけに溺れてしまっているのが残念でした。

「主人公は僕だった」は、キャストが地味です。それだけにストーリーのウェイトが高くなるのですが、いまいちノリが悪いのが残念でした。前述の通り、クリックは小説の筋書き通りに人生が流れているのを知るというのは面白いのですが、小説家、アイフルの小説は必ず最後に主人公が死んでしまうという設定で、自分が殺されると大慌てするのはちょっと理解出来ませんでした。

ターン2までの評価「C」

おまけに、アイフルも生身の人間を殺してしまうのではないかと真剣に悩みます。こういう設定でもストーリーは成立するのですが、足りないものがあります。それは「前例」です。アイフルの小説通りに生きて、殺されてしまった人が前例として存在すると、リアリティが増してきます。例えば、「新幹線大爆破」では、ある速度以下に落ちると作動する爆弾を新幹線に設置したという設定なのですが、事前に蒸気機関車に設置・爆破することで登場人物たちが慌てるという行動に説得力をもたせています。映像で観せることで観客にその後の展開を予想させ、ハラハラさせることも出来ます。

前例を加えると、ストーリーが崩れる可能性があるのですが、主人公たちの慌てぶりは、お茶の間でラーメンを食べながら、明日地球が滅びるのを真剣に悩んでいるような、全く次元の違う要素をミソクソにして生きているような気がしてなりませんでした。危機感に温度差がありすぎます。

最終評価「C」

実際にご覧いただければ多くの方が感じると思いますが、結末が曖昧なような気がしました。エンドロールは面白いのですが、この映画のテイストとは全く関係ないのが残念です。蕎麦屋で美味いケーキを出されたような感じ。脈絡がありません。

~鑑賞メモ~
鑑賞日:平成19年5月25日
劇場;みゆき座
観客数:25人/183席
感涙観客度数:若干
※各ターンは個人的に設定、感涙観客度数は場内の鼻すすり音で推定。

ついでに紹介!

同じような話ですが、こちらのほうが遥かに面白い「トゥルーマン・ショー」と、ウィル・フェレルの怪演が印象的な「プロデューサーズ」この時は単なる脇役俳優だと思ったのですが…これから日本でももっとメジャーになる俳優といえるでしょう。

|

« パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド | Main | 概況(19年5月分) »

Comments

I do believe all of the ideas you've presented for your post. They're very convincing and will definitely work. Still, the posts are very brief for novices. May just you please lengthen them a bit from next time? Thank you for the post.

Posted by: Best Dating sites | January 17, 2015 at 03:45 PM

I used to be suggested this blog via my cousin. I'm now not certain whether this put up is written by means of him as nobody else know such detailed approximately my trouble. You are wonderful! Thank you!

Posted by: Quest Bars | February 07, 2015 at 08:44 PM

Wow, incredible weblog layout! How long have you been running a blog for? you made blogging glance easy. The entire glance of your web site is great, as neatly as the content material!

Posted by: payday loans no credit check | February 11, 2015 at 01:00 PM

I just couldn't go away your website before suggesting that I actually loved the standard info a person supply on your guests? Is going to be back often in order to investigate cross-check new posts

Posted by: cuerpos de mujeres bonitas | April 08, 2015 at 08:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/15273883

Listed below are links to weblogs that reference 主人公は僕だった:

« パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド | Main | 概況(19年5月分) »