« 情痴アヴァンチュール | Main | バベル »

April 17, 2007

既得権益

東国原宮崎県知事が定例会見の是非をめぐって番記者と口論になりました。どうやら定例会見以外にも取材攻勢を受けているので、あえて開く必要がないのでは、という理論のようです。その時間をほかに割けるのではないか、と。これに既得権益が脅かされると察知した番記者が猛反発。説明責任を振りかざし反発しているという構図のようです。

記者クラブは、マスコミだけに与えられた既得権益です。一等地に部屋を提供してもらい、ここに加盟していれば横並びで情報を提供してもらうことが出来ます。IT社会が到来し、誰でもインターネットなどから情報を得られるようになり、マスコミの存在そのものが危ぶまれましたが、実際は取材先にそれなりの圧力をかけながら、一般人に公表するネタと自分達が得られるネタを振り分けてもらったり、公表のタイミングをずらしてもらうなどの方法で逞しく生き残っているのが実状です。むしろ結束力が高まっているのかもしれません。

記者クラブの存在の是非については、当時の長野県の田中康夫知事による脱・記者クラブ宣言が記憶に新しいところです。彼は結局記者クラブを閉鎖して、県民が自由に出入りできるプレスルームを作ったはずですが、マスコミは「こいつらと一緒にするな」とばかりに猛反発していました。おまけにずるいのは、長野県では大手マスコミの支局や地方紙などが田中氏とドンパチやっているのに、本社やキー局ではこの件に関して批判するわけでもなくだんまりを決め込んでいたことです。たかが地方の話といえばそれまでですが、脱・ダム宣言を打ち出すなど、就任当初は国民や県民の追い風を受けていた田中氏の批判の手を緩めていたともとれます。

マスコミが説明責任を振りかざすのは分かりますが、当事者の説明(情報)をマスコミが県民や国民の代表者として受けながら、都合のいいように端折って加工しながら県民や国民に説明(報道)してしまうことを疑問視する見方が多いのも事実です。今の時代は同じニュースでもインターネットなどいくつものルートを通って情報が伝達されてきますから、情報を誇張したり捻じ曲げたりすると、すぐにばれてしまいます。それでもなお、捏造や事実を歪曲して伝える事例が後を絶たないところをみると、この問題は日本のマスコミの体質そのものなのかもしれません。

横並びといえば、大相撲の優勝力士のインタビューもそうかもしれません。僕の記憶違いでなければ、それまで表彰式までの間に支度部屋で行っていたインタビューを、思い切って土俵脇でやってしまえという考え方で始まったはずです。これも僕の記憶違いでなければ、この手法を導入した当初(数年~10年ぐらい前?)は、支度部屋でのインタビューもなかったように記憶しています。それが今はどうでしょう。土俵脇でも、支度部屋でもインタビューが行われています。土俵際でインタビューがあると、会場を訪れている観客は盛り上がりますが、それ以上の意味をなさないのではないかと思えてきます。

記者クラブに加盟していれば、会見もきちんとセットされ、オフレコの懇談などにも出席できます。首相や閣僚を取り囲むインタビュー(ぶら下がりといいます)も、イレギュラーで行われているようにもとれますが、この場所でこの時間ぐらいにぶら下がりなさいという取り決めがあり、記者の代表が面白くないガチガチの質問をします。台本通りのプロレスみたいな感じです。ちなみに、安倍首相の話が面白くないといという話をよく聞きますが、きっと質問がくだらないからでしょう。小泉さんはそのくだらない質問でも自分なりに噛み砕いて答え、安倍さんはストレートに答えてしまう差だといえます。小泉さんの珍言の多くはぶら下がりの時に産まれたことを考えると良く分かると思います。もちろん、安倍さん自身が面白くないのが一番の理由かもしれませんが。面白くない映画を観て感動するぐらいですし。

東国原知事が定例会見が不要だと思うのなら、緊急時にはきちんと説明することだけを約束して、会見をイレギュラーにしてもいいと思います。その分、公務に時間を割くのは道理にかなっているともいえます。ただし、昔の付き合いとかで特定のマスコミだけ取材に応じたりすれば、マスコミの横並び意識が再び首をもたげ、大混乱となるでしょう。これまでの東国原知事の問題行動?や失言?などが極めて軽微に取り扱われたのは、国民や県民の追い風に批判の手を緩めざるを得ないマスコミの匙加減によるものが大きかったといえますが、ひとたび「批判」のスイッチが入れば、どんなことも針小棒大に扱われてしまう危険性があります。

また、東国原知事は「県民が知りたいことと、あなた方(記者)の感覚が違う」旨の発言もしていますが、確かにその通りだと思います。我々ニュースの受け手は、胴体着陸や公園や学校の遊具の事故が起きたからといって、暫くは似たようなニュースを拾い集め、日常茶飯事に起きているかのように伝えることを求めているわけではありません。JR西日本の事故直後では、その定義すら理解せずに連日報じられたオーバーランのニュースが垂れ流されていましたし。東国原知事の行動を批判するのなら、彼のいう感覚の違いとは何なのか、考えてみるべきではないでしょうか。

大手マスコミの正義の味方ぶりをみると、どうもアメリカと重なってきてしまいます。周囲の意識とはかけ離れた自分なりの決まりを正しいものだと信じ込んで、正義の味方を演じ、その姿に陶酔しているような感じがするのは、気のせいでしょうか。
Nekobachi

|

« 情痴アヴァンチュール | Main | バベル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/14710392

Listed below are links to weblogs that reference 既得権益:

« 情痴アヴァンチュール | Main | バベル »