« November 2006 | Main | January 2007 »

December 23, 2006

硫黄島からの手紙

監督:クリント・イーストウッド
製作総指揮:ポール・ハギス
原作:栗林忠道、吉田津由子
脚本:アイリス・ヤマシタ
音楽:クリント・イーストウッド
出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志ほか
上映時間:141分
(公式サイトはここ

「一万円のステーキの脂身」

硫黄島2部作の第2弾。日本側から見た硫黄島です。父親たちの星条旗は、残念ながら後半に失速してしまった感は否めませんが、中立的で場合によってはアメリカ自身を非難するような内容がこれまでになく斬新な印象でした。果たして第2弾の硫黄島からの手紙は、CinemaXの評価やいかに。

硫黄島からの手紙は、日本人の登場人物は皆、日本語を話します。たいしたことはないようですが、ハリウッド映画の部類に入る映画が、全編外国語、特に日本語で制作されたというのは珍しいのではないでしょうか。万国共通語ともいうべき英語の力は強大で、ハリウッド映画では宇宙人であれ、どこの世界の人だか分からない生物や動物や虫でさえ当たり前のように英語を話す訳ですから。

特に英語力の弱い日本人にとって、硫黄島からの手紙は極めて親しみやすい映画だといえます。父親たちの星条旗では、硫黄島で戦った元軍人の孫が、元軍人たちから話を収集するというエピソードがあるのですが、これがやたらまどろっこしく、テンポを悪くする元凶になっていました。硫黄島からの手紙でも同じようなことになっていないかと心配したのですが、手紙は小さなエッセンスの一つであり、現在(というより戦後)と戦時中の硫黄島を繋ぐエピソードは「穴掘り」を効果的に使うという、シンプルなものでした。

映画は、渡辺謙演じる栗林忠道中将という、アメリカ帰りで硫黄島に指揮官として着任した、陸軍将校としては型破りな人間を中心に展開します。彼は戦前戦中の日本男児の教育の基本である根性や気合、体罰は無意味だとか、戦略には統率が重要で突撃や玉砕は戦力が低下するだけで無駄だとか、極めて合理的な考えの持ち主です。ところが周りを囲むのは、文字通り旧態依然の軍人たち。その彼らも少しずつ変化していきます。一人の人間が集団に入り込むことによって周りの人々に影響を与えていくという点では、シェーンや最近の邦画では踊る大捜査線と共通する部分があるといえるでしょう。

ターン1までの評価「A」

父親たちの星条旗は、擂鉢山に星条旗にまつわるエピソードを散りばめたものですが、硫黄島からの手紙というからには、手紙が大きな意味を為すのかと思いきや、実はそうでもありませんでした。栗林中将は子供に宛てて手紙を書き続けるのですが、これは過去の記憶をもとに書き綴っているだけ。どうせ泣かせるのなら、硫黄島という生きて日本に帰れない厳しい戦場にいながら、子供にはアメリカで頑張っていると架空の内容の手紙を書き続けているぐらいの大法螺吹きのような設定も面白いのではないでしょうか。もう一人の主人公、二宮和也演じる西郷も妻に宛てて手紙を書き続けますが、これも大きなインパクトはありませんし、女房役の裕木奈江はさらにインパクトなし。恐らくこの映画にとって、手紙というのは戦後と米軍侵攻当時を繋げる調味料程度の要素しかないのでしょう。

後半は硫黄島から帰った後のエピソードが中心となる父親たちの星条旗とは違い、硫黄島の手紙は、硫黄島での戦闘が中心になります。とはいえ、ほとんどが塹壕の中なので、父親たちの星条旗に比べれば極めて地味です。ここが、父親たちの星条旗を作った余力で作った映画だと揶揄される所以なのでしょうが、ただし、CGバレバレのそこらへんの邦画に比べれば、比べ物にならないほどリアルで、天と地ほどの違いはあります。翁浜、二ッ根浜をびっしりと埋め尽くす艦船などの映像を目の当たりにすると、潤沢に金を使えるハリウッド映画の資金力を実感してしまいます。

ターン2までの評価「A」

米軍による硫黄島侵攻が始まると、塹壕の中の日本軍は段々と統率がとれなくなっていきます。特にアメリカナイズされた栗林中将の考え方に反発した将校がここぞとばかりにバラバラに指示を出すため、塹壕の中はダメ会社のようになってしまいます。「ああ、うちの会社と一緒だな」と感じたサラリーマンも多いはず。それにしても硫黄島の戦闘は、住民を本土に疎開させた後なので日米双方の陣取り合戦状態。これがさらに戦争の無意味さ、悲惨さを助長しているようです。

ちなみに、社内にバラバラに指示を出して失敗する会社は山ほどありますが、一方で成功した例が、カルロス・ゴーンを受け入れたあとの日産自動車といえるでしょう。成功の秘密は、横から口出しすることなくゴーン氏に会社の命運を一任した塙義一会長以下役員の態度にあるといわれています。少しでもゴーン氏の考え方を批判し悪口を言っていたなら、人事から車のデザインまで足の引っ張り合いをしていた以前の日産と何ら変わりがなく、今はもう会社自体が存在しなかったかもしれません。

栗林中将はいわば、カルロス・ゴーンのような存在であり、彼がいなければ硫黄島は1ヶ月以上も持ちこたえるとなく、米軍の目論見通り5日で攻略されていたことでしょう。ただ、玉砕や自決はするなと言っていた栗林中将や西大佐の最期はどうも腑に落ちないのですが。このあたりになると、父親たちの星条旗のように話がバラバラになってきているような気がしなくもありません。

最終評価「A」

硫黄島からの手紙は、アメリカから贈られた、一万円のステーキの残りの脂身で作ったような映画だといえるでしょう。ここで言う肉はもちろん、父親たちの星条旗です。たとえ脂身であれ、日本映画では限界といわれる二千円で買ったステーキに比べれば美味しい。しかも一万円の肉汁も残っていますから、ご飯にかけても美味しい。硫黄島2部作は、ハリウッド映画でありながら、父親たちの星条旗ではアメリカ側の私情を殆ど挟まず、硫黄島からの手紙では、日本の戦争映画にありがちな、「過度に」戦争を美化するような部分も感じられませんでした(日本兵は窮地に追い込まれると自刃を選んでしまうので美化するような雰囲気がどうしても残ってしまうのですが)。

~鑑賞メモ~
鑑賞日:平成18年12月14日
劇場:丸の内プラゼール
観客数:300人/540席
感涙観客度数:不明(広すぎ)
※各ターンは個人的に設定、感涙観客度数は場内の鼻すすり音で推定。

硫黄島2部作は、どちらも中立的な立場で作られたような映画ですが、気になるのは、劇場自体が中立的に上映しているのかどうかでしょう。基本的に日本では2作とも上映しているようですが、アメリカ国内ではどうなのでしょうか。父親たちの星条旗だけを上映して、硫黄島からの手紙を上映しなかったのでは、この映画の存在価値は薄れてしまいますから。確かに一万円の肉と脂身ですから、中には肉だけ、脂身だけを食べたい人はいるはずですが、それは観客の選択に任せればいいでしょう。クリント・イーストウッド監督は、これだけの意味のある映画を作ったわけですから、劇場側が観客の選択肢を狭めるようなことは決してあってはなりません。

ついでに紹介!

年末年始読書三昧の方へ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2006

途中経過

DiaryXXXの更新が滞っています。転職活動に忙しいのかな、と憶測を呼んでいるかもしれませんが、実は土壇場で激しい慰留工作がなされて「今のところ」会社に残ることになりました。決め手は、こちらが提案した①仕事の配分の見直し②会社としてSさんへの対応をはっきりして欲しいという点に少しながら可能性が見えてきたからです。

Mさんが退職して以降、戦力が一人欠けた状態で仕事は全てこちらに回ってきました。加えてSさんが出来ないから、分からないからと放り投げた仕事の殆どが回ってきたため、ここ数年の仕事量は倍々ゲームで増えていきました。忙しくても社員が総出で頑張って働いて、会社を盛り上げるのは良いことだと思いますが、既報の通り、いい歳こいてガキのようなSさんの、人任せでやる気のない姿勢の影響で会社の中が「やり損」「やらないもの得」の風潮になっていることが、どうにも我慢できませんでした。それで爆発したのが先月末のことです。

その後、即戦力の人材を採用し、僕の仕事の半分を引き継いだことで負担はかなり軽減されるのですが、降格を突きつけられて少しは変わると思われたSさんが相変わらずなので、周囲が混乱し始めています。降格を言い渡された当日のSさんは大荒れで、周囲の人に刺すような視線を向け、引き出しの中にあった誰かが数年前にお土産で買ってきたタバコを全面禁煙のビルの廊下で吸っていて、警備員に注意されたりと奇妙な行動が目立っていました。

そして昨日、Sさんは会社宛に手紙(というより殴り書き)を持ってきました。前の日に「俺は最後まで戦う」と独り言を繰り返していたので、社内では専ら「会社を訴える」という手紙だという噂です。権利という言葉が大好きな人なので予想通りの展開ともいえますが。権利権利という割に、自分の仕事を全うして会社に貢献するという社員の義務も果たしていないくせに。

ちなみにその「最後まで戦う」と言っていた日の夜、一部の女性社員の家に頻繁に無言電話が掛かってきました。被害に遭ったのは、Sさんが割と強くモノを言える社員だけ。Sさんのことを頭ごなしに叱り飛ばす天敵ともいえる女性社員や住所録にまだ記載されていない新人の女性社員は被害なし。もちろんSさんであるという証拠はありませんが、仮にそうだとしたら、最後まで戦うというのはこんな下らないことだったのでしょうか。

Sさんはここ数日、殆ど仕事をしようとしません。降格された分、仕事もしないという姿勢のようです。これでは全く意味がありません。Sさんのいい加減な仕事ぶりに嫌気が刺して何人もの社員、特に女性社員が辞めていきました。今回、会社はそのことも伝えたようなので、仮にSさんがそのことに逆ギレして、強くモノを言える女性社員だけに無言電話を掛けたのなら、これは本末転倒もいいところでしょう。あほか。
Yomeimon

| | Comments (5) | TrackBack (0)

December 11, 2006

ソウ3

CinemaX第116回。

監督:ダーレン・リン・バウズマン
製作総指揮:ジェームズ・ワン、リー・ワネル、ピーター・ブロックほか
脚本:リー・ワネル
音楽:チャーリー・クロウザー
出演:トビン・ベル、ショウニー・スミス、アンガス・マクファーデンほか
上映時間:108分
(公式サイトはここ

「ゲームとは」

残酷なパズルのような映像センスで話題となったソウも第3弾を迎えました。ここまで来るとリングや呪恩、着信アリのように二匹目、三匹目のどじょうを狙うようなしたたかさすら感じられます。密室から家の中へと範疇をひろげたソウ2は、行動範囲に反比例するような面白さでしたが、ソウ3は果たして、CinemaXの評価やいかに。

ソウ3は、冒頭から痛いシーンが続きます。「ゲームをはじめよう」で始まる殺戮のゲームは、どこかに救いがあるのですが、ここまで来るともはやそういう微妙なセンスすら感じられません。ネタばれになりますが、これらの仕掛けの多くが実際はジグソウが仕組んだものではないとしても、です。冒頭に殺戮のパズルという表現をしましたが、ソウの肝はここなのですから、製作者は何かを忘れてホラー映画を作ろうとしているとしか思えません。

ソウは、1~3を通じて、2人の主要キャラクターが登場します。一人はジグソウ、そしてもう一人は、ソウで仕掛けを脱出した唯一の生還者、アマンダです。この2人は味方同士ということで登場しますが、このアマンダ、ソウでは脇役だったのが、辻褄合わせのようにソウ2では主役に抜擢されています。もともと辻褄合わせの産物ですから、ソウ3でも彼女の存在は破綻しています。設定が無茶苦茶であろうと無視して映画制作が行われたオースティンパワーズ・デラックスに通じるものがあります。死に掛けのジグソウがソウ2では意外と元気で、ソウ3になって今にも死にそうというところも都合が良すぎるような気がするのですが。

ターン1までの評価「D」

このアマンダは、なかなか死にそうでしなないジグソウを補佐する存在です。ところが動機が全く分からず「こいつ何者?」という疑問が映画の終盤まで続きます。これでは感情移入は難しく、単なる殺戮ゲームを見せられているとしか思えません。

ゲームのプレイヤーは、命を粗末にする人間が中心です。ソウでは余命いくばくもないジグソウを人間扱いしない医者などをゲームに巻き込むという、ある意味勧善懲悪のような側面もあるのですが、3ともなると屁理屈に近い状態になっています。お前は死体ばかり研究をしているから死んだほうがいいんじゃないか、とか。

この映画には、何人かのキーパーソンが登場します。ソウは密室の2人と事件を追う刑事のみで展開されるシンプルなものでした。ソウ2は、密室の範疇が広くなり行動する人間も増えましたが、ソウ3ではエピソードが増えるという、別の広がりをみせています。だらしない恋人を邪険にする女医、子供を交通事故で失った父親、事故を見て見ぬふりをした目撃者、犯人、犯人に軽い判決を下した判事です。そして父親は彼ら彼女らを許せるのか…まるで杜子春のような展開ですが、この繋がりは結構面白く、設定だけではソウ2を上回っているかもしれません。ただ、観て見ぬふりをしただけで氷漬けにしたり、軽い判決を下しただけでブタの死体まみれにするというのは、何となくこれまでのゲームの美学に反するような気がするのですが。

ターン2までの評価「C」

ところが問題はゲームそのものにルールがないことです。クライマックスになればなるほど、ジグソウが一体何を考えているのか、アマンダはジグソウに恋心を抱いているというだけで残酷な行動を繰り返しますが、いつジグソウにそういう気持ちを持ち始めたのかも説明されていませんし、女医に対する嫉妬に耐えることがアマンダのゲームであることだというのは容易に推測出来るのですが、そのルールも滅茶苦茶です。

挙げ句の果てにみんな殺し合いになって、結局は残酷なシーンを見せたかっただけではなかったのかと疑いたくなるほど。まるで野球をやっているのにサッカーボールが飛んできたり、ボールを打って守備側は一塁で走者を殺そうとしているのに、肝心の走者は三塁に滑り込んでセーフ、セーフと叫んでいるような感じです。ルールがあってのゲームなのですから、作り手が状況によって好き勝手にルールを変えているのでは、ゲームは成立しません。

最終評価「D」

残酷でもどこか上品さが漂うのがソウの特長ともいえますが、続編以降は別物です。ルールなきゲームの繰り返し。それでもマリオネットは「ゲームをはじめよう」と言い続けるのですが。製作総指揮が6人とやたら頭でっかちなのも面白くない一因なのでしょうか。

~鑑賞メモ~
鑑賞日:平成18年12月5日
劇場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
観客数:8人/180席
感涙観客度数:不明
※各ターンは個人的に設定、感涙観客度数は場内の鼻すすり音で推定。

ついでに紹介!

ソウとソウ2。このシリーズはソウだけ見れば充分。

| | Comments (20) | TrackBack (1)

December 04, 2006

★内不一致

交通事故で亡くなった子供の写真を無断転載していた現役教師が侮辱罪、著作権法違反で告訴・告発されました。教師の資質を問う声もありますが、最初から子供を獲物にしようとして教師になっていたとするならば恐ろしいような気がします。ただ、こういう教師はこれまでもゼロだったとは言い切れないでしょう。例えば、一昔前は、教え子を撮影してタンスの引き出しにしまって夜な夜な眺めていたような教師がいても、そこまでの行為にとどまっていましたが、今は少しだけITに関する知識があれば、それをインターネット上で多くの人に公開できる世の中になっています。匿名性が高いと信じられているインターネット上は、さまざまな表現を可能にしますが、一歩間違えば現実世界との摩擦が発生し大問題に発展する可能性があります。教師の性癖云々も問題ですが、そんな簡単な線引きを聖職者である教師が出来ないことに何よりも驚かされます。

このニュースは、昨日のTBSが夕方の報道番組を絡めてスクープとして報じ、今日になって他社が後追いで報じるようになっています。確かに問題とすべきニュースなのですが、告訴・告発の時点でこれほどまで横並びにニュースを流すのは、異常なような気がします。大手マスコミの横並び体質というものなのでしょう。それでも変化をみせたいのか、今晩の報道ステーションでは、この教師の父親が元神奈川県警本部長だったことを報じました。この父親は神奈川県警の一連の不祥事で辞任したことも報じていましたが、それがこの教師の話とどう関係あるのかがさっぱり意味が分かりませんでした。「キャリア官僚の息子がこんな性癖を持っている」とでも言いたいのでしょうか。それとも「俺たちはこんな情報も掴んだ」と自慢したかったのでしょうか。脈絡なくこんな情報を垂れ流すとまだ逮捕もされていない教師の身元が特定されてしまうというのに。そこには彼らが過敏に反応する人権はどこにもありません。

さて、自民党造反議員のうち、郵政民営化反対を頑なに貫く平沼氏を除く11人の復党が実現しました。国民不在と批判され、今回はマスコミが自民党に対して逆風を浴びせているので自作自演のような感じもしますが、内閣支持率も右肩下がりになっています。その当事者ともいえる安倍総理は、説明責任を求めるマスコミの声に耳を傾け、夕方の番組に生出演したいと申し出たようです。結局は各社4分という何を説明したいのかが分からないような時間にマスコミ…いや、記者クラブが反発して「記者会見を開け」と強引に迫った結果、話そのものが流れてしまい、自民党ホームページ用のコメント収録をしただけで終わってしまったようです。記者クラブの傲慢さに安倍総理がスネてしまったような形になりましたが、今晩の報道ステーションでは記者会見を求めた正当性を記者が説明するという言い訳めいた映像も挟み込まれていました。何が言いたいのでしょうか。

もっと疑問なのは、タウンミーティングのヤラセ問題です。ヤラセがあった、なかったと大いに話題になったタウンミーティングは、大手マスコミがこぞってヤラセ質問者を掴まえて実態を取材するなど煽りに煽っていましたが、そのタウンミーティングを仕切っていたのが電通だと分かった途端、一部の週刊誌などを除きぱったりとタウンミーティングの話題がテレビや新聞から消えたような気がするのは、錯覚でしょうか。しかもこのタウンミーティング、初年度はボッタクリともいえる金額で随意契約が行われ、毎回、質問者に金を支払うだけでなく、大量のスタッフが高い賃金で仕事をしたことになっていて、実態すら把握出来ない状況になっているようです。

ちなみに今年開催されたサッカーのワールドカップでも電通が絡み、日本での放送時間帯の関係で日本戦だけ予選リーグでは昼間の炎天下のゲームが2試合組まれ、それが惨敗の一因になったといわれています。ジーコが敗戦の弁で「テレビの都合で昼の試合が2試合も組まれた」旨のコメントをしていますが、このシーンは言うまでもなくカット。電通は、マスコミなどを中心に大手企業の子息などを幅広く受け入れるという、現在の徳川幕府みたいな存在なので何も批判することが出来ないのでしょうか。今後、タウンミーティングの話題が取り上げられるにしても、恐らくヤラセだけに焦点が絞られ、予算垂れ流しの運営方法には指一本触れられることなく終わってしまうのでしょう。仮に内閣府がまとめた調査結果でその問題に触れたとしても、テレビや新聞では封印されてしまうのでしょうか。恐ろしい世の中です。
Karasu

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 01, 2006

概況(18年11月分)

河野洋平衆議院議長が議場内での議員の徘徊や、私語、ケータイ操作等を注意する旨を議院運営委員会理事会で行いました。先月も出席状況が良くないと注意したばかり。そんななかで片山さつき、佐藤ゆかり衆院経済産業委員会で官製談合防止法改正案採決を無断欠席しました。学級崩壊と同じことが国会でも起こっているとは驚きです。ところで自民党総裁でありながら総理大臣に唯一なれなかった河野洋平氏ですが、ここで少し存在感を示しましたね。こうなったら迫力ある風貌を活かしながら国会の頑固親父として活躍して欲しいものです。

さて、11月の概況です。
11月の重心指数
普段の仕事:55(+10)
シナリオ:45(+5)
その他:5(-10)
(カッコ内は前月比ポイント増減)

~11月の概況~
「普段の仕事」10ポイント続伸
仕事の集中度は過去最高レベルが続いています。その横で上司に叱られることを我慢するだけで給料がもらえると思っている思考回路ゼロの人、平等平等といいながら周りに仕事をぶん投げるだけの人、もう末期症状です。ということで、一昨日ついに退職願を出してしまいました。2月末で現在の会社を去ります。決め手は上司の「●●(新聞名)はウソをつかない」でした。ごく当たり前の言葉なのですが、何だかこれで全て終わったなという感じがして力が抜けてしまいました。転職は4回目です。例によって次の就職先を決めてから退職を切り出すという二股恋愛みたいなことが出来ない性格なので、何も決まっていません。良い仕事があればご紹介ください。

「シナリオ」5ポイント続伸
コンクール用のシナリオも書いていました。月末と週末が重なれば応募出来たのかもしれませんが、見送り。昔みたいにガツガツしてとりあえず応募ということがなくなったのは良いのか悪いのか。10月から停止中の話も考えようと思います。

「その他」5ポイント続落
スポーツクラブに通ったのは6日。前月比1日増。後半に集中しました。特に1月は絶対に痩せられない時期なので、ちょっと頑張ります。

~体位の変化(それは、意味が違います)~
「身長」±0cm
「体重」±0㎏
増えたり減ったり、5㎏程度変動しましたが、結局は変わらず。
Mizuneko

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« November 2006 | Main | January 2007 »