« 父親たちの星条旗 | Main | プラダを着た悪魔 »

November 22, 2006

小馬鹿バーナ

自民党の復党問題が一段落しそうです。今のところ平沼氏を除く各議員が一括復党する方向です。これだけでも国民をバカにしたようなものですが、無所属でもなお強固な地盤看板カバンを持つ平沼氏は自民党にとっては魅力的なはずです。仮に郵政民営化に反対するまま彼を復党させたり、落選議員を復党させたりすれば、何が何だか分からなくなってきます。その場合は国民新党の合流も現実味を帯びてきますし。郵政民営化は何だったの?という疑問もさることながら、自民党など連立与党は、昨年の衆院選の大勝で増税などあらゆる政策を数にモノを言わせて可決成立させてきたことを決して忘れてはなりません。

郵政解散後の数々の悪政は、選挙に大勝した連立与党のおごりと、過去の失敗を付け焼刃の政策で覆い隠そうとする官僚の思惑が一致したということなのでしょうが、このことを棚に上げて、自分達の政党を守ろうとする姿勢は、憤りを通り過ぎて情けなさすら感じています。特に公明党は自前の理念を捻じ曲げてまで、政権にしがみつくしがみつく必要があるのか、と他人事ながら心配になってきます。強固な支援母体があるので崩壊することはないのでしょうが、180度に近い政策転換を行って帰るところを失ってしまったかつての日本社会党を思い起こさせます。これで将来、連立与党を離れて野に下った場合、政権政党を批判する資格があるのかすら疑わしく思えてきます。

国民にとっては、特に主婦層を中心に、昨年の衆院選では小泉さんが可愛そうとか言いながら、何も考えずに投票をして、そのお礼に財産をむしりとるだけむしりとられて、医療制度改悪など様々な恩恵を受けてしまいました。これを放って置いて、自民党はかつての仲間を復党させようとは何事か!小なる理解力しかないと見くびっていると、いつかしっぺ返しを…くらわないのでしょう。どうせ今の国民の反発も来年にはほとぼりが醒めて、連立与党の強大な組織票とそこそこのタレント議員を並べて無党派層から票を掻き集めるのでしょうから。仮に投票率が低くても、組織票の比率が高くなるので連立与党の思うツボ。その一方で民主党は肝心のところで自滅を繰り返しますし。国民はバカのままでいいというのが、今の政治家や官僚の考えなのでしょうか。全く頭に来ます。

さて、夕張市の復興策が波紋を呼んでいます。増税、行政サービスの削減などを柱にした政策は、市民に重点的に負担を求めるという、ミニ日本のような構図になっています。周辺の市町村に逃げ出す住民も増えているようですが、町を離れることが出来ない人もいるはずです。そうした人は低水準の行政サービスと増税に苦しむ毎日。まさに生き地獄です。正直者がバカを見る状態といえます。日本は、言葉の壁と海という物理的な壁があります。自分達はぬくぬくと生活が保障されながら、次々に国民に負担を強いる国会議員や官僚は、そのうちしっぺ返しが…やっぱりこないのでしょうね。悲しいことですが。

日本国内に目を向けると、非正社員が増えるなか、派遣労働についてのトラブルが頻発しています。この先、日本経団連、つまり大手企業らのゴリ押しで、サラリーマンのサービス残業が法的に認められる方向にあるようです。そんななかで安倍内閣は再チャレンジという絵に描いた餅をバラまき続けます。国民は、いつかは安倍さんが拉致被害者奪還の刀を抜いてくれることを夢見ながら耐え続けるのでしょうが、別人のように歯切れが悪くなった安倍さんの態度や、周囲を取り囲んでいる人間を見ると、結局は抜かずじまいに終わってしまうような気がしてなりません。

我々国民は、やれといわれても再チャレンジをする気力すら奪われた状態で、自民党は最大の再チャレンジである、復党問題ばかりに奔走するのは、見ていてバカバカしくなってきます。国会全体もいじめ問題がこれだけ深刻化するなかで、ちょこちょこっと改定するだけのしょーもない教育基本法改正ばかりに拘るばかり。いつから審議入りとか、与野党間の駆け引きとか、審議を欠席することを期待して投票したのではありません。そこには有権者の声は届かないのでしょうか。それを面白おかしく扱う大手マスコミも同類のような気がします。まあ、彼らも勝ち組なのですから、真に再チャレンジを願う人々の心なんか理解出来ないのでしょう。
Kurokuro

|

« 父親たちの星条旗 | Main | プラダを着た悪魔 »

Comments

Its like you read my mind! You seem to know a lot about this, like you wrote the book in it or something. I think that you can do with some pics to drive the message home a bit, but other than that, this is magnificent blog. An excellent read. I will certainly be back.

Posted by: Jannette | May 13, 2014 at 09:18 AM

Your style is so unique compared to other folks I have read stuff from. Thank you for posting when you have the opportunity, Guess I will just bookmark this web site.

Posted by: free music downloads | February 26, 2015 at 08:11 PM

Thanks a lot for sharing this with all folks you actually understand what you're talking about! Bookmarked. Please also seek advice from my site =). We could have a link alternate agreement between us

Posted by: minecraft games | March 26, 2015 at 08:36 PM

You really make it seem so easy with your presentation but I find this matter to be really something which I think I would never understand. It seems too complicated and extremely broad for me. I am looking forward for your next post, I'll try to get the hang of it!

Posted by: las fotos mas bonitas | April 08, 2015 at 04:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/12775451

Listed below are links to weblogs that reference 小馬鹿バーナ:

« 父親たちの星条旗 | Main | プラダを着た悪魔 »