« 挑戦状 | Main | 見限り »

November 09, 2006

田舎対応

最近、更新作業を会社近くのモスバーガーで行うことが多いのですが、この店、行くと必ずオーダーミスに遭遇します。原因は一人のおばあちゃん。最近はファーストフード店などでお年寄りを積極的に登用する動きがあるので、その一環なのでしょう。ところがこのおばあちゃん、レジ打ちは間違えるわ、オーダーした商品を揃えるかと思いきや突然、掃除を始めたり、その手で食べ物を触ったりと仕事ぶりが凶悪です。他にも付け合わせを忘れたり、番号札を無視して後から来たお客さんに商品を渡してしまったり。度々他の店員が注意しているのを見かけますが、言い訳ばかり。それでいて次回も同じミスを繰り返すので、学習効果は全くありません。

年齢に関係なく雇用することは、素晴らしいことだと思いますが、歳を重ねると人間は頭が固くなるもの。採用する側もその点を踏まえて従業員教育をするとか、高齢化社会に向けて受け入れ態勢を整える必要があります。でなければ上っ面の取り組みに終わるだけ。これではおばあちゃんも、お客さんも悲しい思いをするだけです。ちなみにこの店は、このおばあちゃんが働き始めてお店全体の歯車が狂っているらしく、他の店員さんまでオーダーミスを起こしたり、奥のほうでは食器をガチャガチャ割りまくっています。リーダー格の人がいつ行っても見当たらないのですが、店長や時間帯のマネージャーがいないはずはありません。ということは、お店にリーダーシップを発揮している人間がいないということなのでしょう。だから、お店が機能していないのでしょうか。もったいないことです。がんばれ、おばあちゃん!

さて、病気腎移植は、日が経つにつれ手術例が増え、関わった病院も次々に明らかになっています。今度は、患者を呼んできて感謝の辞を述べさせる不思議な会見も開かれました。病気腎といえども手に入りにくいものを移植することが出来たのですし、成功したというのなら感謝はするでしょうが、それぞれの事例とルール不在の臓器移植を一緒くたに考えるのは問題があります。こういう浅はかな対応をみると、情けなくなってきます。こうした情報をそのまま垂れ流すマスメディアは、履修漏れの一件とは正反対に、事実を報じるということに終始しているような気がするのは、僕だけでしょうか。方や校長などを吊し上げまくったのに、「病気ならとっちゃって、誰に移植してもいいじゃないか」などと嘯く医者の話はそのまま聞いているだけ。この温度差には何か裏があるのではないかと勘繰りたくもなります。

僕は、浅はかな対応のことを田舎対応と呼ぶことにしています。その場を取り繕うような対応で、表向きは良いのですが、何も考えていないので、すぐに化けの皮が剥がれてしまうようなものを指します。かつて市町村などが非核宣言都市や平和都市などと宣言しまくったのも、表向きは良く、議会では全会一致で可決されるものの、実効力のない田舎対応だといえるでしょうし、埼玉県内の市町村などが競うように打ち出したオウム信者の子供達の受け入れを拒否する条例(?)は、学校に通いたい子供達をたらい回しにするだけで、何の解決にもならない田舎対応といえるでしょう。他にも、たまごっちブームに便乗してタクシー会社が打ち出した「たまごっちタクシー」は、商標権などを考えれば問題があるのは素人でも分かるはず。直後に「ひよこっちタクシー」と中途半端なネーミングにしたのも、痛々しい田舎対応といえます。

病気腎移植で分かったことは、医者は嘘ばかりつく、何か問題を隠そうと思えば、いくらでも隠し通し続けられるということです。そもそも、この問題は、ケチな臓器移植患者が、車だけでなくドナーに約束通り報酬を支払っていれば明るみにならなかったかもしれないことなのですから。ちなみに日本医師会は、病院の株式会社化に対し、頑なに反対しています。政府が規制緩和の一環で打ち出した特区構想では、ロボットが街中を歩けるように認めるロボット特区、民宿などがどぶろくを製造して客に振る舞うことを許可したどぶろく特区などユニークな特区が誕生しましたが、僕の記憶違いでなければ、株式会社としての病院を認める特区に関しては、日本医師会などが強行に反対しました。理由は、全国各地で均質な医療が受けられなくなるかもしれないということなのですが、少なくとも都市部では、名医がいて、入院したくても名家と呼ばれる人がでないと果てしなく待たされる病院とか、到底、金持ちしか通えないような病院があちこちにあります。この時点で均質な医療ではないのかもしれませんし、臓器移植一つとっても方や正規のルートでドナーを待ち続け、方や病気の腎臓といえど脱法同然で移植が行われるのですから、均質という表現は既に矛盾しているような気がします。それにしても、同じ隠蔽体質でありながら学校と病院で何故こうもマスメディアの対応が異なるのでしょうか。医者は恐れ多く、病院は聖域だからか、単に死者が出ていないから問題視されていないのか、不思議です。
Daimon

|

« 挑戦状 | Main | 見限り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/12618576

Listed below are links to weblogs that reference 田舎対応:

» 子供と病気の関係について [ブログでお得な無料情報]
子供と病気の関係について興味をひかれる話題を記事にしました。大人に比べて子供の病気は様々な特徴がありますね。 [Read More]

Tracked on December 05, 2006 at 12:29 AM

« 挑戦状 | Main | 見限り »