« パンドラの箱 | Main | ザ・ブレイクアップ »

October 29, 2006

喉元過ぎれば

素っ裸の男が暴れて警察官を刺して暴れたり、村八分(?)にされたと子供たちに突っ込み、ナタや拳銃を持って暴れる男が現れたり、事件に遭わないよう慎重に生きていてもいつどこで被害に遭うか分からない世の中になっているようです。特に警察官を刺して暴れた男は、当初は大々的にニュースが報じられたものの、男に精神疾患で入院歴が分かると一気にトーンダウン。実名すら伏せられて、その後は防刃チョッキの弱点に話題が摩り替えられ、その後はニュースとして報じられることすらなくなりました。翌日発生した後者の事件は続報が次々に報じられるのに比べるとあまりに扱いに差があることに驚かされます。

マスコミの豹変ぶりは、かつてのニセ宮様の事件に対する報道を思い出します。ニセ宮様がどういう人なのかが分かると、当のニセ宮様の話題は取り上げられなくなり、操作していた女性の素性や、騙されてパーティに出席した芸能人ばかりに焦点が当てられました。人権に配慮したものなのでしょうが、マスコミがある日突然、報道のスイッチをオフにするという手法には違和感を感じます。精神障害のある方、精神疾患を患っている方々が起こした事件を過度に報道することは、偏見の助長になるという危険性も孕んでいますが、一方で突然、人を傷つけ、それでいて責任すら問われない人々があなたのすぐ隣に生活しているかもしれないということを覆い隠してしまうという一面もあり、難しいところです。

さて、郵政民営化に造反した議員の復党問題で自民党が揺れています。というより、周りは揺れているとみているだけで、当の自民党は復党の流れで一致しているように感じるのですが。結局、さきの衆議院選挙で当選した新人のうち、一部の知名度の高い議員や小泉前首相の呼びかけに逆らって即座に派閥入りした姑息な議員を除き、復党組に押し出される形で捨て駒として次の選挙では落選してしまうのでしょう。正直者がバカを見る構造がここにもあります。自民党にとっては逆風の中、選挙を勝ち進んだ造反議員は知名度や実力のある人が多いはずですから、ビギナーズラックで当選したような議員をシコシコと育てるよりは、遥かに旨みがあるのでしょう。

恐らくマスコミは今後、造反組の復党を淡々と報道することに終始するでしょうし、国民も郵政解散の前後でどのような悲劇が生まれたかを思い出すことなく「平沼さん、野田さん、戻れてよかったね」とほっと胸を撫で下ろすことでしょうが、本当に造反組みが自民党に復党すると、刺客を立てられて失意のまま落選した元議員や、当選したものの自民党を離れた国民新党の議員などの処遇も問題になってくるでしょうし、それ以上に郵政民営化を争点に戦ったはずの選挙なのに、その後の国会で増税や保険料負担増を求める法案が次々と可決されたこと全てが有耶無耶になってしまいます。つまり、あの選挙は、全て数合わせだったということになります。

名簿に名前を貸しただけの八百屋(?)のおっさんや、新婚生活が忙しいのか、ブログが未だリニューアル中のあの議員や、「主婦の目で政治をやりたい」と言いながら新人なのに講演があるからといって国会をすっぽかした議員夫人の議員、議員になりたいと政党関係なく公認をとりつけるべくなりふり構わず行動していた議員、議員になりたくてもなれず、ようやく夢がかなったピンク一色の議員などは、次回の選挙を乗り切れるか心配です。さきの衆議院選挙で「小泉さんが可愛そうだから」という理由だけで投票した人々は、この状況をどう考えるのでしょうか。まあ、そんなことすら忘れている人が多いのでしょうが。
Akitaken

|

« パンドラの箱 | Main | ザ・ブレイクアップ »

Comments

Excellent post. I used to be checking continuously this blog and I'm inspired! Very useful info particularly the remaining phase : ) I deal with such information a lot. I was seeking this certain info for a very long time. Thank you and best of luck.

Posted by: Stacie | April 19, 2014 at 05:51 AM

Hey would you mind letting me know which web host you're working with? I've loaded your blog in 3 different internet browsers and I must say this blog loads a lot quicker then most. Can you recommend a good internet hosting provider at a fair price? Thanks, I appreciate it!

Posted by: Christin | May 01, 2014 at 04:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/12472099

Listed below are links to weblogs that reference 喉元過ぎれば:

« パンドラの箱 | Main | ザ・ブレイクアップ »