« イルマーレ | Main | ブレーキ »

October 14, 2006

観ず語りドラマレビュー

映画鑑賞を主軸としてから、テレビドラマは殆ど観ることがなくなってしまいました。最近、熱心に観た記憶があるのは、「タイガー&ドラゴン」と前回の「Dr.コトー診療所」ぐらいです。連続ドラマではありませんが、先日再放送された「クライマーズ・ハイ」は骨のあるドラマでした。ここ数年のテレビドラマは、視聴率低下のテコ入れとして漫画原作に走り、最近はDVDなど物販(?)による収益効果も見越したのか劇場映画の蒸し返しに走り、それがさらに古参のテレビドラマファン離れを加速させ、さらなる人気の下落を招いているという指摘もあります。今回のクールのテレビドラマも相変わらず原作モノが隆盛する状況にありますが、初回からもったいぶった内容とテーマ曲のアレンジが変わりダラダラ感が強くなった「Dr.コトー診療所2006」などを除き、意外にフジテレビ系列のドラマはオリジナルに回帰しつつあることが分かります。

前回のクールで人気タレントを揃えたものの悉く打ち切りになってしまったテレビ朝日がさらに話題性のある原作をドラマ化しようというのは分からなくもないですが、かつては「ドラマのTBS」と謳っていたTBSは、主要時間帯の殆どが漫画原作や劇場映画の蒸し返しという悲しい状況にあります。テレビに出れば出るほど安っぽくなってしまう長澤まさみを起用した「セーラー服と機関銃」も話題を集めていますが、劇場映画がミュージカル仕立てで話題になった「嫌われ松子の一生」は、出演者が番組宣伝で「どうやったら愛され松子になれるか」などとネロが教会で息絶えることなく大富豪になり、アロアを娶ってパトラッシュとともに幸せな余生を送らんかというような意味不明な発言をしているのが気になります。

テレビドラマで原作や劇場映画をリメイクする場合、制作者(特にプロデューサー)が中途半端な才能に酔いながら登場人物の性別や職業をちょこっと変えてみたり、エンディングをちょこっといじるなどストーリーを変更してしまうケースが多いといわれていますが、どうせ変えるなら、原作にはいないはずの人物が主人公に設定されたり、原作とは似ても似つかぬ作品に仕上がる黒澤作品ぐらいメチャメチャにやって欲しいものです。ちなみに「鉄板少女アカネ!!」はつい最近まで、土曜9時(日テレのミーハードラマ枠)にやるのかと思っていましたが、TBSなんですね。一昔前では考えられない現象です。

Danyan01

さて、今回のクールは、年に一回しか仕事をしない北川悦吏子氏が「たったひとつの恋」で登場します。今回は日テレ。毎回その時期に旬の綺麗な俳優やタレントばかりを集めて、身分や立場の差、ハンデなどを乗り越える話を描くというパターンは相変わらずですが、恋愛ドラマの女王といわれるだけに、数字は獲得するでしょう。この人の発言や行動の端々に垣間見える「心なさ」が気になって仕方がないのですが、オリジナルドラマ(ではないものもあるとの噂もありますが)を書くことを許された数少ない脚本家としては貴重な存在といえます。毎回彼女のドラマが放映されると、脚本家を目指しスクールを受講する女性が急増するという話もありますから。

日テレはこれまた女性の人気が高い井上由美子氏を「14才の母~愛するために生まれてきた~」で起用しています。TBSのドラマが話題作りにばかり走る中で、バラエティ路線を走るフジテレビを尻目に麹町時代の夢をもう一度(視聴率四冠)という意気込みが感じられなくもありません。テレビドラマは、相変わらず真面目(?)に取り組むNHKは別として、前回のクールはダークホース的存在として女性の話題をさらった(?)らしいフジテレビ系「結婚できない男」のように口コミで話題になる例もありますから、油断することは出来ません…といいながら、今回のクールも全く観ないかもしれませんが。

Danyan02

|

« イルマーレ | Main | ブレーキ »

Comments

たしかに原作を中途半端に変えて余計な(!)エピソードをかせぐくらいなら、脚本家の再解釈でまったく別物にするほうがまだいいですよね。 ……いや、そんなことができる人がいないから、漫画原作に頼るのか。 わたしはアニメが放送回数かせぎ(あるいは原作を使いきって)でオリジナルのエピソードを入れてくるのがとても嫌で、ちびまるこちゃんも最近とんとご無沙汰です。

Posted by: ぷれべる | October 16, 2006 at 02:06 AM

ドラえもんもオリジナルの域に入って久しいですね。その過程においてアイデアを出した脚本家の周辺で「これはドラえもんではない」などと議論が白熱していたことを思い出します。ただ、個人的にはドラえもんはコロコロコミックが創刊されて以降はマンネリ化していたような気がするので、むしろ声優が変わった時の違和感のほうが大きかったような気がします。
たまにちびまる子ちゃんの再放送を観る機会があると、昭和の名声優、富山敬の素晴らしさを実感しますね。今の声優さん(青野武)の声は似ているのですが、おバカなバージョンの声ばかりで悲しくなります。例えばルパンⅢ世の声優の山田康雄と栗田貫一の声が似て非なるもののように。ルパンⅢ世って「ふじこちゃ~ん♪」のイメージが強いのですが、本当はかっこいいキャラなんですよね。ところが今はバカルパンの声ばかりで…長くなりました。

Posted by: yuworldmaster | October 17, 2006 at 01:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/12278454

Listed below are links to weblogs that reference 観ず語りドラマレビュー:

» 結婚相談所の体験談です [結婚相談所]
結婚情報サービス(オーネット、ツヴァイ、ノッツェ)の体験談・入会しての感想を紹介します。 結婚相談所について迷っていたり興味のある方は立ち寄ってみて下さい。 [Read More]

Tracked on October 14, 2006 at 04:49 PM

» テレビ ドラマ [TVったらTV]
今日はテレビ ドラマ 関連のブログを紹介しますよ。興味を引いたらそれぞれのブログに訪問しましょう。 [Read More]

Tracked on October 24, 2006 at 04:41 PM

» Phentermine diet pills. [Buy phentermine cheap phentermine diet pills index.]
Phentermine diet pills. Diet pills phentermine adipex. Phentermine diet pills diet pills. [Read More]

Tracked on June 09, 2007 at 03:33 AM

» 番組情報 [番組情報]
番組情報を紹介します。 [Read More]

Tracked on October 02, 2007 at 04:57 PM

« イルマーレ | Main | ブレーキ »