« 時代のうねり | Main | 日本以外全部沈没 »

September 27, 2006

平和な国

安倍新内閣が発足しました。総裁選から首班指名、内閣発足まで、マスコミは今までにない豪快な煽りっぷりでした。あたかも国民が投票しているように錯覚するよう演出されたような総裁選でしたが、実は国民は間接的に国会議員を選出しているだけで、総裁選挙には指一本触れてないのが実状です。それでも、密室ならぬ病室で誕生した森首相に比べれば遥かにオープンだといえますが。

国民が安倍新内閣に期待している最も大きなことは、拉致問題です。これは積極的に取り組まなければなりません。他にも社会補償問題などが挙げられていますが、これは、医療負担の増加や年金保険料の引き上げ、給付水準の引き下げが可決され、役人や自民党議員の間では既に完結している話なので、当分は見直しの「み」の字もないでしょう。これも「小泉さん可愛そう」と自民党を圧勝させてしまった我々の責任でもあるのですから、不平不満を訴えたところで何を今さらという感じがします。本当に悔しいのですが。

日本中のバカ騒ぎを見ていると、国民の大半が政策なんかどこ吹く風で、風呂に入りながら新しい政治バンザイ、バンザイと叫ぶ一方で、役人や国会議員は風呂釜に薪をくべて必死にふいごを吹きながら、火の勢いを増しているような構図が思い浮かびます。国民、特に一般庶民は「あたたかいなー」と思いながら、上がり続ける税金で財産を搾取され、知らない間に湯船は沸騰して死んでいく訳です。恐ろしい。

さて、総裁候補に立候補した途端、安倍首相の口からは「再チャレンジ」という言葉がやたら使われるようになりました。これ、気がかりではありませんか?あまりにも当たり障りがなく、国民生活に実害がないように思われる政策を全面に出すこの手法を見て、一つの言葉が思い浮かびます。

国民は、小なる理解力しか持ち合わせていない。

再チャレンジは、小泉政権が打ち出した郵政民営化という言葉が、そのまま置き換わったものだといえるでしょう。万人に理解しやすいテーマを掲げると国民を踊らせることが出来る…これが小泉政権の数年で自民党が学んだことです。安倍さんといえば拉致問題なのですが、こちらをメインに掲げなかったのは、この問題はパフォーマンスとして取り組むが(拉致担当相を置いたりとか)、根本的な解決は難しいということを意味しているように思えてなりません。

再チャレンジとはおめでたい言葉なのですが、これを打ち出す国会議員が、再チャレンジとは恐らく無縁の二世、三世議員ばかりだというのが気になります。既に中央官庁では、19年度予算の概算要求で再チャレンジを意識した安易な政策が流行り病のように打ち出されていますが、具体的な政策は今後、いろいろな場面で審議会や検討会などが開かれ「まず予算獲得ありき」の方針のもと、学識経験者による意見を総合して答申がとりまとめられ、独立行政法人ナントカ機構とか、公益法人に予算をバラまきながら、どうせろくでもないことに税金が投入されることになるのでしょう。この学識経験者や、出来レースを演出する官僚も、おおよそ再チャレンジとは縁遠い身分の人々です。こんな人たちが机上で論議を交わして何が出来る、というのが正直なところです。

再チャレンジで少しだけ関連がありそうなのが杉村議員なのですが、彼は新婚生活にのめりこみ過ぎているのか、ブログも放置したまま、若者を集めた座談会も少しだけ食いついたままほったらかし、公募した秘書の選考すら行っていないようです(これはそのうち問題になるでしょう)。週刊SPA!では連載が始まりましたが、当たり障りのないことばかり書き並べて、本当に国民をバカにするなと言いたくなります。

民主党など野党は今後、安倍新内閣が掲げる再チャレンジ政策の曖昧さを突いてくるでしょうが、盛り上がれば盛り上がるほど喜ぶのはマスコミだけ。本来なら国民に再チャレンジをけしかけながら、税金や社会保険料、国民健康保険料などが上がり続けることの矛盾点をテレビや新聞などのマスコミは突くべきなのですが、政治は盛り上がりながらも、自民党が与党にあり続けるのが彼らの理想のようです。その証拠の一つが、小泉内閣の偉業(?)を讃えるドラマだといえます。きっと、政権与党=自民党のニュースソースも既得権益として守りたいのでしょう。

新しモノ好きの日本ですが、諸手を挙げて安倍新内閣発足を祝う街頭インタビューを聞くと、なんだかもううんざりです。これじゃ5年前と同じ。5年後の我々の生活を考えると、そら恐ろしくなるのは、果たして僕だけなのでしょうか。
Shinzo

|

« 時代のうねり | Main | 日本以外全部沈没 »

Comments

Very rapidly this web page will be famous amid all blogging and site-building people, due to it's good articles or reviews

Posted by: best dating sites | January 13, 2015 at 04:26 PM

Hi there, I check your blog like every week. Your story-telling style is awesome, keep doing what you're doing!

Posted by: free music downloads | February 16, 2015 at 11:55 AM

Hello it's me, I am also visiting this website regularly, this site is really good and the visitors are really sharing pleasant thoughts.

Posted by: match.com | March 01, 2015 at 02:51 PM

What you said was actually very reasonable. But, consider this, what if you typed a catchier post title? I ain't saying your information is not good, however what if you added a headline that grabbed folk's attention? I mean 平和な国: CinemaX is kinda plain. You ought to glance at Yahoo's front page and see how they create article titles to get viewers to click. You might add a video or a picture or two to get readers excited about what you've got to say. Just my opinion, it would bring your blog a little bit more interesting.

Posted by: where to buy quest protein bars in australia | March 21, 2015 at 08:40 AM

Greetings! Very useful advice in this particular article! It is the little changes that produce the biggest changes. Thanks a lot for sharing!

Posted by: minecraft | March 28, 2015 at 06:02 AM

What a information of un-ambiguity and preserveness of valuable knowledge regarding unpredicted feelings.

Posted by: free music downloads | April 03, 2015 at 01:54 PM

Hello my loved one! I wish to say that this article is awesome, great written and come with almost all important infos. I would like to look extra posts like this .

Posted by: videos mujeres sin ropa | April 08, 2015 at 11:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/12049536

Listed below are links to weblogs that reference 平和な国:

« 時代のうねり | Main | 日本以外全部沈没 »