« 腹の立つことばかり | Main | 概況(18年6月分) »

June 21, 2006

秘策

W杯まっさかりです。あちこちの店で「W杯放映中!」という看板。まさに猫も杓子もW杯ですが、日本戦を中心においしい試合の放映権(衛星放送含む)を確保しているのはNHK。そこまで世話になっているのですから、みんなきちんと受信料払えよ、と言いたくなるのは僕だけでしょうか。NHK職員の無駄遣いなど腹の立つことは沢山ありますが、流行スタイルのように不払いを決め込む人々が多いことがどうも解せません。

小耳に挟んだのですが、日本戦が何故、過酷なデーゲーム2試合が組まれているのか、サッカーファンの間で話題になっているようです。今回の試合の時間帯は3種類です。昼、夕方、夜。日本がブラジル戦のみが夜。本来なら3試合をきちんと振り分けているはずなのですが、何故か体力的な負担の大きい昼の試合が2試合も組まれています。

これはあくまで憶測ですが、日本の時間帯に無理に合わせたのでは?という噂もあります。今回の日本戦の放送権は、超大手広告代理店が一括して購入して各放送局から放送権料を徴収する形式がとられているようです。従来はNHKが購入していたように記憶しているのですが、一説には1000億円以上ともいわれるように放送権料が高騰してしまったのか、入社も仕事もコネまみれと揶揄される某社のなりふりかまわぬ営業の賜物なのでしょうか。

ちなみに某社は各地のパブリックビューイングを仕切っていますし、そこらへんの居酒屋などでW杯の放送を流しながら大人数で応援する、パブリックビューイングまがいの行為に目を光らせています。カラオケ使用時の著作権料に目を光らせるJASRACさながら(これは大事なことなのですが)ですが、お祭りに参加した人々からいちいち入場料を取るような行動は、極めて欧米流で日本にはどこか馴染まないなという感じがしなくもありません。

さらに某社は今後10年近く、アジアでのFIFA関連試合の放送権を取り扱う権利を獲得しているようです。放送からCM、視聴率調査まで多くのものが一極集中。もちろん、当事者のテレビやラジオでこんなことを取り上げるはずもないでしょうが、我々国民が知らない間にさまざまなものが一ヶ所に集中するのは、どこか不気味な感じがします。

今回のW杯の日本戦、これまでの話を踏まえると、曜日はともかく夜10時キックオフと時間帯はかなりいいタイミングであるといえます。ただ、選手の体力は別物。クロアチア戦もしくはオーストラリア戦のいずれかが、視聴率を目的に本来の夕方から昼に移動されていたとしたならば、国内で必死に応援するファンの気持ちを踏みにじるということにもなりかねないでしょう。

Vs01
それはさておき、巷ではにわかサッカーファンが闊歩するようになりました。本格的にやっていたのか、体育の時間だけなのか「昔、サッカーをやっていた」という人がゴロゴロ。相手先でこういう人に捕まると地獄です。まるで、サラリーマンがあたかも自分の考えであるかのように某掲載紙に書かれていた論説をそのままなぞるように、サッカー解説者が言っていたような特段目新しくもないネタが並びますし、選手の名前を間違えることもしばしば。そういう僕も、クレスポとクラウチがごっちゃになっています。クレスポがロボットダンスをしたら、それはそれで凄いかもしれませんが。

さて、剣が峰に立たされた日本は、ブラジル戦が迫っています。テレビや新聞では、やれ誰を外せだの誰を使えだのさまざまな意見が飛び交っていますが、付け焼刃の対応でいきなり結果が出るとはなかなか考え難い状況にあります。そこで、いくつか手軽な(?)秘策を考えてみました。

Vs02
まず、アレックスを積極的にゴール前に切り込ませます。ブラジルのDFが、一瞬「仲間?」とひるんだ隙にゴール!名付けて「カモフラージュ作戦」です。
ファウル覚悟で黄色いアンダーシャツを着て、ここ一番で脱いでプレイするとさらに効果的です。審判には「日本のユニフォームは破れやすいヨ」と説明すれば、何度かお目こぼしをいただけるかもしれません。
アトランタ五輪のバレーボールで米国代表に入ってしまったヨーコ・ゼッターランド(堀江陽子)氏と戦う日本選手みたいな感じでしょうか。

Vs03
2つめの秘策は、90分間、とにかくジーコ監督に泣いてもらうという「どうしたの?作戦」です。
彼は、ブラジルでは神様のような存在なので、選手達は日本戦である程度気を使ってくれる可能性はありますが、さらにジーコ監督がずっと泣きっぱなしだと「やっぱり大人気ないかな」とさらに手加減してくれる可能性もあります。
ジーコ監督に90分間、ひたすら知恵の輪を解いてもらうという「ひとりででき太」作戦はどうでしょう。ブラジル選手達が「サッカーより楽しいものがあるの?」と気にしている隙にゴール!

Vs04
最後の策は、日本のサポーターに黙ってもらうことです。熱心なサポーターが無観客試合で外からエールを送ったり、激しい当たりで倒れた選手を勇気付けるように名前をコールするのは選手にとって心強いものだと思いますが、試合中ほぼ全ての時間帯で大音響で歌ったりコールし続けるのは、時にプレイの邪魔になるのではと思うことがしばしばあります。声を掛け合ってのコミュニケーションはサッカーには重要でしょうから。
それが駄目なら、次のサッカー日本代表の監督は、プロ野球チームの監督やコーチ経験者を起用してみては?なんて思います。もちろん、コミュニケーションは全てブロックサインで。

|

« 腹の立つことばかり | Main | 概況(18年6月分) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/10597386

Listed below are links to weblogs that reference 秘策:

« 腹の立つことばかり | Main | 概況(18年6月分) »