« 寝ずの番 | Main | 子ぎつねヘレン »

April 19, 2006

職務と思想

新庄、いきなりの引退宣言、やっぱりすごいです、この人。

さて、光市母子殺害事件で、被告、弁護士それぞれの対応がクローズアップされています。被告は以前、友人に宛てた手紙で「無期懲役がほぼキマリ」とタカをくくっていたのが、死刑判決の可能性が出てくると、何十通もの手紙を最高裁に送っていっていました。自ら行ったはずの供述に対する反論は、弁護士による指導といわれています。母親を手が滑って殺してしまったといってみたり、首を絞めて殺した傍らの赤ん坊については、静かにさせる方法として「ちょうちょ結び」をしたと言っています。死刑反対論者の弁護士の後ろ盾を受けて、必死に死刑を回避する戦略がとられています。当の弁護士は先日の弁論を欠席してみたり、被告が被害者の夫に謝罪の手紙を出してみたり。

弁護士は、被告の無実を訴えたり、真実を訴えて可能な限り減刑を求めるというのが仕事のようですが、時に過剰ともいえる行動をみせることがあります。光市の一件の弁護士は、麻原被告の弁護人だったり、ヒューザー小嶋社長の弁護人のようです。判決まで至ると死刑が確定的な麻原被告の弁護で牛歩戦術のような動きをみせたり、小嶋社長の証人喚問の際に何も喋らせなかったのは、彼の戦術だったのでしょうか。死刑反対論者であるのは分かりますが、死刑が認められている日本において、是が非でも死刑に持ち込ませないというのは、もはや一個人のわがままにすら感じられます。こういう弁護士が出てくる度に「あなた方の正義はどこにあるの?」と問いたくなってしまいます。

世の中には、死刑反対、男女平等、人種差別などすぐには解決できないさまざまな問題があります。世の中には、これらの問題を肯定する人も、否定する人もいます。ただ、逆の立場の人同士が議論をすると、その多くがかみ合いません。先日、テレビで議論されていたのは「安楽死」について。安楽死を認める側は「患者の苦しみを和らげたい、患者に(安楽死の)意志があれば、尊重したい」というもの。一方で反対の立場の人は「絶望的な状態でも、一例でも生還したという例があれば、安楽死は避けるべき」というもの。植物状態でも回復するレアケースを尊重するものです。滅多に起きない奇跡が、今日、起こるかもしれないという考えです。双方とも正論といえますが、永遠に交差することがない並行線上の考えです。だとすれば、どちらかの考えを尊重するしかありません。

平等、という言葉を良く使う人がいますが、平等、は安易に使ってはならない言葉だと思います。並行線上にある考えを、一つにまとめて全ての人がハッピーになる方法、それが平等だと思います。ということは、平等というのは実際には世の中にほぼ存在し得ないもの、と考えることが出来ます。だからこそ、安易に使ってはならない言葉だと思います。前述の弁護士は、反論している表情や態度をみると、死刑反対論者で有名であるが故に「死刑になってたまるか」「プライドに傷がつく」「恥ずかしい」と感情的な部分で動いているような気がしてなりません。ここは人間として、どういう弁護活動をすべきなのかをあらためて考えてもらいたいものです。そうすれば、少なくとも弁論を引き伸ばすために欠席したりとか、卑怯な真似は出来ないでしょうから。
Yuyake

|

« 寝ずの番 | Main | 子ぎつねヘレン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/9658389

Listed below are links to weblogs that reference 職務と思想:

» No.297:後悔先に立たず! [!? びっくり&はてな]
 おはようございます。光市母子殺害事件に動きがありました。 ?  1999年4月に起きた山口県光市の母子殺害事件で、殺人などの罪に問われた当時18歳の少年だった被告(25)の弁論が18日、最高裁第3小法廷(浜田邦夫裁判長)で開かれ、先月の弁論期日に出廷しなかった弁護人の... [Read More]

Tracked on April 19, 2006 at 08:43 AM

« 寝ずの番 | Main | 子ぎつねヘレン »