« クジラ多すぎ | Main | 寝ずの番 »

April 17, 2006

どうしようもない

アイフルが業務停止命令を受け、テレビや新聞でアイフルを激しく叩くとともに、消費者金融のあり方を問うような報道が相次いでいます。が、一方で広告やCMを垂れ流していたあなた方にそんなことやる資格はあるの?という感じもします。アイフルは、消費者金融の中でもかねてから取立ての激しさが問題になっていました。被害者が話題になっていたあのチワワが泣いている看板を掲げて抗議するという場面も数多くありました。ただ、このことを報じたのは一部の雑誌などに限られ、大手のテレビや新聞でみることはありませんでした。

消費者金融などは、「ご利用は計画的に」という標語は掲げるものの「多重債務者を増やすことになります」とか「あなたの生活を破滅させる可能性があります」という直接的な表現を避け、爽やかなイメージを重視したCMや広告が文字通り、テレビや新聞で垂れ流されてきました。CMの時間枠は段階的に縮小されてきましたが、その分、濃度(回数)が増しているようなので、あまり意味がないような気がします。
消費者金融「など」とするのは、ここ数年は銀行の進出も著しく、銀行自らが進出するだけでなく、消費者金融大手を傘下に加えたりする動きが活発化してたからです。これらの各社もイメージ広告に終始し、「銀行なら安心」というイメージを植え付けながら、営業を拡大していきました。ただ、外資の傘下に落ちる消費者金融も多いこと、少し毛並みの違う信販系各社の激しい再編の動きをみると、全般的には決して順風満帆な業界ではないということが分かります。

マスコミ業界では、広告と報道は別物という考えがまかり通っていますが、それは、記者と営業担当者の業務が切り離されているだけのことで、企業の経営体質が広告頼みであるということには変わりありません。新聞は購読料だけでは到底成り立ちませんし、民放はスポンサーがいなければ番組を作ることが出来ませんから。高い給与水準を見直せば、どうにかなるかもしれませんが。
アイフルの一件は問題視すべきですが、マスコミは一方的に批判する前に、自分たちがCM等でこの会社とどういう風に関わってきたかをまず、省みる必要があるでしょう。アイフルに限らず、消費者を多重債務に追い込むことに加担していた可能性があったことを反省すべきでしょう。武富士から献金(?)を受け取っていたことがバレた朝日新聞の問題も、武富士自身が過去起こした事件も何も解決されていませんし。それだけ闇の部分の多い業界なのかもしれませんが。

それ以前に考えなければならないのは、借りた金は返すこと。返せなかったら他の会社から借りればいいとか、弁護士に相談すれば何とかしてくれるだろうとか、いざとなったら自己破産すればいいとか、そういう甘い考えで借りることも問題だと思います。ただ、万策尽き果てて消費者金融などから金を借りなければどうにもならない人もいるので、一概に批判出来ないかもしれませんが。

|

« クジラ多すぎ | Main | 寝ずの番 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/9631104

Listed below are links to weblogs that reference どうしようもない:

« クジラ多すぎ | Main | 寝ずの番 »