« シリアナ | Main | 信念 »

March 08, 2006

シムソンズ

CinemaX第74回目。

シムソンズ
監督:佐藤祐市
製作総指揮:榊原信行
脚本:大野敏哉
音楽:佐藤直紀
出演:加藤ローサ、藤井美菜、高橋真唯、星井七瀬、大泉洋ほか
上映時間:113分
(公式サイトはこちら

「失敗した!」

「燃ゆるとき」同様、「ちゃらい」と表現してしまった「シムソンズ」です。「ALWAYS三丁目の夕日」のロングラン、「男たちのYAMATO」の無理無理な拡大ロードショーの一方、3月公開の映画が割に、2月封切りの映画はどれも短命に終わる傾向にあります。「シムソンズ」も例外ではありませんが、配給会社や劇場のその判断は正しいのか、考えてみましょう。

主人公は、加藤ローサ、藤井美菜、高橋真唯、星井七瀬など若手のタレントを集めました。佐川急便の加藤ローサ、サボテン「あっいてっ!」の藤井春菜、元なっちゃんの星井七瀬など見覚えのある顔ぶれ。なかでも高橋真唯は、老け顔でしかも目が充血していたノーローンのCMとは全く違うイメージで驚きました。
「シムソンズ」は、冒頭から面白さが滲み出ています。シーンの繋がりはテンポが良く、立体的に重なっていきます。僕が言う「ちゃらい」は、ワンアイデアで映画を作ってしまうような安易さをあらわすもので、ウォーターボーイズ、スウィングガールズも僕にとっては「ちゃらい」映画です。シムソンズも実話をベースにしているので「ああ、またか」と思ったわけです。トリノオリンピックの女子カーリングの時期を狙い撃ちし、便乗商法のようなセコさも感じましたが、それらの偏見(?)を吹っ飛ばすぐらい面白い内容であることは確かなようです。

ターン1までの評価「A」

「シムソンズ」は、展開もさることながら、ナレーションも面白い。主人公の4人は女優としてのキャリアは殆どないはずなのですが、演技はそれぞれなかなか味があって面白かったりします。特に、積極的に街に出て、スカウト待ちをしていたという加藤ローサは、芸能界での生き残りをかけるような熱意すら伝わってきます。コーチは、北海道限定のタレントから、すっかり全国区の俳優という印象が根付いた感のある大泉洋。北海道の星をこれまで支えてきた道民の方々は、彼の活躍をどのように感じているのでしょうか。インディーズバンドがメジャーになるような、複雑な思いを感じている人も多いのかもしれません。
「シムソンズ」の舞台は、北海道の隅にあるカーリングのさかんな常呂町という町なのですが、脚本や演出でもこの町の特徴である①何もない②名物はホタテをいかんなく引き出しています。一生町に暮らし、骨を埋めることを想像して絶望感に浸るかと思えば、町から外に出してくれる「キラキラしたもの」をただ漠然と夢見たり、こっそり友人を覗いていて、ホタテの貝殻を踏んで音を立てて見つかってしまったり、ホタテ10キロより憧れの選手のサイン入りタワシに目が眩んでしまったりとか、主人公たちは、街に溢れかえるホタテに飽き飽きしているなど、考えようによっては小馬鹿にしているような内容なのですが、親しみすら感じるのが不思議です。とにかく、何でもかんでもホタテというくどさが面白い。
「シムソンズ」は、カーリングに情熱を燃やす少女達という、一見、直球そうな内容なのですが、実際は変化球が織り交ぜられ、観客は心地よくその展開に振り回されます。例えば、カーリングで一番大事なことを問うシーンがありますが、コーチたちは答えそうで、その場では答えない。ただ、この疑問も最後にきちんと拾ってくれます。大掛かりのものでなくても、歴代の表彰ペナント(?)の中で何故か一つだけ色が違うという疑問を、次のシーンできとんと拾う。しかもそのエピソードは、映画の重要なテーマの一つでもある…全てが立体的に絡んでいるわけです。加えてセリフも、それぞれの人物が心の底から喋っているような「生きたセリフ」が散りばめられています。こういう場合は、ある程度クサいセリフでも、何故か浮いたように感じられないのが不思議です。

ターン2までの評価「A」

唯一、残念に思ったのは、これまで突っ張っていた尾中美希(藤井春菜)が突然、心変わりをして、シムソンズに打ち解けてしまうことでした。突然変化するのならその瞬間、ゆっくり変化するのならその過程を丁寧に描くと、この映画の魅力がさらに増すことでしょう。特に演ずる藤井春奈は、魅力たっぷりですから。あと、伊藤和子(加藤ローサ)の失恋のシーンもいらないかもしれないですね。前半の伏線をしっかり拾うという丁寧さは素晴らしいとは思いますが。
後半にも、あちこち観客に対する揺さ振りが仕掛けられています。例えば、これまでスキップを務めてきた尾中が、伊藤に交代を申し出るシーンとか。何故、交代を持ち出すのかは、伊藤、尾中など数少ない登場人物と観客以外にしか分かりません。登場人物はその理由を口にしませんから、観客はこれまでの展開と照合して「尾中美希は、先のことを考えて、交代しようと言ったんだな」と理解できるわけです。高度じゃ!
「シムソンズ」は、主人公の成長も描かれ、加えて演じる加藤ローサをはじめとする彼女たちの成長をも伺える面白い映画でした。彼女達は、アイスシートの上で何度も転倒し、青あざを作りながら奮闘したことでしょう。ちなみに4人のうち、小野菜摘を演じるノーローン、高橋真唯の筋が良いように感じました。ちなみに、小野菜摘というキャラクターは、トリノオリンピックでスキップとして活躍した小野寺歩さんにあたり、星井七瀬が演じる林田史江が、林弓枝さんに該当するようです。ソルトレイクシティーではどちらかといえば裏方で支える立場だった2人が、トリノではチームを引っ張っていったということになります。この辺りの彼女達の成長も興味深いですね。谷口から丸井、五十嵐、近藤、五十嵐弟へと引き継がれるキャプテンみたいです。

最終評価「A」

ラストシーンは、実は2つの選択肢があることがわかります。 最期のショットが成功するかしないか。製作する側はどちらを選択しても映画は終わります。ただ、この選択肢でも、観客に対する見事に揺さ振りが仕掛けられています。いい映画とは、シーンがペストな組み合わせで立体的に重なっていくものだと言う人もいます。例えば、現在のシーンから次のシーンに移るにはいくつかの選択肢があります。その先にはさらに選択肢が枝分かれしています。常にベストの選択をしていかないと、スムースにベストなエンディングには到達しないという考えです。
逆に考えれば、妥協してベターのシーンを繋いでいけば、ベターな映画にしかならないということになりますが、「シムソンズ」は、ベストな選択を重ねながらシーンが繋がっているようです。いい映画はその繋ぎ目すらなかなか見えないのですが、偶然にも最後の最後で表に突き出したダイヤモンドヘッドのようなラストシーンへの選択肢の妙を楽しむのも一つの手だといえます。
ラストシーンでの加藤ローサの涙にもこれまで積み重ねられた重みが生きていますし、グリーンのジャージに身を包んだ後日談、一枚の写真、最後までなだれのように「これでもか!」と押し寄せてきます。秀作!ちゃらいなんて言って、失敗した!

残念ながら劇場公開が終了しているシムソンズですが、非常にもったいないような気がします。取り込み詐欺のように短期集中でナルニアを上映するよりは、シムソンズをロングランさせたほうが、よっぽど日本の映画ファンのためになるかもしれません。シナリオを勉強するうえでもさまざまな技術が盛り込まれている映画だと言えます。必見!

~鑑賞メモ~
鑑賞日:平成18年3月4日
劇場:ワーナーマイカルシネマズ板橋
観客数:40/130席
感涙観客度数:80%
この作品を観て流す涙は、登場人物のこれまでの生き様の蓄積があふれ出したもの。誰かが訳もなく突然死んだりとか、その場限りの涙と比べてみてください。質が違います。

ついでに紹介!

僕が「ちゃらい」と表現したのは、これらの映画と同じようなものかな?と思ったのも理由の一つです。学園モノ…特に部活モノの映画は、たまに観るといいものですが、生活感を描く必要があまりないなど設定が比較的簡単なだけに、あまり乱発すると観る側も飽きてしまいます。シムソンズは学校というカセがほとんどなく、それぞれの生活も多く描かれているのでこれらの映画とは少し異なります。どれも実話をベースにしているという点では、共通していますが。それにしてもシムソンズはシーンの組み立てが上手い。

|

« シリアナ | Main | 信念 »

Comments

Society tends to focus much more on the perpetrator, why he abuses and the kind of treatment he requirements. There is no exact reason for the cause of eczema. Other people are perceptible while others are not.

Posted by: where can i get tested for stds | June 04, 2014 at 11:25 PM

Hello there! Do you know if they make any plugins to protect against hackers? I'm kinda paranoid about losing everything I've worked hard on. Any tips? how to track android phone online casino gambling topusaslotsonlinecasino.com live roulette online quick cash loans payday advance locations quick cash loans baccarat rules play roulette online spy software for android virtual casino advance payday loan free casino slots topusaslotsonlinecasino.com http://quickprivatemoneyloans.com/ topusaslotsonlinecasino.com iphone tracker online casino gambling sms spy iphone topusaslotsonlinecasino.com online casino bonus free casino slot games http://smsphonetrackerandspy.com/iphone-spy-software/ casino gambling free roulette best casino bonuses spy software for android private money lenders topusaslotsonlinecasino.com free slots online

Posted by: how to track android phone | August 09, 2014 at 05:32 AM

I have read some excellent stuff here. Definitely worth bookmarking for revisiting. I surprise how so much effort you put to make this kind of wonderful informative site.

Posted by: fifa 15 crack | November 05, 2014 at 03:23 AM

Whats up very nice site!! Man .. Beautiful .. Amazing .. I'll bookmark your website and take the feeds also? I'm satisfied to search out a lot of useful info right here in the put up, we want develop more techniques in this regard, thank you for sharing. . . . . .

Posted by: mattinglyfurniture.com | December 12, 2014 at 07:03 PM

My brother suggested I might like this web site. He was entirely right. This post truly made my day. You cann't believe just how much time I had spent for this information! Thanks!

Posted by: free music downloads | April 03, 2015 at 10:01 PM

Excellent post. I was checking constantly this blog and I am impressed! Extremely helpful info particularly the last part :) I care for such information a lot. I was seeking this certain info for a long time. Thank you and good luck.

Posted by: Free music Downloads | April 04, 2015 at 06:15 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/8952308

Listed below are links to weblogs that reference シムソンズ:

» 「うぃー、あー、シムソンズ!!」/シムソンズ [ひとりぼっちの映画館]
見ました!映画「シムソンズ」! はっきりいって、おもしろい! 私、けっこうじーんときてしまいました。 JUDY AND MARYの音楽がマッチしてて、 爽やかな感動に包まれます。 私、この手の青春映画好きなんですよね。 シムソンズ公式サイトへ ほんとオリンピックをみてカー..... [Read More]

Tracked on March 11, 2006 at 12:07 AM

« シリアナ | Main | 信念 »