« サウンド・オブ・サンダー | Main | 際限なし »

February 24, 2006

御徒町目白

(タイトル変更・高田馬場→目白)

女子フィギュアスケート、荒川選手が金メダルと獲得しました。それにしても上位選手の息詰まる争い。本当に見応えがありました。日本の3選手は、存在感は抜群の荒川選手、表現力の村主選手、4回転という強力な武器を持つ安藤選手とタイプがそれぞれ違うため、見ていて面白みがありました。

女子フィギュアスケートといえば、冬季五輪の大トリのような存在です。夏で言えば男子マラソンみたいなもの。そこでの金メダルはやはり、偉大です。過度な期待による日本選手へのプレッシャーが最も恐ろしかったのですが、緊張していたのはトップを争っていた他の選手でした。びっくりするような失敗をするところは、やはり五輪のプレッシャーなのでしょう。すごい。

長野五輪の成績不振で叩かれ、ソルトレイクシティーは出場すら逃してまた叩かれきた荒川選手ですが、今回は頼もしさすら感じました。何より、他の国の選手に比べデカくみえるのが凄い。実サイズはもとより、存在感の大きさを物語っているものでしょう。長野の頃はそういう印象はありませんでしたから。頂点に上り詰めたので「このまま引退しちゃうのかなあ」という雰囲気がプンプンとするのですが。まあ、仮にそういう場合も大いなる決断として評価してあげたいものです。

村主選手の競技は心に染み渡りました。いつもより何倍も速く感じた高速スピン。コケまくりましたが、挑戦したという勇気を讃えたい安藤選手。安藤選手は、8年前の村主選手のよう。ですが、15位という結果を批判する資格は誰にもありません。曲が微妙だ、衣装がダメだ、コーチが会っていないのではないかなどの話もありますが、注目や期待があまりにも集中しすぎて、海外に追い出されたような状況にある彼女の事情を考えると、誰も批判する資格はないはずですから。

安藤選手には4年後、浅田選手を引き連れて是非、もう一度4回転に挑戦・成功させてもらいたいものです。これから4年間、両選手が潰れることがないよう祈りたいですし、五輪出場を争ったり、共に出場した他の選手や、若手選手の台頭にも期待したいと思います。それにしても安物のチョコレートみたいなメダルですね。

いつか書こうと思っていたのですが、デサントの巨大な広告を見たことがありますか?日本選手のユニフォーム?を着た荒川選手の凛とした表情が印象的な広告です。その横にちょこんと妹のように安藤選手。いい写真だなあと思ってみていました。この広告は、JR山手線の目白駅、御徒町駅付近などから見ることが出来ます。通勤、仕事帰りに是非、見上げてください。近くに広告がない場合はこちらから。ちょっと違うのかな?

|

« サウンド・オブ・サンダー | Main | 際限なし »

Comments

パチパチパチ…
まったくの同意見です。荒川選手の雄々しさと村主選手の可憐さと安藤選手の初々しさ…対照的でドキドキしました。
見ていて胸が締め付けられそうだったのが、今朝のコーエンです。演技の前の彼女の緊張が苦しいくらいに伝わりました。彼女にとってSP1位は逆効果だったようにも思い、祈るように見つめてしまいました。

どの国のどの競技のどの選手にも、心から拍手を送りたいですね。

Posted by: Miyabi | February 24, 2006 at 08:21 AM

オリンピック、終わってしまいますね。日本にとっても。次回に収穫の多い大会だったのではないでしょうか。
有力選手を紹介する時の「メダルの期待がかかる」という枕詞は、もう飽きました。他にいい言葉はないのでしょうか。

Posted by: yuworldmaster | February 26, 2006 at 05:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/8811117

Listed below are links to weblogs that reference 御徒町目白:

« サウンド・オブ・サンダー | Main | 際限なし »