« 仕事ごっこ | Main | 善意 »

January 27, 2006

メディアのおもちゃ

連日のようにライブドア関連の話が続いています。ところが横道に逸れてどうでもいい情報まで、広報の広報として入社した運の悪い元アイドルが退社するという話も「あの美人広報が退社」と、100%誤解を招くような見出しで面白おかしく報じられます。もううんざり。そろそろ他の情報を報じてくれよと思っていたところで、メディアの格好のおもちゃが登場しました。

「一夫多妻風男」

連日、テレビなどで面白おかしく報じられることでしょう。正体不明の粉で地球のあらゆるものを救おうとしたオヤジや、白装束で全国キャラバンを行っていたあの団体と同じように。一夫多妻「風」男は、占いを通じて知り合った何人もの女性と一緒に住んで、紐の胴元のような生活を送っていたようです。そのなかで拒否した女性に対し脅迫をしたとして逮捕されました。今のところそれだけです。一緒に生活していた女性は、自ら進んで男の家に転がり込んだようですし、中には子供をもうけた女もいるようです。
ハーレムのような淫靡な生活をきっと、マスコミはこぞって取材し面白おかしく報じることでしょう。確かに、我々にとって興味がある話ですが、今のところ集団生活自体に違法性がないことを忘れてはなりません。同居するほとんどの女と婚姻関係にあったようですが、重婚はではないようです。宗教じみた集団生活ですが、日本では思想や信教の自由は保証されています。ローカルなカルト宗教にありがちな死者を甦らせるため死体を放置していたとか、バラバラにしているとか、少女に手を出したというのは別ですが、大人の男女の行動です。「怪しい」というだけで取材を続け弾圧するような身勝手が許されるのか、と問いたくもなります。
白装束の集団の時もそうでした。道路を不法占拠しているのは問題ですが、数年前からキャラバンは発覚していたわけですから、その時に報じればいいのに、他社が取材の先陣を切って「怪しくて面白い」と分かるやいなや、白装束の人々をからかって、キャアキャアはしゃいで逃げてくる始末。怪しい粉末オヤジは、学歴詐称や少女の命綱である透析を受けさせなかったという部分に問題はありますが、あの粉を売る行為そのものは犯罪ではありません。「怪しいから何でもかんでもつぶせ」は、子供のいじめと同じです。
ライブドア、一夫多妻風男をマスコミが追い回しているうちに、耐震構造偽装疑惑は、当事者を除く国民の脳裏からは薄れてしまいます。今思うと、発言の多くを拒否した小嶋社長の行動は、印象をさらになくす作戦だったのかもしれません。連日のように報じられる関係のないニュースを見ながら、政治家など疑惑の水面下で息を潜めている輩はほくそえんでいるのかもしれません。
政治家、ホリエモン、小嶋社長、「黙るが勝ち」がまかり通る世の中は問題です。
taiyo

|

« 仕事ごっこ | Main | 善意 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/8346377

Listed below are links to weblogs that reference メディアのおもちゃ:

« 仕事ごっこ | Main | 善意 »