« ないものねだり | Main | 木の上のサル »

December 17, 2005

かませ犬

先日、豆乳を飲んで湿疹が出て遠い記憶が甦りました。僕はわずかですが大豆アレルギーでした。そういえば十数年前、アレルギーテストで疑いありとなっていたのでした。ダイエット効果が注目されますが、最近、目がかゆくなっていたのはこれだったんですね。ちなみに醤油も苦手。ちなみにところてんは河口の水を飲んでいるみたいで断念しました。

耐震強度偽装に関して、国会で証人喚問が行われました。久々に登場した姉歯氏、木村建設の木村社長と東京支店長、黒幕とされる総研の内河社長が登場しました。姉歯氏の証言に対し、それを裏付ける回答をしてしまい、暗に自分の嘘を立証してしまった感のある篠塚支店長の守りの甘さ、現場を知らず(世の中こういう社長だらけなんですが)に社長の資格があるのかと問いたくなる木村社長、日本人特有のアルカイックスマイルをたしなめられる内河社長…質問するの国会議員もテレビ中継のなかでこれ見よがしで自分のPRをするだけの連中がほとんどでがっかりしましたが、このあたりの素人っぽさを踏まえると、耐震強度偽装には絡んでも、収益をどこかに還流するような黒幕は内河氏をはじめ今回の証人喚問に参加した連中ではないのかもしれません。
一方でヒューザーはこの疑惑の輪から外されました。この小嶋社長をどうして引っ張り出さないのか。国や自治体の援助が決まっているのはヒューザーの物件だけです。難色を示す国交省官僚の頭越しに支援が決まってしまったのは何故なのか、小嶋社長は何故当初から確約したように国の支援を求めていたのか。単に与党連立政権とその一部与党を支援する団体だけを批判しているのではありません。このルートからどこに金が回っていたのか。仮に国会議員に金が還流されていたとするならば、受け取っていた当事者は偽装は知らなかったかもしれませんが、金を出させるという上で加担したことにもなるはずですから。
日本は為政者に近くなればなるほど、核心に近くなればなるほど霧が濃くなりがちです。橋本元首相も核心から外れたからああも簡単に放り出されてしまったわけです。今回の証人喚問に出てきた人、不可解にも免罪されてしまった人はそれぞれ今回の偽装問題に関わりがある可能性が高い人と言えます。真相解明のスピードが遅く、手ぬるいような感も否めません。自殺者、マンションの住人、ホテルのオーナーなど第2の犠牲者を出す危険性があるなかで幕引きの噂さえ出ています。一部の人の利益を守るかのような幕引きは絶対に許せません。
この不可解な政策を全く追求しようとしないマスメディアも共犯です。何が、誰がブレーキをかけているのか。徹底的に姉歯氏(偽装行為そのものは断罪されるべきですが)など核心とは外れたような人への攻撃に終始するメディアに誤魔化されないようにしないといけません。テレビや新聞が取り上げないなら、我々には両刃の剣ですがネットという武器をもっています。ここを活用してでも議論を続けるべきでしょう。

さて、増税の嵐が吹き荒れています。定率減税廃止、企業の商品開発意欲を殺ぐ酒税改悪、タバコ税増税、消費税増税につながる増税として、年金・社会保険改悪とともに市民の生活を圧迫する路線となっています。小泉人気に踊り狂い、先日の衆院総選挙で連立与党に投票した主婦をはじめとする一般市民に対する仕打ちがこれです。ビール税の減税など鼻クソみたいなもので、泥棒が他人の家に強盗に入り、縛っている家人に少し分け前を与えるようなものです。タバコ税の増税は公明党のゴリ押しで児童福祉の拡充に回すことになったそうです。これにより児童手当の対象年齢が小3から小6に、対象世帯の年収が引き上げられました。小6に拡大するのはいいのかもしれませんが、本来なら手当ての増額が筋なような気がします。平等という言葉は大嫌いなのですが、一律の手当てをややお金を持っている世代にまでバラまくのは、その考えには当てはまらないと思います。

doublewanko

|

« ないものねだり | Main | 木の上のサル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/7648341

Listed below are links to weblogs that reference かませ犬:

« ないものねだり | Main | 木の上のサル »