« 概況(17年10月分) | Main | ティム・バートンのコープス・ブライド »

November 03, 2005

あるコーヒー豆屋の叫び

新橋駅前、いつも雑誌を買っていた露店(?)のおばさんが復活しました。ちょうどお盆ぐらいに姿を見せなくなったので気になっていましたが、昼のおじさん(といってもおばさんより若い)に聞いてみたところ「そろそろ戻ってくる」という話でした。
この店は、朝はおばさん、昼~夜はおじさんが店主という変わった露店(?)です。恐らく親子じゃないかと思うのですが、売る雑誌の管理も別々で不思議な感じです。ということで寒い雨の日におばさんが復帰しました。病気で手術したらしく幽霊のように痩せて青白い顔をしていましたが、最近は少しづつ元気になっていっているようです。
タイアップ記事ばかりでこれまで以上に読み応えがなくなった週刊SPA!を読むのを辞めようと思っていたところですが、当分買い続けようと思います。感情のない「いらっしゃいませ」語尾が上がる「ありがとうございました」という挨拶だけのコンビニで買うよりは人間味がありますし。

さて、僕は酒もタバコもやらない代わりにコーヒーを浴びるように飲む人間です。豆は近くのコーヒー豆屋さんで買うのですが、昨日「最近、コーヒー豆が売れるでしょう」の一言で普段は無口な店主のおじさんが機関銃のように話し始めました。面白かったのでここに収録します。
まず、「最近、コーヒー豆が売れるでしょう」の根拠は、ご存知の通り先日の「発掘!あるある大事典Ⅱ」でコーヒーを飲むと代謝が上がると紹介されたからでした。この番組はこれまでも健康オタクの人々に腎臓がおかしくなるぐらいニガリを消費させたり、スーパーの店頭から心太(ところてん)を一掃したり、食品業界にコエンザイムQ10特需をもたらしたという「前科」がありますが、コーヒー豆も例外ではありませんでした。しかし、店主は言いました。「もう少しコーヒーのことを考えた内容にしてほしい」と。
店頭で売れているのは、ハワイコナとマンデリンだそうです。特にマンデリン。ハワイコナは高価なのでマンデリンに流れるのでしょうか。ここから先は説明臭くなるので店主の言葉をそのまま掲載します。
「マンデリンは浅煎りにするとまずくなる。中煎りか中深煎りにしないと味が出ない。カフェインと言う意味では浅煎りだと少し多いかもしれないけど、味が落ちるよ」
「少なくともコーヒー業界の関係者が番組に関わっていたなら、マンデリンで浅煎りを勧めることはないと思う。ゲストが実際にマンデリンを浅煎りで飲んでおいしいと言っていたけど、あれは中煎りか中深煎りを薄めて飲まされているんじゃないかな」
「成分だけでまずいコーヒーの飲み方をされるのは悲しい。ああいう番組に取り上げてもらって、これまでコーヒーを飲んでいなかった人がコーヒーに親しむ機会が増えるのは嬉しいことだけど、まずくなるような飲み方をして、コーヒーはまずいと思われるのが悲しい」
まあ、切実な声です。というわけでこの店主は月曜日以降、「マンデリンの浅煎りをくださーい」とやってくるおばちゃんに「中煎りか中深煎りのほうがおいしく、カフェインの量も驚くほど落ちない」ことを説明しているとのことでした。それを一人一人に説明しているのですから疲れるはずです。それでもわざわざ浅煎りを注文して買っていく人も少なくないようです。イメージとしては、虎柄のカーディガンを着て、下は黒のスパッツを履いたブルドッグ顔に金縁の大きなフレームのめがねをかけたおばちゃんが、世の中に何の不満があるのか分からないままふてくされながら買っていく感じでしょうか。
店内で豆を焼いてくれる店はそんなにないはずなので、多くは既製品を店頭で買うことになるでしょうが、マンデリンの浅煎りなんてものはほとんどないはずです。どうしてないのかは、推して知るべし、です。例えば世の中、多くの穀物や果物が酒に加工されて飲まれています。おそらく醸造酒を経て蒸留酒に進化していったのでしょうが、とうもろこしだけを原料にした酒に関しては蒸留酒であるバーボンしか残っていないのは何故でしょうか?恐らく不味かったからでしょう。
あるある大事典も番組開始当初は今のような健康オタク番組ではなく、「家具とかに小指のカドをぶつけると腹が立ちません?」「あるあるー!」というような日常のあるある現象を取り上げるだけのしょーもない番組だったと記憶しています。それが何故淘汰されたのか?これも浅煎りマンデリンと同じです。

というわけで浅煎りコーヒーの話はここで終わりのはずだったのですが、つい浅煎りということで万博のプレビューで飲まされた劇的にまずいアラビアコーヒーについて切り出したところ、同じ香料系のトルココーヒーから何故かアメリカンに話が飛びました。これも説明臭くなるのでそのまま掲載。
「アメリカンコーヒーってね、日本でも少し前まで薄いコーヒーって言うイメージがあったけどね、昔のアメリカは豆を量り売りしていたから、浅煎りにするほうが重くて高く売れたんだ(煎った分だけ水分が飛んで量が減るので)」
「だから、アメリカ人はずっと浅煎りのまずいコーヒーを飲まされていたんだけど、40年ぐらい前にコーヒー豆の消費が落ち込んできて、コーヒー業者が美味いコーヒーを提供しようと言うことでやっと中煎り、深煎りのコーヒーが飲まれるようになったんだ」
「その一つの流れがシアトルのコーヒーで、スターバックスもその一つ。あれはエスプレッソをベースにいろんなものを混ぜるんだけど、今度は本場、イタリアのエスプレッソより苦くなりすぎてヨーロッパの人にはウケが悪いんだ。スターバックスがヨーロッパに進出したくてもできない(未確認です)のはそういうわけ」

ふーん、なるほど。シアトルのコーヒーはミルク混ぜたり甘くしたりとかするからパンチのあるエスプレッソが必要だったんでしょう。考えてみればスターバックスなどが進出してきてから、泡だったコテコテのエスプレッソに出会ったような気がします。それまでは量の少ない濃い目のコーヒーという感じでしたし。特にこの手のエセ(?)エスプレッソはJR系のコーヒーショップや軽食屋で売られていましたね。スタバなんかのエスプレッソより薄いということは、これが本場なのでしょうか。

ちなみにエスプレッソで一番好きなのは、セガフレードのやつです。本当に苦い。スターバックスは甘めでちゃんと味わうとミルクのような風味があります。薄めなのはドトール。もしかしたらこれがイタリア系のエスプレッソなんですかね。奥が深いです。

|

« 概況(17年10月分) | Main | ティム・バートンのコープス・ブライド »

Comments

完璧に紅茶党だった両親に育てられ、朝食はトースト+チーズと卵料理と少しのサラダと果物と・・・日曜日の遅い朝は、ホットケーキと・・・必ずレモンティだった26年間・・・珈琲音痴な私が、頑張って珈琲を口にするようになったのは、何度目かの・・・もしかしたら初めての恋の頃・・・

G・・・と言うグループ名で一世を風靡したユニットの珈琲等のメンバーに恋焦がれ、ラジオを聴きながら、背伸びしながらムリクリ珈琲を口にした私・・・

分からないながら、「おいしいかも・・・」と思ったのが、深煎りのマンデリン・・・とは言いながら、ミルクもシュガーもたっぷり入れて飲む・・・と言う、珈琲党には「出ていけっ!」と言われるようなテイタラク・・・

いまでも、「それは、珈琲とは言わない!コーヒー牛乳である!」と言われるようなモノしかおいしいと思えない【ニセモノ】の私ですが、初々しかったあの頃の・・・私にとっての初恋の味はレモンでも金平糖でもなく、【マンデリン】なのであります・・・

そういえば・・・タバコを覚えたのも、彼のせいだなあ・・・

お酒は・・・父のせい・・・何しろ、小4で、ビール・・・晩酌の相手だもんなあ・・・あの、堅物の父が、よく許したものです・・・
余程、息子が欲しかったのですね。

話がそれましたが・・・珈琲話に、胸キュンになったワタクシでした・・・

Posted by: REE | November 04, 2005 at 12:04 AM

胸キュン…ブロガー冥利につきます。

既出ですが、うちの親は2番目は絶対に娘が欲しかったらしく、事前に赤系の服を揃えて願をかけたものの産まれたのは男の子…このわたくしめでした。

最初のコーヒーは、地元のモニカっちゅう喫茶店のマスターにすすめられてからでした。若い頃のぴんから兄弟の片割れのような雰囲気の人でした。最初は苦くて死にそうでしたが「慣れると苦さの中に甘みを感じるようになる」と言われて現在に至ります。

Posted by: yuworldmaster | November 04, 2005 at 07:44 PM

ふうむ・・・

そう言えば、父は、2番目(つまり、ワタクシですね)が授かった時、男の子の名前ばかりを考えていて、「女の子です」と言われ、8センチくらい、肩が下がったようです・・・仕方なく、「東京大祭典」とやらがひらかれた年の娘。。。と言うことで、戸籍に残る今の名前を急遽付けたそうです・・・

後年、母が二人の娘を連れて「占い師」の所へ行った時、下の娘(つまりはワタクシですね・・・くどいですが)が「完璧な息子運です・・・将来、お母さんは、長男の様に頼りにするでしょう・・・」何ぞと言われ、母の目が点になっておりました・・・ハズレか? いや。。。ある意味、必要以上に頼って来る!

珈琲の甘さ・・・しばらく我慢して、ノンシュガーで頑張ってみましょうか・・・

ところで・・・「モニカ」のマスターはぴんから兄弟の、どちら似だったのですか?

弾く真似だけしていたギター抱えたお兄ちゃん?それとも、典型的な搾り出し唄いの弟さん?


あ・・・兄と弟と言えば、「占い師」の言葉・・・もうひとつ思い出しました。

「このお嬢さんは、長男に嫁ぎますが、その両親とは一緒に暮らさないでしょう・・・」

今のところ、当たっています・・・

Posted by: REE | November 04, 2005 at 09:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/6827217

Listed below are links to weblogs that reference あるコーヒー豆屋の叫び:

« 概況(17年10月分) | Main | ティム・バートンのコープス・ブライド »