« 御礼 | Main | 微妙な線 »

August 24, 2005

スリッパ甲子園

駒大苫小牧で不祥事が起きました。簡単に言えば、野球部長が部員をスリッパで叩いて優勝がフイになる可能性が出てきたということですが、やたらと不祥事、不祥事と騒ぐのに少し違和感を覚えます。
先日、明徳義塾が甲子園出場を辞退したのもほぼ同様の件です。双方とも父兄から問題を指摘されたものの隠蔽し、後になってチクられたことがきっかけとなっています。体罰を肯定するわけではないですが、本来、根性の塊のような野球部では、往々にして体罰が絡んでいたはずです。同一の大会で2つの問題が出てくるぐらいですから、部員同士の暴力行為も含め、恐らく、これまで隠蔽されて闇に葬られた問題も多かったのかもしれません。
これまでも部員の喫煙などで出場停止になるケースはありましたが、最近の問題は「情報が抑えられなくなっている」という背景があるようです。「情報が抑えられなく」したのは、ずばりIT社会です。掲示板で企業の様々な問題が暴露されたように、情報操作が出来にくい社会になっているようです。例えば、野球部員が部長にスリッパで叩かれて、親に泣きついた手段は携帯電話であることが想像できます。これも一昔前なら、公衆電話に立つまでの距離と行動力が必要ですから、現在に比べ何段もハードルが高いことになります。今のガキは好きな子に電話をする時にダイレクトに携帯電話にかけられることに似ています。言い辛い時はメールという手段もありますし。このように情報の流通経路は多岐にわたり、流れるスピードも速くなっていることが分かります。
第2に、親が野球部と子供に何を求めているかという、考え方の変化が推測出来ます。かつて、子供に野球をさせる親は、子供に根性や忍耐力をつけてもらいたいという側面があったはずですが、明らかに変質してきているようです。あたかもクラブ活動の一つのように。仲良しクラブで野球をして、あわよくばイチローのように大金を稼ぎ出してくれるとでも思っているかのように。
以前は、練習や指導者の厳しさに泣きついて来た子を逆に叱る親が多かったはずです。うさぎ跳びや練習中水を飲ませないなど非科学的な忍耐力の植え付けは別として、親が求めるものは変質し、その子が持っている基礎的な忍耐力も低下してきているのかもしれません。加えて、私立高校を中心にして、過剰に部活に力を入れることも問題視する必要があるのかもしれません。一つは、少子化を前に生き残りをかけた知名度、偏差値の獲得です。野球部、ブラスバンド、チアリーディングなどを強化すると、それで知名度が上がり、受験生が増え、偏差値も上がります。
最近の傾向は、競争率の低い地方の私立高校が全国から有望な生徒を集め、いとも簡単に甲子園出場を決めるケースが増えているような気がします。今大会もベスト8に残った8校は、記憶違いでなければ県立1、市立1、私立6。駒大苫小牧も北海道出身者で構成された昨年とは違い、道外の選手が優勝の原動力となっています。このように最近の高校野球は、あちこちでミニジャイアンツばかりが誕生し、満足な資金も揃わない公立高校が根性と奇跡を信じて立ち向かうといういびつな構図で成り立っています。高校生は清純で虫一匹殺さずオナニーすらしないとでもいわんばかりの頭ガチガチな高野連がもし、優勝旗を返還させるのなら、断固たる対応と引き換えにこの問題に対して何らかの解決策を示すべきでしょう。

|

« 御礼 | Main | 微妙な線 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/5606487

Listed below are links to weblogs that reference スリッパ甲子園:

« 御礼 | Main | 微妙な線 »