« イン・ザ・プール | Main | 概況(17年6月分) »

June 27, 2005

栄枯盛衰・伝え逃げ

先日、ふと、ゆりかもめのテレコムセンターで下車しました。久々にグリーンマルシェに行こうと思っていると…造成中でした。実は、今年の3月に人知れず閉館していました。
gmodaiba2

ホームページにも閉館の旨が記載されていますが、今のところ、ロゴをクリックすると閉館前の状態になります。

そのなかから閉館までの経緯を探ると…

04.12.10 PM 1:00
グランドオープン !
記念イベント開催

05.01.22
CSフジテレビ739で
グリーンマルシェが紹介されました。

05.02.11
北海道ラーメンの
マルシェらーめんOPEN

05.03.10
日本テレビ "汐留スタイル"で
グリーンマルシェが紹介されました。
3月10日発売 "じゃらん増刊号
春の子供が喜ぶ!家族旅行"で
紹介されました。

05.03.17
買取業務を一時お休みさせて
いただきます。
ご迷惑をお掛けしますが、
よろしくお願いいたします。

昨年7月にオープンして、11月に改装、12月に何故かグランドオープンをしたことになっています。ただ、今年に入り店舗の撤退が目立ち、テレビ局の取材攻勢による集客効果の甲斐もなく、閉鎖しました。3月には一時的に買取業務を中止したものの、直前までキャンペーンを行っていたりとか、経営者が建て直しに奔走していたことがうかがえます。

かくして昨年7月以降、お台場のキー局をはじめ、テレビ局が相次いで取り上げ注目されたグリーンマルシェは、3月に閉館しました。一方、その惨状を見た同じ日の夕方、テレビでは8割引の店、激安の店などが紹介していました。メディアの都合のいい時だけ群がって「伝え逃げ」る姿勢をあらためて垣間見ることで、栄枯盛衰の厳しさが伺える一日でした。

グリーンマルシェの立地条件は、当初から疑問に思っていました。供給路がないからです。質流れでも古本でもビデオでも、リサイクルショップは商品が命。つまり買取です。リサイクルショップがオープン後だけ勢いがあるように見えるのは、品揃えがいいから。その後は買取によって店を維持していく必要があるのですが、ここの部分が弱いと、売る物の魅力がなくなってしまいます。かくして潰れたリサイクルショップの品は、別の店に流れ、その店は他の店から入ってきた商品も加えてオープンします。つまり、良質の買取が行われなければ、2コ1で商品を補充していっているわけですから、どこかにひずみが出ることになります。

最大の疑問は、わざわざお台場に物を売りに行くか?ということになります。もちろん、中に入っている店舗は、他の場所で店を出している場合も多いので、そこから供給することも出来ますが、やはり限界があります。オープン当初、「安いから交通費がかかっても来ます」「温泉がてら来ます」とニコニコしていたマダムたちの顔が浮かびますが、これらの層のハートをがっちりと確保することなく、グリーンマルシェは短い命を終えたことになります。

何度目かの再起をかけた社長はまた、次の再起をかけなければならず、夫婦揃って付け焼刃の屋台でバックアップしようとしていた社長の息子もまた、路頭に迷っているのかもしれません。大江戸温泉物語がいぜんとして健在なことを考えると、生き残る残らないは、「そこにある意味があったかどうか」ということになります。いかに泉質が疑問視されようが、都内に数少ない温泉施設であることは間違いないので、こちらは交通が不便であろうとも、そこにある必要は充分にあります。

グリーンマルシェは、田舎の自治体のコンサートホールや博物館のようなものだったのかもしれません。「とりあえず作っとけ」と。例えば、買取業務がしっかりしていないと、一年に一度しか定期船のない島に、とりあえず映画館でも作ってみるかぐらいのノリです。買取がしっかりしていないと、一年も同じ映画を観させられるわけですから、客も飽きるわけです。

こういう感じで後からは何とでも言えますが、経営者方々のチャレンジ精神は評価すべきかもしれません。場合によっては「当たる」可能性もあったわけですから。

ちなみに、旧DiaryXXXでも昨年7月、オープン当初のグリーンマルシェについて分析しています。当時の写真も加えて転載してみました。まあ、その頃からコケにしているようですが…。

2004/7/28(Wed)

お台場に行ったついでに先日オープンしたリサイクルモール「グリーンマルシェ」に行った。グリーン…というピンとこない名称も微妙なのだが、存在自体も微妙だった。
正式にはリサイクルモールではなくて、リサイクルコンプレックスというらしい。シネコンのコンからきていると思われるが、何だか「モノを捨てられない症候群」みたいでネガティブな響き。
お台場の新名所といわれるが、お台場ではない。青海。青梅ではない。ここにあってお台場というのは、東京ディズニーランドが千葉にあるというのと同じ。やや看板に偽りあり、である。

グリーンマルシェ。まず、立地が良くない。青海埠頭の手前、住宅地の寂れた公園のような場所にある。ということは、人々の動線上にないということになる。外観は、アルミのビニールハウスのような棟がいくつか並んでいるが、露店のように立ち並ぶ飲食店も動線上になかった。店の後ろをすり抜ける妙なスペースもあるし、全く通路を向いていない店もあった。みすみす客を逃している感じだ。
扱っている商品も微妙にかぶっていた。棟と棟を移動しながら商品を物色することになるのだが、一筆書きで進めないのだ。極めつけは一番奥の棟でラッセンの展示即売(入場料を取るようだ)をやっていて、それが出入口をふさいでいて(入場者は出入りできる)客は来た道を戻ることになる。
今さらラッセンという気もするし、エウリアンの増殖で地に落ちたリトグラフというものを買う人は今さらいるのかと思うが、そういう疑問を掻き消すぐらいここの動線はひどい。
オープン時はテレビで一斉に取り上げられたが、「お台場にわざわざ売りに来るか」という指摘もあった。確かにその通りだ。有名店も入っていない。源泉たった一本で奇跡の営業を行う大江戸温泉物語の客もそんなに金を落とすとは思えない。
客を増やすには買取とブランド品の品揃えを充実させて、ご婦人方のハエ取り紙にする必要があるのだが、わざわざ遠くまで来るようなメリットがないときついだろう。新橋からゆりかもめに乗るのなら有楽町のコメ兵に行けばよい。宝塚払い下げの場所で後発のこの店は宿主のソフマップを駆逐する勢い。
それでもグリーンマルシェの発展を願って止まないが、このモールで異色を放つフォーミュラニッポンRQの店の動向がこのモールの発展退廃の指標になるだろう。この店がなくなれば…だし、充実してくればモールは着実に発展していると判断することが出来るだろう。ちなみに、リサイクル本の量は結構多いが、品揃えが中途半端。経営者は本好きでないのかもしれない。
gmodaiba

|

« イン・ザ・プール | Main | 概況(17年6月分) »

Comments

I was suggested this website by my cousin. I am not sure whether this post is written by him as nobody else know such detailed about my problem. You're amazing! Thanks!

Posted by: best dating sites | January 24, 2015 at 12:34 AM

Why visitors still use to read news papers when in this technological globe everything is existing on web?

Posted by: fotos de mujeres bellas | January 28, 2015 at 12:49 PM

I'll right away snatch your rss as I can not in finding your email subscription link or newsletter service. Do you've any? Please let me recognize so that I may subscribe. Thanks.

Posted by: free music downloads for phones samsung | February 06, 2015 at 07:51 PM

I go to see day-to-day some sites and sites to read posts, except this web site offers feature based articles.

Posted by: http://tiny.cc/mujeres-hermosas | February 07, 2015 at 06:35 AM

Hello, I enjoy reading all of your article. I like to write a little comment to support you. quest bars 3te5r1upyli0w

Posted by: quest bars | June 17, 2015 at 11:11 AM

I really like your blog.. very nice colors & theme. Did you make this website yourself or did you hire someone to do it for you? Plz answer back as I'm looking to design my own blog and would like to know where u got this from. thank you

Posted by: best texas culture | October 19, 2015 at 09:31 PM

Hi there colleagues, how is everything, and what you wish for to say about this post, in my view its really awesome in support of me.

Posted by: what does seo mean in marketing | October 22, 2015 at 05:30 AM

Attractive section of content. I just stumbled upon your website and in accession capital to assert that I acquire in fact enjoyed account your blog posts. Anyway I will be subscribing to your augment and even I achievement you access consistently fast.

Posted by: PUKIMAK | October 22, 2015 at 09:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/4649373

Listed below are links to weblogs that reference 栄枯盛衰・伝え逃げ:

« イン・ザ・プール | Main | 概況(17年6月分) »