« ネットのチカラ2 | Main | ネーミングと偏見 »

April 11, 2005

波紋その後

先日取り上げた、盗撮ツアー報道に対する批判は、あまり波紋が広がらなかったようです(実は、ワイドショー的な要素の高い夕方のニュースでも放送していたようです)。盗撮犯を毛嫌いする視聴者の感情が「おかしい」と感じさせなかったのか、はたまた僕の感覚がおかしいのか。多くの人の意見が集まる2ちゃんねるの書き込みも探しましたが「そういうのはワイドショーでやれ」という一文ぐらい。この問題をとりあげたブログも少なかったようです。

もし、盗撮犯を毛嫌いする視聴者の感情が「おかしい」と感じさせなかったとするならば、問題視するべきでしょう。話は少し逸れますが、秋葉原では、オタクが銃刀法違反で逮捕されるケースが結構あるようです。もちろん、彼らが日本刀やライフルを引き摺って歩いているわけではなく、グッズなどの梱包を解くためのカッターやハサミを持っているだけで逮捕するという状況です。一部でいわれる「オタク狩り」です。日本が世界に誇ることが出来る数少ないアニメやマンガなどのコンテンツ産業を支えているといっても過言ではないオタクの人々は、個人的にもっと大事にされるべきだと思うのですが、一般市民からは毛嫌いされています。電車男で少しイメージが上がったかといえば、そうでもないようです。ましてや映画化していじってしまうことでリアルなオタクというイメージからさらに乖離してしまいます。テレビなどで面白おかしく題材にしてしまうのもネガティブなイメージの固定に大きく作用したといえるでしょう。これはあくまで推測ですが、警察にとってオタクの人々を網にかけるということは、世間から批判を受けることなく点数稼ぎをすることが出来る、おいしい手法ということになるかもしれません。

これは、歩きタバコ禁止条例を作って繁華街を囲み、最初だけサラリーマンやOLに罰金を払わせて、親方のいる霞ヶ関は取り締まりエリアにすらしない東京都某区の穴だらけ条例や、選挙の時だけ郵政民営化に賛成しながら、今さらになって反対する国会議員連中のようです。民営化の内容はともかく、前回の選挙時に明確に郵政民営化に対して考えを示さなかった卑怯者も同罪。選挙区の人々は、自分が選んだ議員が選挙時と現時点で違った行動をしていないか注視すべきだといえるでしょう。例えば、愛知万博反対を掲げて当選して、ひょいと別の政党に移った途端に賛成するメチャクチャなおばちゃん議員のように。日本だけなのか、選挙に対する投票は、政党は政策、議員は別という不可解な投票が目立ちます。政党としては莫大な票を集める民主党がいざ選挙区で戦うと役人上がりとか誰かの子供という政策や才能を無視したような候補者にあっけなく負けてしまうのがいい例です。この一貫しない行動が与党と官僚によるタッグを強固なものとした挙げ句、安易な増税、年金支給水準引き下げに繋がったともいえるでしょう。ちなみに、分煙が一般化しているオフィスにあって、最も分煙対策が遅れた場所の一つが官庁の記者クラブだったというのは皮肉なものです。張り紙無視。通達無視。ストレスがたまるからというのは言い訳。自分のことを棚にあげて利権を守る社会の縮図が記者クラブには沢山つまっています。ふふ。

オタクと盗撮犯は、一般庶民からは毛嫌いされる存在でもあります。盗撮犯は毛嫌いどころではありませんし、盗撮犯と比べてしまうこと自体オタクの方々に失礼だと思うのですが、警察官の点数稼ぎともとれるオタク逮捕と人目を引けば姑息な取材をしようが何でもアリ、という姿勢がどこか似ているような気がしたからです。盗撮ツアーの取材が「犯罪者相手なら何をやってもいい」という風潮に乗って行われたのなら、問題です。テーマではなく、取材方法が問題。昨年夏には、確かワイドショー(たぶん同じ放送局です)で海水浴場で盗撮する男たちの行動を隠し撮りして警備員に逮捕させるという同様の手法がこれまたスクープのように報じられていました。これは「盗撮の盗撮は犯罪ではないか」と批判が多かったようです。あ、今回の手法も全く同じですね。ネットを通じて犯人をおびき出したという点では今回のほうが悪質です。

書いているうちに脳に乳酸がたまってきたので今日はこのへんで。後日、今日の日記から派生した「ネーミングと偏見」「番組作りとお笑いの共通点」について考えます。何と高尚な。
sakurasaku

|

« ネットのチカラ2 | Main | ネーミングと偏見 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/3625633

Listed below are links to weblogs that reference 波紋その後:

« ネットのチカラ2 | Main | ネーミングと偏見 »