« 真夜中の弥次さん喜多さん | Main | キャビン・フィーバー »

April 26, 2005

観る側のエゴ

現在、退屈な会議中に更新作業を行っています。突貫工事です。突貫工事には訳があります。どうしても早い段階で更新しなければならないからです。

JR福知山線でいたましい事故が起きました。実は、この事件で日記の更新スケジュールも少し狂っています。本日公開予定だったCinemaX「キャビン・フィーバー」は明日か明後日に延期、交通博物館の見学記はもう少し先になりそうです。折りしも仕事中の暇にかまけて、残虐シーンが繰り広げられる映画と鉄道を主に扱う博物館を観たばかりでした。テレビ局は、鉄道を題材に扱う番組を延期したりしていますが、過剰な気遣いは逆効果な気もします。
マスメディアは、事故後、時間が経過するごとに事故関係者を傷つけていっています。被害者を捕まえて事故の状況を質問していますが、なかにはふるえる口でコメントする被害者もいます。コメントを無理強いするのは事故の体験を再び思い起こさせたりすることにもなりますし、遺族や家族にコメントを求めるのは彼らの心の傷をさらに深く抉ることになりかねません。「特にコメントすることはありません」という被害者遺族にさらに質問を浴びせる記者達。そんな残酷なことをしておいて、暫く経って「被害者に心の傷」とか「PTSDの兆候」などと報じる訳です。少なからず心の傷に少なからず塩を塗っているのは自分たちだというのに。一種のマッチポンプです。
こういう時にマスメディアが行うべきことは、事故の原因のあらゆる可能性を探ることです。警察や関係省庁も原因調査に乗り出すでしょうが、やはり限界はあります。こういう時こそマスメディアの強さを活かして学識者や経験者などの意見を集めたり、過去の事故との関連性などを徹底的に探るべきだと思います。各社にはそれだけのライブラリーがあるでしょうし。
忘れてはならないのは、被害者の視点です。事故の悲惨さばかりを報じるばかりでなく、被害者やその家族の立場に立った報道を行ってもらいたいものです。事故で引き裂かれた家族の悲劇やレスキュー隊の武勇伝などは、涙や感動を誘い話題にはなるでしょうが、それは「観る側のエゴ」であることを忘れてはなりません。

|

« 真夜中の弥次さん喜多さん | Main | キャビン・フィーバー »

Comments

Simply desire to say your article is as astonishing. The clearness on your post is just great and that i can suppose you are a professional in this subject. Fine with your permission allow me to grab your RSS feed to keep up to date with drawing close post. Thanks 1,000,000 and please continue the rewarding work.

Posted by: free music downloads | April 03, 2015 at 10:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/3865933

Listed below are links to weblogs that reference 観る側のエゴ:

« 真夜中の弥次さん喜多さん | Main | キャビン・フィーバー »