« さよならではないけれど | Main | アビエイター »

March 26, 2005

視線はどこに

ライブドア×ニッポン放送×フジテレビの構図にソフトバンクなんとかという会社が参入してきました。元証券マンのこの社長は、言っていることはもっともなんですが、インターネットを利用したコンテンツ強化云々というのは、まさしく堀江氏が言っていたことそのままのような気がします。それをフジテレビが承諾したとするならば、かなり矛盾するような感じもします。これも「大人の解決」なんでしょうか。
新聞記事やニュースには「ホワイトナイト」「パックマンディフェンス」「クラウンジュエル」など俗語だか専門用語だか区別の付かない単語が飛び交っています。これを会見の席上で記者が「ホワイトナイトになるつもりですか」「パックマンディフェンスの予定は」など、この間まで知りもしなかったような単語を「当然、知っていましたよ」とばかりに臆面もなく聞くのはどこか滑稽です。まるで、Jリーグ発足時にこれまで日本リーグなど見向きもしなかった連中が、必死にチーム名を羅列している姿に似ています。はたまた某経済紙の論評をそのまま受け売りしているくせに、ずっと温めてきた持論のように部下に切々と説くダメ上司みたいです。「ニッポン放送問題はリトマス試験紙」という見方があります。堀江氏のやり口について、年代や職種によって賛同できるか否かが分かれるということです。ただ、どちらの側も賛同者も堀江氏を毛嫌いするか、権力を毛嫌いする人が大半なのが気になりますが。

タモリや中島みゆきらが、ライブドアが買収したのなら、ニッポン放送の番組に出演しないとことを表明したようですが、これには幻滅しました。亀淵社長が現場にいた頃に仕事をともにしたとか、ニッポン放送が苦しい時を救ってくれたという言い分は分かりますが、会社や経営者を見て、聴取者のことをまったく考えていない論理です。買収により現場の士気は下がるかもしれませんが、スタッフが変わるわけではありません。世間に影響力の大きい芸能人がこうした考えを表明することは問題なような気がします。違法はでないが、一種の脅迫みたいなものです。スポンサーが降りる云々の話も同じ。結局は一般庶民ではなく、権力や経営者に目を向けていることになります。CMは一般庶民に自社製品などをPRすることが目的なはずなのに、結局は視聴率や聴取率など数字でしか評価していないことは今に始まったことではありませんが。ラジオに出続けることを表明したナインティナインのほうが男前です。ただ、当たり前のことをわざわざメディアが書きたてる必要はないと思いますが。
hogosyoku

|

« さよならではないけれど | Main | アビエイター »

Comments

Please let me know if you're looking for a article writer for your weblog. You have some really great posts and I think I would be a good asset. If you ever want to take some of the load off, I'd love to write some material for your blog in exchange for a link back to mine. Please send me an e-mail if interested. Thank you!

Posted by: download free music download free music | February 26, 2015 at 10:36 PM

I have read so many content about the blogger lovers but this paragraph is really a nice paragraph, keep it up.

Posted by: quest bars cheap | March 21, 2015 at 08:35 AM

That is really attention-grabbing, You're an overly skilled blogger. I've joined your rss feed and look forward to seeking extra of your wonderful post. Also, I have shared your site in my social networks

Posted by: Www Las Mujeres Mas Hermosas Del Mundo | April 08, 2015 at 08:49 AM

It's very easy to find out any topic on web as compared to textbooks, as I found this piece of writing at this site.

Posted by: Coconut Oil | August 29, 2015 at 02:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/3383134

Listed below are links to weblogs that reference 視線はどこに:

« さよならではないけれど | Main | アビエイター »