« タイミング | Main | 私的ラーメン論 »

January 29, 2005

私的アナウンサー論

これも、2、3日前に更新予定だったものです。

今日、通勤電車でふと隣を見るとチノパンらしき人が
座っていました。本人だとすれば、地味~な雰囲気。
ルーキー(?)の頃は脚光を浴びた感もありますが
その後は語呂もクソもないアヤパンに番組を奪われて
すっかり影が薄れていました。それにしてもテレビの
中の人を実際に見ると、予想以上に小さいか、物凄く
デカいかのどちらかですね。地下鉄で見かけた日テレ
の真山さんは小さな小さなおじさんでした。
ところで最近、朝観る番組が変わりました。ここ数年
はめざましテレビ一辺倒だったのがTBSのウオッチに。
綾小路きみまろのようなスタイルはどうかと思いますが
ラ・サール石井の小気味いいコメントが心地良いです。
新人の小林(姉)がカミまくるとチャンネルを変えたく
なりますが、喋くりの上手い土井アナと中堅どころに
なって安定さを増してきた用稲アナは観ていて安心感
があります。TBSは実力派の男性アナに比べ、女性
アナはとらえどころのない人が多く、新人の頃はチヤ
ホヤされてもすぐに辞めてしまったり番組紹介や深夜
早朝など過酷な時間帯の番組に飛ばされてしまうこと
が多いような気がします。気のせいか、傾向と細面の
人はすぐに辞めて、丸っこい顔の人ばかり残っている
ような感じもしますが。中堅どころといえば、テレビ朝日
にはいい女性アナが沢山います。ちょこっとした番組に
ひょひょっと引っ張ってこれそうな人たちが(貧弱な表現
ですみません)揃っています。ホームページを見れば
分かるように、新人もベテランも同じような雰囲気が
します。見てみると、主力は98~00年入社に移って
きているような気がしますが、一方で92~93入社の
3人をはじめとするベテラン組も安定感があります。
バラエティにもニュースにもつぶしがきく人が多いという
ことは、それだけ頭の回転の早い人を揃えているから
ともいえます。他局にはニュースが全く読めないアナ
ウンサーも沢山いる中で、これは高く評価できます。

<補足>
ラ・サール石井は、次の改編で夕方に移動することが
決まったようです。ニュースによると彼のコメントが評価
されているようです。朝の番組のチャンネルを変えた僕
の行動も大勢の視聴者の大きな流れの中にあったこと
が分かります。夕方のニュース番組はバラエティ性も
強く週・月単位で各局の番組を見ていると、例えば特集
は同じようなネタを、各局が時期をずらして放送している
だけだったりします。ちなみに『ラ・サール石井は“下町
のおじさん”のように身近な存在で」というコンセプト。
これって両津勘吉のことですか?

|

« タイミング | Main | 私的ラーメン論 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/2734820

Listed below are links to weblogs that reference 私的アナウンサー論:

« タイミング | Main | 私的ラーメン論 »