« ことば・文字・イメージ | Main | 笑えないS・Report »

December 13, 2004

私的ゲーム論

PSPが発売されました。前日の11日は秋葉原に
いたのですが、既に行列が出来ていました。テレビ局
は新宿に集中したようですが、取材するのならやはり
秋葉原でしょう。先日は、ニンテンドーDSが発売。
発売日は「予約外の発売分は間もなく売り切れる見込
みです」と景気のいい声を聞くことが出来ましたが
今も簡単に手に入れることが出来ます。以前のように
たかがゲーム一機種で長蛇の列が出来るという時代で
はないのかもしれません。
ファミコンが爆発的にブームした頃、子供がゲームを
するには、ゲームセンターのビデオゲームか、ファミ
コンなどのテレホビー機、パソコンを買う方法があり
ました。これは、今も変わりませんが、テレホビーは
機種も少なく、パソコンは高価過ぎてユーザー層は
限られていましたから、今のような過当競争は発生し
得なかったことになります。ゲームセンターに出入り
するのは「不良」でしたから、ゲームに飢えていた
子供たちはテレホビーに集中し、いわゆるクソゲーも
売れまくるわけです。エポック社やセガがゲーム機を
出していましたが、ソフトの企画力とサードパーティ
の多さから実質的に任天堂の圧勝でした。

テレホビー機戦争といえば、PSXやゲームキューブ
Xboxの三つ巴が注目されましたが、意外にパッと
しませんでした。パソコンも含めて家庭でゲームを
する手段が増えていること、父兄などが以前のように
ゲームセンターを目の敵にしなくなったことなども
あげられるでしょう。彼らもゲーム世代ですから。
さて、今回のPSPとニンテンドーDSによる携帯
ゲーム機戦争を勝手ながら分析してみましょう。
なお、僕はPCエンジン以降、ゲームを所有したこと
がありません(ニューファミコンは買いました)し
例えば、ファイナルファンタジーシリーズを一度も
プレイしたことがないなどゲームを評価する資格が
ないと言われる方もいらっしゃるかもしれませんが
ここは個人的見解ということで、参考までに。

PSP…携帯電話SO505を思わせるフォルム。
これがソニーの最近のスタイルなのでしょうか。
描画に特に力を入れたらしく大きな液晶が特徴です。
映像や音楽を楽しむことが出来るとのことですが
あてにしないほうがいいと思います。SO505is
もそうですが、映像や音楽を見るには専用の録画機
とかSONICSTAGEが必要です。これで「TV
を観ることが出来る」とPRするのは詐欺としか思え
ませんが、SONICSTAGEも新しいバージョン
だとメモリースティックに書き込めなかったりと商品
戦略がちぐはぐ。使い勝手はSO502WMより遥か
に劣ります。ソニーは、CDのコピー防止策に力を
入れて以降、今までの路線を180度転換するような
戦略でユーザーを混乱させました。CCCD撤退以降
どのように方向転換するのかは分かりませんが音楽
を聴きたいのなら、他社の携帯電話やⅰPodを買う
のが賢明でしょう。ゲームをやる上でのハードの機能
は申し分ないので、あとはソフトの問題です。今後は
PS、PS2、PSP向けのソフト開発が必要です。
技術的に移植は問題ないのでしょうが、これがソニー
得意の旧ユーザーの切捨てにならないことを祈ります。

PSPは基本的にモニターのついたPS、PS2と
いった感じです。ソフトはこれまでに発売された多く
のラインナップがありますが、一度プレイしたソフト
をユーザーが買うかどうか。やはり通信機能などの
PSPならではの機能を利用したソフト開発が必要に
なるでしょう。ゲームギア、PCエンジンGTなど
家庭用テレホビー機の携帯版のようなゲーム機は
少し趣きの違うゲームボーイを除いてあまり振るわな
かった印象が強いです。単にゲームを外に持ち出す
だけのコンセプトなら、PSPも同じ道を辿りかね
ないような気がします。

ニンテンドーDS…ゲームウォッチマルチビジョンの
ようなフォルム。ペンタブレットのような機能と2つ
のタブレットは、ソフトの開発やユーザーのプレイ
環境を大きく変化します。空振りになると目もあて
られませんが、傑作を生み出す可能性も秘めています。
ソフトスロット型の携帯ゲーム機は、ゲームボーイ
シリーズを除きあまりヒットしなかったような機が
します。ヒットの要因は、機能を重視しなかったこと
にあるのかもしれません。ゲームボーイは、特に
その頃発売されていたゲーム機の最高スペックでは
ありませんでした。性能やデザインが極めてシンプル
なのはファミコンに通じるものがあります。必然的に
ソフトの力に委ねることになりますが、かつてファミ
コンを大ブレイクさせるきっかけとなったスーパー
マリオブラザースと同じようにポケットモンスターが
大きな牽引役となりました。開発に数年を要したと
いわれるポケモンは、口コミでブレイクしました。
これは、スーパーマリオも同じ。鳴り物入りで発売
されるビデオゲームの移植版(ナムコ、コナミなど)
とは違い、地味に発売され、後に伝説のソフトと賞賛
されるようなゲームは任天堂が得意としていました。
よく、クソゲー、クソゲーといわれますが、本当に
クソゲーを連発して価値が暴落した「アタリショック」
を防ぐために任天堂がサードパーティに対して徹底的
にソフト開発の管理をしていたことは有名です。
クソゲーの代表格は「いっき」「スーパーアラビアン」
「燃えろ!プロ野球」などがあります。確かにひどい
ゲームでしたが、実際に発売されたわけですから
これは任天堂が認めるレベル以上のソフトということ
になります。考えてみれば、後からクソゲーという
称号を得たまでのことで、僕の周囲でも発売日には
誰かしらが購入し、先を争って貸し借りしていました。

ニンテンドーDSは、PSPに比べ画像は劣ります。
性能は格段に違いますが、DSを見ると、地味なモノ
クロ画面だった初代ゲームボーイや、遥か前のゲーム
ウォッチを思い出させます。ゲームボーイはその後
機能が段々と充実していきましたが、DSは原点に
立ち帰ったような印象です。ハードの機能にこだわる
路線に反発していたという故横井軍平氏の思いが感じ
られます。言うまでもありませんが、横井氏は任天堂
で様々なヒットを飛ばした人物。バーチャルボーイは
微妙でしたが、ドンキーコング、ゲームボーイなどを
開発しました。その後退社し、地味な携帯ゲーム機
ワイルドスワンを開発しましたが、完成品を見ること
なく志半ばで事故死。遺志を組んで最初のソフトは
グンペイと名づけられました。主を失ったワンダー
スワンはその後大苦戦しましたが、横井氏が存命なら
携帯ゲーム機の流れも大きく変わっていたのかもしれ
ないと思うと残念でなりません。
「枯れた技術の水平思考」は彼の言葉です。決して
最先端の技術を集めたわけではないDSは、この考え
が見事に当てはまります。綺麗な画面やサウンドなど
様々な機能を捨て、2画面という奇妙な特徴を持った
携帯ゲーム機は、その特徴を生かした知恵と工夫が
今後の浮沈のカギを握っているといえるでしょう。

tokyoyukei

|

« ことば・文字・イメージ | Main | 笑えないS・Report »

Comments

Thank you for the auspicious writeup. It in reality used to be a amusement account it. Glance advanced to more added agreeable from you! By the way, how can we keep up a correspondence?

Posted by: Hollie | May 06, 2014 at 10:35 PM

Hi there, of course this paragraph is actually fastidious and I have learned lot of things from it concerning blogging. thanks.

Posted by: Dakota | May 09, 2014 at 06:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/2246050

Listed below are links to weblogs that reference 私的ゲーム論:

« ことば・文字・イメージ | Main | 笑えないS・Report »