« どっちもどっち | Main | ソウ »

November 03, 2004

地震、人質、自衛隊

新潟県中越地震、今は孤立地帯の取材がブームのよう
です。避難生活を余儀なくされている人たちが今、何を
求めているかを伝えるのは重要ですが、なかにはプライ
ベートにまで立ち入ったような報道もあります。被災地は
テーマパークではないのですから、その辺は神経を使っ
てもらいたいものです。また、レスキュー隊員の勇気ある
行動にも感激しましたが、感動秘話としてお涙頂戴とばか
りに再編集して報じるのは時期尚早。ずーっと後にプロ
ジェクトⅩにでも取り上げるのが適当でしょう。

香田さんは、無残にも首を斬られていました。当初報じら
れた人とは全く別人だったということでしょうか。別人報道
は遺体を取り違えていたのかとも思いましたが。
何人も人質が殺害され、その度に遺族の悲しむ姿が報じ
られていますが、ある国ではファミリーを主張したり、ある
国では絶叫し、失神した家族に茶碗で水を飲ませたり。
この場で不適切ですが、国民性というものが感じられます。
香田さんの両親は、息子を殺されながらもイラクの平和を
祈り、騒がせた世間に謝罪し、関係各位に感謝のコメント
を出しています。多方面に気遣うあたりはいかにも日本的
といえます。こういう日本人を殺害して、犯人グループは
何が楽しいのでしょうか。彼らの行動は極悪非道の極み
であり、許すことができません。

自衛隊派遣の是非はここでは触れませんが、彼らは世界
でも規律正しい「軍隊」といえるでしょう。国内では元隊員
などがちょこちょこ犯罪が起きたりしますが、軍隊ではよく
あるという派遣先での強姦や略奪で問題になることはまず
ありません。新潟県中越地震では、風呂を作り被災者に
提供しています。洒落た暖簾なんか掛けているのをみると
どこかほほえましくさえ感じます。さて、そんな自衛隊も
知事の要請がなければ災害支援を行うことが出来ない
実情があるようです。知事が自衛隊そのものの存在を認
めないとかいう「程度」の問題で。それだけの地位の人が
多くの人命と天秤にかけて自らの思想を通そうとするのは、
本人以外誰もかっこいいとは思わないでしょう。
例えば、日本のために(?)大義名分をぶっ壊し、結果的
に旧社会党を崩壊させてしまった村山富市元首相のよう
な英断も時には必要だと思います。

|

« どっちもどっち | Main | ソウ »

Comments

そうだね。ほんとに、そう思う。
まぁ、日本はセンセーショナルな映像無しにニュースが語れない、平和な国なんだってことなんだけど。

Posted by: きち | November 03, 2004 at 11:05 AM

コメントありがとうございます。
なるほど日本は平和、安全が当たり前の国です。
良いことですし、世界に自慢すべきことですが、
いざという時にはどうしていいか分からなくなる。
痛し痒しです。

Posted by: yuworldmaster | November 03, 2004 at 01:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/1828453

Listed below are links to weblogs that reference 地震、人質、自衛隊:

« どっちもどっち | Main | ソウ »