« 概況(16年10月分) | Main | 地震、人質、自衛隊 »

November 02, 2004

どっちもどっち

「日本中の学校で国旗を揚げて、国歌を斉唱させるのが
わたしの仕事でございます」園遊会で調子をこいた米長
邦雄永世棋聖(東京都教員委員会委員)が天皇陛下の
前でのたまった言葉。おべんちゃらのようにも聞こえたが、
陛下からは「強制になるということでないことが望ましい
ですね」とたしなめともとれる言葉を頂戴してしまった。
それに対して米長氏は「素晴らしいお言葉を頂戴し感激
しております」みたいなことを言った。
…米長さん、脈絡ないでしょ、あなたの発言。
サッと発言を翻す姿は、まさに部下には無理難題を押し
付け、社長にはペコペコするダメな役員のようです。
そういう戦法は将棋には役立つんですかね。

僕が批判したいのは、日の丸を揚げる、揚げないでは
なく、彼が日本中の学校で国旗を揚げ「させる」、国歌を
斉唱「させる」と言ったこと。これは、頑なに日の丸・君が
代に反対して、生徒の愛国心を摘む一部教師の行動と
全く同じこと。東京都は都立の学校の卒業式などで日の
丸掲揚、国歌斉唱を求めているが、だからといってあなた
一個人が「させる」というべきではないと思います。
もし、そういう意気込みがあるのなら、天皇陛下のお言葉
に「そうはおっしゃいますが」と反論すべきだった。
ペコペコする姿からそういう根性はないと思いましたが。

Diaryでこれまで何度か触れたことですが、国旗・国歌に
ついては、個人それぞれで判断すべきことだと思います。
したがって、教育の場で国旗・国歌を取り扱うことは必要。
そういう場を奪うほうが罪だと思います。埼玉の某進学校
で以前、卒業式での国旗・国歌が問題となりましたが、
この件で生徒が持論を展開しながらやみくもに反対する
姿を見て、そういう思想を持つ親や教師に洗脳されている
ようにしか思えませんでした。賛成・反対は卒業してから
でも遅くはない。国旗・国歌に触れる機会を奪われた子供
たちがサッカーの日本代表が君が代を斉唱する姿を見て、
いったいどう思うんでしょうか。不思議な国です。

|

« 概況(16年10月分) | Main | 地震、人質、自衛隊 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/1828344

Listed below are links to weblogs that reference どっちもどっち:

« 概況(16年10月分) | Main | 地震、人質、自衛隊 »