« 世界に認められること | Main | 世論調査 »

October 03, 2004

RIMPA展

先日、RIMPA展というものに行ってみました。
東京国立近代美術館、今日まで。
リンパといっても東京国際フォーラムで二匹目のどじょうを
狙うあの展示にありそうなリンパ線ではなくて、尾形光琳を
はじめとする「琳派」です。RIMPAなんか書き方をすると
RAMPOみたいですね。ちなみに僕は両方見ましたが、
チャチな感じはすれど黛バージョンに軍配です。
奥山バージョンは派手なだけで自分のセンスだけを信じて
映画を作るのは金をかけた自主映画みたいな感じです。

さて、RIMPA展は平日の午前中だというのにごった返して
いました。特にお年寄りが多く、よそ見をしてゴチゴチぶつ
かってくるので不快です。男子トイレにもおばちゃんが
入っていますし。客寄せはあの風神雷神図屏風でしたが、
あとは意味が分かりませんでした。ウォーホルとか
外人画家の作品も琳派として引っ張り出す始末。
美術史にはとんと疎いので何ともいえませんが強引すぎや
しませんか?誰か教えてください。
さて、足早に作品を見て回ります。美術展の類は自分の
気に入ったものを見つければめっけものです。有名な
作品にはやはり気を引かれますが、どの作品も均等に
集中して見られるわけがありません。
こういう見方は間違っているのでしょうか?芸術に明るい
(と思う)とおせんぼの管理人はそれでいいと言って
くれましたが。僕が気に入ったのは、後半にある青い
朝顔の屏風でした。でも「これだ!」って感じでも
ありませんでした…がっ、発見しました。
常設展の「星をみる女性」(太田聴雨)戦前のでっかい絵
(なんと表現が貧弱な)なんですが、真ん中で望遠鏡を
覗く女性の眼差しを見ていると「何が見えるの?」と
問いたくなります。小一時間、じーっと眺めていました。
残念ながらミュージアムショップに絵葉書とかの類は
置いてありませんでした。人気があって品切れなのか、
絵葉書にするほどの作品ではないとみられているのか。
調べてみると、切手になっているみたいですので探して
買ってみようと思います。
RIMPA展、本日までですが、是非。

hoshi.jpg

|

« 世界に認められること | Main | 世論調査 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/1575419

Listed below are links to weblogs that reference RIMPA展:

« 世界に認められること | Main | 世論調査 »