« やり場のない怒り | Main | アホではない発言 »

October 28, 2004

いのち

新潟県中越地震にともなう土砂崩れに巻き込まれた
親子3人のうち、長男が救出されました。凄惨な現場は
数年前の豊平トンネルの崩落事故を思い起こさせます。
あの時も中に閉じ込められた方々の生存を祈りつつ、
一方で感じていた絶望感が現実のものになりました。
今回も恐らく、同じような感覚の方が多かったことと思い
ますが、長男が奇跡的に救出されました。その後の
東京消防庁ハイパーレスキュー隊を中心とした捜索隊の
危険もいとわず夜を徹した、言葉は変ですが「執拗」な
捜索は心を打たれるものがありました。残念ながら母親
と長女の命は救うことは出来ませんでしたが、隊長の
遺族を気遣った発言も清々しく潔いものでありました。
これも表現が不適切ですが、かっこよすぎます。

母親と長女は、事故後まもなく死亡した可能性が高い
ですが、肉体は亡くなっても魂となって長男を支え続け
たのでしょう。それが、幼い子供を92時間も生きながら
えさせた大きな要因ではないでしょうか。車の下の空間
に偶然入り込んでいたこと、閉じ込められている間にも
ミルクを飲んだ可能性があること。これらの多くは、幼い
子供一人ではとても出来ない行動のような気がします。
真っ暗闇の中でも何かを見て、何かを聞いて励まされて
いたのかもしれません。「奇跡」と片付けてしまうことも
出来ますが、何か説明出来ないようなものが働いている
ような気がしてなりません。

長男は救出後、看護師に「ママ」と言いました。
心が痛む話ですが、今では饒舌な入院生活の様子が
報じられる度にほっとします。彼にとっては現実に戻った
これからが大変です。彼には3人分の命が凝縮されて
います。強く生きて欲しい、そう願わずにはいられません。

panda03.JPG

|

« やり場のない怒り | Main | アホではない発言 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/1798154

Listed below are links to weblogs that reference いのち:

« やり場のない怒り | Main | アホではない発言 »