« 地震、その時 | Main | いのち »

October 27, 2004

やり場のない怒り

新潟県中越地震の報道が続いています。
がけ崩れの現場から車の一部が発見され、地震後に
行方不明になっている母子3人が乗車いている可能性も
出ています。無理矢理テレビに引っ張り出された祖父は
孫にエールを送っていました。お嫁さんにもエールを…。
発見現場は普段使わないルートのようです。「何故…」
という夫の声が空しいです。恐らく、このルートを選ぶか
選ばないかは判断のちょっとしたブレが左右しているの
でしょう。ただ、残念ながら時間が戻らない限りその判断
を咎めることは出来ません。
新幹線の復旧作業は午前中の強い余震であっという間に
中止になりました。昨晩の寒波といい、まるで、大自然が
混乱する人間を弄んでいるようにも感じられます。
やり場のない怒りが日本中で渦まいています。

地震から数日経ち、ライフラインなどの復旧にあわせる
ように下らない報道が出てきています。首相の被災地
訪問をゴタゴタと責めてみたり、自衛隊の初動体制を
批判してみたり。人間は神ではありません。自分自身に
置き換えてみれば完璧に行動できたかどうかぐらい判断
出来るはずです。
怒りの矛先が間違った方向に向いています。
報道陣が孤立地帯に入り、自衛隊に救助されるという
事態も発生しています。視聴者はそこまで危険な思いを
して情報が欲しいとは思っていないはずです。この件に
ついては、当時「社」を除き報道各社で批判合戦が
繰り広げられるでしょうが、下らないつばぜり合いに時間
を割くより、明日は我が身として受け止めるほうが利口
なのかもしれません。

こういう時期にタイミング悪く、イラクで日本人が拘束され
ました。今後は家族を含めた地元の人々の救出を求める
声と「自業自得だ」とする世論の戦いとなるでしょう。
イラクへの自衛隊派遣反対する人々も後押しするでしょう。
再び「自己責任」というあやふやな表現が飛び交うこと
にもなるでしょう。確かに「自業自得」かもしれませんが、
彼は謝罪し助けを求めています。見殺しは避けたい一方
で救出に莫大な金を使うのも問題。ならばいっそのこと
自衛隊を一度撤退させてはどうかと思います。国内は
地震や台風の爪あとが残っています。
自浄能力が絶望的に働かないイラクの国民より、自衛隊
を今、一番必要としているのは被災地の人々だということ
を忘れてはならないと思います。

|

« 地震、その時 | Main | いのち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/1786730

Listed below are links to weblogs that reference やり場のない怒り:

« 地震、その時 | Main | いのち »