« 地震 | Main | 電車男 »

October 24, 2004

良心と偽善のあいだ

新潟県中越地震の直後から、NHKが教育テレビの
全ての放送を中止して安否情報の提供を始めました。
24日午後9時現在もずっと続いています。
若手から松平(アクセントは「ま」)さんまで、NHKの
アナウンサーがオールキャストでリレーを続けています。
意地悪な見方をすれば昨今の批判を和らげるための
パフォーマンスにも見えてきますが。

さて、この安否情報、ご覧になりましたか?
ほとんどが被災者地域外から、被災者地域に住む
人に「心配です、連絡ください」というものばかり。
連絡手段がないからか、被災地からの「無事です」
という情報を目にするのは「万が一」の状況です。
同姓だから関係が近い、別姓だから遠いと一概には
いえませんが、普段は連絡を取っていない人も含まれ
ている感じがします。これでは本来の安否情報の意味
を成していないといえます。NHKは放送の合間に
「被災地などからの情報をお待ちしています」と呼び
かけていますが、やはり被災地以外から安否情報を
求める情報ばかりです。途中から東京の局番を外した
のも何か意味ありげです。

この安否情報、やってみて初めてわかったことで
しょうが、テレビやラジオから情報を得ることの出来
ない人には意味のないものですし、安否情報は繰り
返し放送されるものではないので、避難所とかで
たまたまトイレに入っていればその情報は意味なく
過ぎ去ってしまうことになります。
仮に「連絡をください」と求められても、回線電話も
携帯電話も使えないことの多い状況でどうやって
連絡をしろというのでしょうか。
阪神大震災の時は、一般車両は走るなというのに
被災地の道路は「緊急車両」で溢れていました。
この時は物見遊山みたいな連中もいましたが、肉親
や知り合いに物資を運ぶ車両が多かったように記憶
しています。ただ、特定の人だけを救おうとすることが
渋滞を一層ひどくして、多くの人々を救う食料輸送車
や、何よりも一刻一秒を争う消防車や救急車の到着
を遅らせる要因にもなりました。そう考えると当事者
にとっては「良心」でも関係のない周囲にはいい迷惑
になってしまいます。安否情報についても同じ感じが
します。とめどなく流れる情報の中には「良心」を
装った「偽善」も沢山あるような気がします。

安否情報の役割を果たしているなと思ったのは、
被災地の高校教諭が「生徒は県寮に全員避難して
います」と父兄にあてたものぐらい。
ただ「頑張ってください」というものもありました。
これは、安否情報ではありませんが「連絡ください」
よりはマシなような気がします。
大変な状況で連絡をくださいというのは、やはり
どこか横柄で勝手な気がします。こういう報道をする
のなら、どうしても連絡をとりたい人と、「そういや知り
合いがいたなあ」ぐらいの人とは区別して、重要な
情報だけ繰り返し放送するのが必要なのでしょう。
…たぶん、区別のしようがありませんが。

安否情報にはNHKの気合が感じられますが、安否
情報にこれほどまで被災地以外からの「連絡よこせ」
情報が集まるとは思わなかったかもしれません。
ただ、これはやってみなければ分からなかったこと。
どうせ始めたのなら、被災地の避難所とか家庭を
回って被災者の声を集め、被災地側からの安否情報
として徹底的に放送すべきでしょう。そこまでの誠意
を見せれば、どんな会長だろうが、悪評は吹っ飛ぶと
思います。暫くの間は。

|

« 地震 | Main | 電車男 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/1763371

Listed below are links to weblogs that reference 良心と偽善のあいだ:

« 地震 | Main | 電車男 »