« IT三つ巴 | Main | 寡占 »

October 20, 2004

トカゲ

台風23号「トカゲ」が日本列島を縦断中です。すごい時期に
すごい名前の台風です。今、大阪に再上陸しました。
2回目の首都圏直撃の可能性も出てきましたが、新鮮味の
ない「2回目」と台風22号と報道の差をつけることのなきよう。
既にここ、埼玉は22号に比べ雨が物凄いです。全国の被害
が最小限で済むことを祈ります。くれぐれも興味本位で川や
海の様子を見に行ったり、今頃から屋根の修復なんかを
することのなきよう。

さて、社会保険庁で介護保険料の取りすぎが発覚しました。
これまでも度重なる年金の払いすぎ、とりすぎであの役所の
役人が頭を下げる姿を見ましたし、二度とこのようなことの
ないようというコメントも耳にタコが出来るぐらい聞きましたが、
お役所ではこうやって頭を下げればすんでしまいます。
お役所はなかなか非を認めないことが多いのでそれに比べる
とまだまだマシですが結局、責任の所在は人事異動でトカゲ
の尻尾きりになります。キャリア官僚ほど異動のスパンが
短いので責任の所在からすれば厚遇されているといえます。

法務大臣も困ったちゃんです。赤い服を着た元助産婦だか
のおばちゃん。ある程度頭が切れて物分かりがよく、専門的
なことを知らない大臣は、役人にもてはやされるようです。
一方で頑固な大臣も役人にとっては困ったちゃんのようです。
厚生大臣時代の小泉さんとか、菅さんはこっちの部類かも
しれません。ですが、この赤い服のおばちゃんは国民の
困ったちゃん。役人がコントロールしようとしても電波の周波数
が合っていないようです。結局、この人が更迭されても誰も
責任をとることはないでしょう。この人を大臣に指名した人も、
コントロールしようとしたお役人も。いつも酒臭い大臣がいたり
この内閣は評判通りすごいです。

西武グループの総帥、堤義明氏が身を引きました。
西武鉄道がグループ会社の保有株式比率を虚偽記載していた
ことによります。ですが、渡辺恒雄氏しかり、こういう大企業の
人が突然発表する出処進退というのは、往々にして御残立て
が整ってから発表されるようです。渡辺氏も結局は何の痛手も
ないですし、かえってオーナーで残っていたほうが選手会との
交渉で何らかの傷を負っていたかもしれません。儚くもバレて
しまったインサイダー取引疑惑が今後、大きな問題となってくる
でしょうが、結局泣くのは社員の人たちです。渡辺氏の辞任も
一人の有望な野球選手が泣いただけです。
世の中は強気を助け弱気をくじく…不条理ですね。

ちなみに、堤義明氏は中小企業の経営者にはウケは良かった
ような気がします。サラリーマン社長が多くの大企業で幅を
利かせるなかでオーナー社長というのは少なくなっています。
欧米のドライな経営も必要ですが、カリスマ性とかそういうもの
が必要だと信じている人も多いです。世襲制で腐りきった会社
も多いですが、ホンダのように世襲を認めなかった大創業者も
いますし、トヨタのように大番頭をサンドイッチのように挟んで
見事に成長を続ける企業もあります。
世襲制の利点は、カリスマ性の効果にあります。雇われ社長
より、創業者一族が締めたほうが会社はまとまることも多い
ようです。後継者がボンクラで会社が傾く例もありますが。
僕が会った経営者の中には、堤氏が最後のオーナー社長と
いう人もいました。サラリーマン社長は辞めるだけで済むが、
オーナー社長は命を掛けている、と。ですが、堤氏の辞任まで
のゴタゴタや体たらくをみると、取り消さざるを得ないような気が
します。結局は身を引くことでトカゲの尻尾きりなんですね。

トカゲに注意。

|

« IT三つ巴 | Main | 寡占 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/1727609

Listed below are links to weblogs that reference トカゲ:

« IT三つ巴 | Main | 寡占 »