« ダイアログ・イン・ザ・ダーク | Main | 台風18号 »

September 07, 2004

プロ野球選手会、スト突入か?

プロ野球のストライキが確実視されるようになった。
今日も午後6時から、日比谷野外音楽堂で選手会と
プロ野球OB、プロ野球を愛する著名人の集いが開催される。
この件に関してはDiaryであまり触れたことがない。
自分自身でも考えがまとまらないのだ。
ただ一ついえるのは、あと振り返って性急だったと反省する
ことのないようにしたい。プロ野球が赤字なのは分かる。
巨人戦の視聴率低下は、CSなど多チャンネル時代の到来と
生活リズムの多様化があげられるだろう。
他人のせいのように扱うマスメディアはいかがなものとは
思うが、避けられない事実だといえる。

長引く不況で実業団のクラブが多数消えた。
プロでは横浜フリューゲルスの合併が記憶に新しい。
スポンサーの都合でファン不在のまま突然「F」の一文字に
圧縮されてしまった状況は実に悲しいものがあった。
横浜に根付いた球団といわれていただけに。
その後、横浜FCが地の底から這い上がってきた。
サポーターに支えられて設立されたこの球団は、
フリューゲルスの名を再び得ようとJ1昇格を目指し
快進撃を続けたが、J2で力尽きた感もなくはない。
性急に事を運んでいなければ、サポーターによる第2の
フリューゲルスがJ1に残った可能性もあったのだ。

不況により何もかもが内側…緊縮に向かっていくのは
当然の流れだ。だが、将来のことを本当に見据えている
のだろうか。話はそれるが、幼い頃、円高不況という
ものがあった。80年代半ばだろうか。
この頃、製鉄会社は高炉を数多く止めた。その後、
僅かな期間でバブルが到来した。景気の先を読むのは
難しいだろうが、その頃の僕は感じた。
「もう少し考えれば、わざわざ止めずにすんだのに」と。
高炉を止めるのも再度動かすのも猛烈なコストがかかる。
そのまま機能を停止した製鉄所も多かったように思う。
そこには従業員がいる。機械メーカーやアミューズメント
パークが跡地を引き継いだ例はまだいい方だ。

プロ野球が例えば10球団、8球団で運営され、
好況が訪れてまた増やそうとなれば、そこは猛烈な
エネルギーが必要になる。それならば、弱小でも残せば
いいのではないかと思う。少なくとも年俸の高騰と、
球団は金をかけなければ強くならないという風潮を作った
巨人の首脳陣は恥ずべきだと思う。
有能な大学生をダシにつかって雲隠れしたあの人達だ。

|

« ダイアログ・イン・ザ・ダーク | Main | 台風18号 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/1376640

Listed below are links to weblogs that reference プロ野球選手会、スト突入か?:

« ダイアログ・イン・ザ・ダーク | Main | 台風18号 »