« バクさんのカバン | Main | プロ野球選手会、スト突入か? »

September 06, 2004

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

先日、ダイアログ・イン・ザ・ダークというものに行って来ました。
映画のようなタイトルですが、映画でも劇でもありません。
視覚障害の擬似体験が出来るイベントです。ハンディキャップを
イベントにするとは何事ぞ、という人もいるかもしれませんが、
これは立派なエンターテインメントです。
ヨーロッパなど世界各地、日本でも数ヶ所で開催されていますが、
おそらく今回が最大規模だったようです。
ホームページはこちら
http://www.dialoginthedark.com/
真っ黒な擬似空間の中を視覚障害者がガイドをしてくれます。
参加者は白杖とガイドの声、周囲の音を頼りに移動します。
日常生活では全く経験することのない体験です。
(清水寺の胎内めぐりで似たような体験は出来ます)
まさに目からウロコ。我々参加者にとっても、ガイドをする
視覚障害者にとっても貴重な体験だと思います。
このイベントを経験すると、点字ブロックや手すりのありがたさを
感じることが出来ます。そういう目で見てみると、点字ブロック
など視覚障害者に配慮した設備がいい加減に設置されている
ことが多いことに気がつきます。
この視点を大事にしながら生きていこう、と思うイベントでした。
手話講座仲間と行ったんですが、聴覚障害とは違う、別の
視点からモノを見ることが出来ました。
残念ながら東京公演は9月4日で終了しましたが、
来年は神戸で開催されるらしいです。
機会があれば、是非。

|

« バクさんのカバン | Main | プロ野球選手会、スト突入か? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/1369093

Listed below are links to weblogs that reference ダイアログ・イン・ザ・ダーク:

« バクさんのカバン | Main | プロ野球選手会、スト突入か? »