« VAIO増強 | Main | 悪戦苦闘の一日 »

September 24, 2004

茶番劇

大相撲、魁皇が久々に優勝しようとしている。
この力士は名前といい、風格といい、横綱の雰囲気
たっぷりなのだが、優勝した次の場所は成績が振るわず
今も大関のまま。だが、是非とも横綱に昇進して、やんちゃ
がウリの横綱や大関、身体能力の差を見せ付ける外国人
力士に睨みをきかせてもらいたいものだ。
それが将来の角界のためになり、彼自身のためにもなる。
そして引退後も角界のご意見番として活躍して欲しい。
彼は「横綱顔」なのだから、もったいない。

さて、茶番劇は大相撲ではなくて、球界再編の動きだ。
12球団維持が固まったところで、新規参入の2社が
茶番劇を演じている。
早々に参入に名乗りを上げたライブドア、それが面白く
ないのかライブドアの尻を追いまくる楽天。
こないだサンシャインの犬猫放牧のコーナーに行ったの
だが、特定の犬を執拗に追い回すコーギーがいた。
楽天はちょうどあのコーギーみたいな感じだ。
六本木ヒルズの頭の上に入居されたのがよほど頭に
きているのか、仙台拠点構想、東北6県拠点構想で
ライブドアを追い回し、一方で神戸、長野などバラバラ。
Jリーグでは拠点をいくつか指定しているチームもあるが、
そんなにたくさんの場所で試合できないでしょ、たぶん。
北海道日本ハムや福岡ダイエーが地元密着の成功例に
挙げられるが、この2つの土地は歴史的に球団設置を
待ち焦がれていた場所でもある。
「来るの?じゃ、来て」という感じの長野や宮城とは少し
意味合いが違うと思う。仙台市は市民が見向きもしな
かったブランメル仙台(現ベガルタ)を人気チームにした
経験もあるが、プロ野球にそのノウハウが活かせるか
どうか。プロ野球球団が地域に散るのはいいことだと
思うが、球団赤字が問題となっている中でどこまで
現実味を帯びた内容となるか。該当する市民をぬか
喜びさせてしまうことだけは避けてもらいたい。

インターネットがブレイクする前からコツコツと商圏を
広げてきた楽天にとって、「これ、ヤフー?」と誤解を招き
そうなライブドアの存在が面白くないのかもしれない。
シェアの小さい企業がアイデア商品を出しては、大手に
後を追われて駆逐される家電業界の構造にも似ている。
強いものは強い、のだろうが、少なくとも引っ込みが
つかなくなった堀江氏の熱意は汲むべきだと思う。
いっそのこと、横浜ベイスターズと湘南シーレックス
みたいに一軍を「楽天ユートピア(仮称)」にして二軍を
「ライブドア・シャツ(適当)」とかにすれば丸く収まる
のではないか。どっちが一軍かだけで血みどろの争いに
なりそうだけど。
ここで大事なのは、無理に1球団に固執る必要はないと
いうことだ。例えば、お金がなくて工面していると思わぬ
収入があったりすることはままある。だが、その時の
お金はあぶく銭のように無駄遣いしてしまうことはない
だろうか?今はその状態なのかもしれない。
もし、そうだとすれば2つの会社とも球団を持てばいい。
セ7、パ6とかでもいいではないか。例えば静岡を
本拠地にノンプロ球団がプロ化する可能性もあるし、
将来的に球団がもっともっと増える可能性がある。
無駄に絞り込めば、将来、合併(一度起きてしまった
ので次の合併のハードルは低くなったと思う)が
起きた時の保険にもなる。

結論を出すまでにそんなに時間はない。まずはこの
茶番劇を早急に終わらせるべきだと思う。
そして、ファンは球場に足を運ぶべきだ。この騒動で
増えたにわかプロ野球ファンはなおさら。
特に、強いときだけファンを主張して「バッファローズ」
などと平気で書く即席近鉄ファンは残り試合全部、
球場に行くべき。そして、有り金はたいてグッズを買え。

|

« VAIO増強 | Main | 悪戦苦闘の一日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/1509632

Listed below are links to weblogs that reference 茶番劇:

« VAIO増強 | Main | 悪戦苦闘の一日 »