« スウィング | Main | いいとこどり »

September 21, 2004

20万人÷3

たった2日のストライキを経て、プロ野球はタガが外れたような
大人気ぶり。マスコミは20万人という観客数ばかりを取り上げ
はしゃぐ、はしゃぐ。いつもとそんなに変わらないプレーも
「ガッツあふれる」「これぞプロ」と太鼓持ちのように持ち上げる。
ファンは煽動されて盛り上がる。
20万6500人を6試合で割ると、3万4417人。確かに多い。
でもよく考えてみると、ストで中止になった試合を含めて18で
割れば…1万1472人。こっちのほうが正しいんじゃないか。
戦後、ベビーブームというものがあった。戦争に行っていた
父ちゃんが帰ってきて、母ちゃんとヤりまくって子供が産まれ
まくった現象だ。最近のプロ野球人気は、この現象に似ている。

選手はいまさらながらファンサービスをし、マスコミはファンと
一緒になってオーナーをつつきまくる。新参者を認めなかったり、
1リーグ制の導入やら巨人がバ・リーグに行くとか迷走しまくり
の球団側にも問題はあるだろうがあれぐらいのファンサービスは、
高額所得者の選手には当たり前の行動だと思う。
もちろん、サービス精神が旺盛な選手もいるが、普段からサイン
にも応じず、普段からちんたらプレイするような選手は、今さら
ファンサービスを始めても、そのうち化けの皮が剥げる。
マスコミは、そういう偽善的なファンサービスも含めてあたかも
スペシャルイベントのように取り上げ、煽る。
当然、ファンはそれを見て盛り上がる。
球団合併問題はおかしな方向に行ってはいないか。

街頭インタビューでは「合併するなら新規参入を認めよ」という
意見が大勢。それはそうだ。そう言わせるような報道ばかり
なのだから。問題はそもそも球団の赤字経営から出発している。
だが、球団経営は一種の広告活動なのだから負担は当たり前と
するのか、赤字を垂れ流す球団側の怠慢ぶりを批判するべき
なのか、そこそこ活躍すれば年功序列のようにあがっていく
年俸を獲得する選手を批判すべきなのか、どこに問題があるのか
が論じられていない。新規参入しようとする企業もその点を
はっきりしないと失敗すると思う。特に「チームワークを重視する
選手を集めたい」と日本人が好きな大団円の大風呂敷を広げる
Tシャツの某氏はちょっと心配だったりする。

さて、今週末もストライキの可能性がある。
それははともかくとして、選手のファンサービス精神が薄れるのが
早いか、マスコミが飽きるのが早いか、よく注視する必要がある。
この問題を単なるブームに終わらせてはならない。

ntvtower.JPG

|

« スウィング | Main | いいとこどり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/1490260

Listed below are links to weblogs that reference 20万人÷3:

« スウィング | Main | いいとこどり »