« August 2004 | Main | October 2004 »

September 29, 2004

思考回路の強奪

いやいやデスクトップのVAIOが壊れたと思って慌てた。
IDEケーブルが外れかけていたことが判明、クソ高い
システムリカバリディスクの申し込みを慌てて解約…
で、今に至る。その前は、中古のHDDをデスクトップ
のDELLが認識しなくて困っていたのだけど、もう
そんなことはどうだっていいわな。編集道半ばの
モリキングの結婚式映像、消えなくてよかったー。
健康が一番と感じたのでありました。
さて、今日のNHKの夕方のニュースで悪意に満ちた
編集がなされていたので取り上げてみた。

原油価格の高騰が話題になっている。このログや
旧DiaryXXXにも触れたことがあるように、NYMEXの
WTI原油というものは日本が輸入をしている原油では
なかったりする。直接的に影響があるのは中東原油。
WTIの高騰が連鎖して北海、中東の原油に影響する
から問題になるのだ。WTI原油は50ドル近くでも
中東のドバイ原油は40ドル弱。これでも両原油には
「高騰」のレベルなのだ。
この10ドル近い差に注意する必要がある。

NHKのニュースでは、
①原油価格高騰が日本経済に影響
②航空運賃値上げへ
③ガソリンの11月の卸価格は値上げの可能性も
についてとりあげていた。
①は、確かに影響はある。燃料からプラスチックなど
素材まで日常生活の隅々に石油は関わっている。
②ももちろん、影響はあるだろう。
③が問題。大手石油会社の会見の模様を取り上げ
ながら「11月は上がる可能性はある」と報道した。
だが、ここで取り上げなかったことがある。
この石油会社『10月の卸価格は下がる』のだ。
ガソリンリッターあたり約2円程度の値下げ。これは、
原油価格の高騰に一服感が出ていたことによるもの。
推測するにNHKは、明日(つまり今日)の番組で
原油価格の高騰を扱う。原油価格の高騰が旬だと
判断したようだが、下がってしまっては都合が悪い。
それであえて取り上げなかったようにも思える。
たしかに、この値下げは他の石油会社にとって
寝耳に水だったようだ。これまでは他社も含め値上げ
分の回収もままならない時は、輸入コストが下がって
も卸価格を据え置くことが結構あったからだ。
あとは他の石油会社の動向だが、下がったり据え
置いたりしても上げることはないだろう。

NHKのニュースがこの「値下げ」を伝えなかったのは、
視聴者から思考回路を奪うことではないか。
しょっちゅう起きている公園での子供の事故を悲惨な
事故が起こったことをきっかけに「事故多発中」と面白
おかしくとりあげていた、ワイドショーと化した民放の
夕方のニュース並みではないか。
先日、お台場のアウトレットモールをオープンしたての
ように放送していた局があった。既に他局に先を超さ
れたにせよ、放送するタイミングを逸したにせよ、
オープン時期ぐらい伝えてもいいでしょう。
これも悪意に満ちた「思考回路の強奪」だといえる。

僕は、受け手が一方向にしか捉えられないものは、
報道ではないと思う。映画やドラマと同じ。
考える余地がないと、受け手はどんどん考えなくなる。
果たしてそれでいいのだろうか、と思う。
あなたが手に入れるニュース、思考の余地が奪われて
いませんか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 26, 2004

悪戦苦闘の一日

パソコン3号機(the 3rd)のメモリを買いました。
仕事中に秋葉原を駆けずり回りながら、土曜日に購入。
このパソコンのメモリはRIMMというどマイナーなモノで、
おまけに2枚一組でしか使えないという困ったメモリ。
SONYの純正品は5万円、パッケージ品は4万円程度も
する恐ろしい品。当時から「メモリでパソコン一台買える」
「メモリがマイナーすぎる」とか言われていたが、このこと
だったのね。で、オークションを狙ってもたまに出てくる
メモリは2万円前後、そこで何日も駆けずり回りました、
秋葉原。パーツショップでは「もう扱ってません」とか
中古屋では「最近は見なくなりましたね」とそっけない返事。
雨が降り、諦めかけていたところでついに発見!
ピン数とかECCとかいまいち馴染みのない機能を調べて
購入。一枚1万1300円×2。2万2600円、バルク品とは
いえこの価格。かくして、メモリは1ギガに増強。何となく
起動とシャットダウンが速くなったような気がします。
ビデオ編集あたりで効果を実感できるかもしれません。

ところで今日、1号機(zook)のリカバリを行いました。
ある日、総攻撃に逢い、ウイルスとスパイウェアをたくさん
埋め込まれた可愛そうなマシンです。ノロノロ。
ウイルス対策ソフトや結構面白いSPYBOTでも完治は
しませんでした。そこで生まれ変わることに。
HDDを消去して入れなおすのって結構難しかったりして。
初期のシナリオとかHPのデータとか出来る限り移動した
けどやはり移動が出来なかったファイルも多数。
まるでノアの方舟。購入から5年近く、チャットやメール、
当時流行ったICQ、徹夜のシナリオ執筆、いろいろな
思い出がリカバリとともに消えました。
zook機はFEDEXの箱に揺られてやってきた時の状態に
戻りました。もう昔の記憶はありませんが、かつてのように
サクサク動くようになりました。大事に使おうと思います。

さて、パソコンいじりは重なるもので、ノートパソコンの
2号機(sabotcha)のHDDの残り容量がきつくなったので、
何も考えずファイルを移動するとSONICSTAGEが立ち
上がらなくなりました。ソフトを入れなおすとこれまでの
リストを認識せず。おまけに移動中にキャンセルを押した
ので消えた曲がいっぱい…。
SONICSTAGEは、いまいち使いにくいソフトでもあるの
ですが、曲を書き出して歴代のケータイで聴いてきただけ
に手放せません。特に通勤の時の音楽は必需品。
隣に座った人が運悪く舌打ち、空咳、ガフくしゃみをする
時は音の防御になります。タップダンサーや雨の日の
傘ミュージシャン対策にもなります。
SONICSTAGEの新しいバージョンはメモリースティックに
書き込めないような気が…。よくあるSONYの支離滅裂な
商品開発なのでしょうか。制限はあれどメモリースティックや
CD-Rに書き出せるソフトは今のSONY路線とは逆。
便利な機能で客を引き寄せて、一定期間で使えなくする
のは、話題になった初期ハンディカムの昼間も使えるナイト
ショットに似ています。あれは、盗撮に使われてしまうのが
予測できていたはずです(後に大幅に機能制限)。
さて、これから曲の入れ直しを開始しますか。

まさに悪戦苦闘の一日です。
(写真はzook機の画面)

dellzook.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2004

茶番劇

大相撲、魁皇が久々に優勝しようとしている。
この力士は名前といい、風格といい、横綱の雰囲気
たっぷりなのだが、優勝した次の場所は成績が振るわず
今も大関のまま。だが、是非とも横綱に昇進して、やんちゃ
がウリの横綱や大関、身体能力の差を見せ付ける外国人
力士に睨みをきかせてもらいたいものだ。
それが将来の角界のためになり、彼自身のためにもなる。
そして引退後も角界のご意見番として活躍して欲しい。
彼は「横綱顔」なのだから、もったいない。

さて、茶番劇は大相撲ではなくて、球界再編の動きだ。
12球団維持が固まったところで、新規参入の2社が
茶番劇を演じている。
早々に参入に名乗りを上げたライブドア、それが面白く
ないのかライブドアの尻を追いまくる楽天。
こないだサンシャインの犬猫放牧のコーナーに行ったの
だが、特定の犬を執拗に追い回すコーギーがいた。
楽天はちょうどあのコーギーみたいな感じだ。
六本木ヒルズの頭の上に入居されたのがよほど頭に
きているのか、仙台拠点構想、東北6県拠点構想で
ライブドアを追い回し、一方で神戸、長野などバラバラ。
Jリーグでは拠点をいくつか指定しているチームもあるが、
そんなにたくさんの場所で試合できないでしょ、たぶん。
北海道日本ハムや福岡ダイエーが地元密着の成功例に
挙げられるが、この2つの土地は歴史的に球団設置を
待ち焦がれていた場所でもある。
「来るの?じゃ、来て」という感じの長野や宮城とは少し
意味合いが違うと思う。仙台市は市民が見向きもしな
かったブランメル仙台(現ベガルタ)を人気チームにした
経験もあるが、プロ野球にそのノウハウが活かせるか
どうか。プロ野球球団が地域に散るのはいいことだと
思うが、球団赤字が問題となっている中でどこまで
現実味を帯びた内容となるか。該当する市民をぬか
喜びさせてしまうことだけは避けてもらいたい。

インターネットがブレイクする前からコツコツと商圏を
広げてきた楽天にとって、「これ、ヤフー?」と誤解を招き
そうなライブドアの存在が面白くないのかもしれない。
シェアの小さい企業がアイデア商品を出しては、大手に
後を追われて駆逐される家電業界の構造にも似ている。
強いものは強い、のだろうが、少なくとも引っ込みが
つかなくなった堀江氏の熱意は汲むべきだと思う。
いっそのこと、横浜ベイスターズと湘南シーレックス
みたいに一軍を「楽天ユートピア(仮称)」にして二軍を
「ライブドア・シャツ(適当)」とかにすれば丸く収まる
のではないか。どっちが一軍かだけで血みどろの争いに
なりそうだけど。
ここで大事なのは、無理に1球団に固執る必要はないと
いうことだ。例えば、お金がなくて工面していると思わぬ
収入があったりすることはままある。だが、その時の
お金はあぶく銭のように無駄遣いしてしまうことはない
だろうか?今はその状態なのかもしれない。
もし、そうだとすれば2つの会社とも球団を持てばいい。
セ7、パ6とかでもいいではないか。例えば静岡を
本拠地にノンプロ球団がプロ化する可能性もあるし、
将来的に球団がもっともっと増える可能性がある。
無駄に絞り込めば、将来、合併(一度起きてしまった
ので次の合併のハードルは低くなったと思う)が
起きた時の保険にもなる。

結論を出すまでにそんなに時間はない。まずはこの
茶番劇を早急に終わらせるべきだと思う。
そして、ファンは球場に足を運ぶべきだ。この騒動で
増えたにわかプロ野球ファンはなおさら。
特に、強いときだけファンを主張して「バッファローズ」
などと平気で書く即席近鉄ファンは残り試合全部、
球場に行くべき。そして、有り金はたいてグッズを買え。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2004

VAIO増強

僕のパソコンの2号機、VAIO PCG-SRX3B/Dの能力を
増強しました。メモリ256Mを追加、首尾よくネットオーク
ションでバッテリー(純正品)購入することが出来ました。
2号機はsabotchaという名前がついています。可愛い
花を咲かせながらも虫に食われた傷がもとで非業の死を
遂げたサボテンの名前からとりました。たまに仕事に
使いますが、ほとんどはシナリオや外出先からの
ホームページの更新に使っています。特にシナリオは
このパソコンしか使っていないので、データが飛ぶと
アウトです。早速バックアップしておきましょう。
よくホームページとかで自分のパソコンの能力を紹介
しているのを見て「意味あんの?」と思いますが、僕も
やってみましょう。意味ないですか?

1号機:zook(ズーク)
由来:マフラーが脱落して悪徳バイク屋に引き取られた
原付バイクの名前から。
型名:DELL DIMENSION V333C
購入:1998年12月
CPU :Celeron333
RAM:64+256MB
HDD:6.4GB
OS Windows 98
Other Devices:
CD-ROMドライブ、LANカード、MOドライブ(SCSI)
備考:この夏にウィルスに感染するわ、スパイウェアを
埋めこまれるわで半死の状態ですが、15インチ液晶
ディスプレイを含めて一度も壊れたことのない「当たり」
マシン。拾ったようなメモリを装着しても平気でした。
リカバリ、HDD増設などを行って現役復帰の予定です。

2号機:sabotcha(サボッチャ)
由来:サボテンの名前から。
型名:PCG-SRX3B/D
購入:2001年12月
CPU :Celeron650
RAM:128+256MB
HDD:20GB
OS Windows XP Home Edition
Other Devices:
CD-RW/DVD-ROMコンボドライブ
備考:スピーカを修理した以外はほぼ不具合なし。
DELLもVAIOも耐久性などで賛否両論ありますが、
こういうのは結果的に運不運ではないかと。
文句なく「当たり」マシン。

3号機:The3rd(ザ・サード)
由来:3号機の意。
型名:PCV-RZ71P
購入:2003年2月
CPU :HT Pentium4 3.06GHz
RAM:512MB(+512MB増設予定)
HDD:250+250GB
OS Windows XP Professional
Other Devices:
DVD±RW/DVD-ROMツインドライブ
備考:映像編集を中心に使用。
僕にとって怪物マシンですが、1号機の代わりに
メールチェックやホームページ更新などウィルスの
危険にさらされているのが心配です。
あとは、マイナーなメモリをどうやって安く手に入れる
かを思案中。このマシンも「当たり」だと思う。

vaio2.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2004

いいとこどり

アテネパラリンピックが始まった。
日本選手はいつものようにメダルラッシュ。
メディアもメダル獲得を連日のように報道。
選手たちの活躍はハンデキャップを持つ人々の
大きな励みとなるであろう。
たとえ「冬も夏も同じ顔ぶれ?」と思ったとしても。
パラリンピックは毎回、財政的に開催が厳しい
ことを聞く。オリンピックの後に当たり前のように
開催されるが、スポンサーが少なく運営が苦しい
のが実状のようだ。特にオリンピック選手と同じ
ユニフォームを着用する国が多いため、見た目は
派手にとらえられがちだ。

そのパラリンピックの報道の仕方に問題がある。
メディアは毎日のように日本選手のメダル獲得を
報道しながら、競技を中継することは皆無。
…ここに問題があるのだ。

アテネオリンピックは、202の国と地域から選手
約1万人以上が参加、301種目でメダルを争う。
日本人選手は312人。
アテネ・パラリンピックは、136の国と地域から
選手約3800人が参加、515種目でメダルを
争う。日本人選手は162人。
2つの大会を単純比較すると人数的な部分だけ
でもハードルの差があることが分かる。
もちろん、メダルの優劣をつけるつもりはないが、
メダル獲得の難度の差は少なくとも解説すべき
だと思われる。実際、辞退する国や地域も多く、
これらの多くは資金繰りが難しかったのでは
ないかという予測も出来る。
国内においても資金や選手の練習環境は全国
均一であるはずはなく、公平な条件の上に
メダルがあるかといえば疑わしくも思えてくる。
そう考えると、メダルの獲得ばかりを報じるのは
いかに無責任であるかということが分かる。
報道するなら、どれだけ選手が苦労をしている
のかという部分を報じる必要がある。
ハンデキャップのある人々に自信をもってもらう
うえでも大きな効果があるだろう。

「いいとこどり」だけでは虫がよすぎる。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 21, 2004

20万人÷3

たった2日のストライキを経て、プロ野球はタガが外れたような
大人気ぶり。マスコミは20万人という観客数ばかりを取り上げ
はしゃぐ、はしゃぐ。いつもとそんなに変わらないプレーも
「ガッツあふれる」「これぞプロ」と太鼓持ちのように持ち上げる。
ファンは煽動されて盛り上がる。
20万6500人を6試合で割ると、3万4417人。確かに多い。
でもよく考えてみると、ストで中止になった試合を含めて18で
割れば…1万1472人。こっちのほうが正しいんじゃないか。
戦後、ベビーブームというものがあった。戦争に行っていた
父ちゃんが帰ってきて、母ちゃんとヤりまくって子供が産まれ
まくった現象だ。最近のプロ野球人気は、この現象に似ている。

選手はいまさらながらファンサービスをし、マスコミはファンと
一緒になってオーナーをつつきまくる。新参者を認めなかったり、
1リーグ制の導入やら巨人がバ・リーグに行くとか迷走しまくり
の球団側にも問題はあるだろうがあれぐらいのファンサービスは、
高額所得者の選手には当たり前の行動だと思う。
もちろん、サービス精神が旺盛な選手もいるが、普段からサイン
にも応じず、普段からちんたらプレイするような選手は、今さら
ファンサービスを始めても、そのうち化けの皮が剥げる。
マスコミは、そういう偽善的なファンサービスも含めてあたかも
スペシャルイベントのように取り上げ、煽る。
当然、ファンはそれを見て盛り上がる。
球団合併問題はおかしな方向に行ってはいないか。

街頭インタビューでは「合併するなら新規参入を認めよ」という
意見が大勢。それはそうだ。そう言わせるような報道ばかり
なのだから。問題はそもそも球団の赤字経営から出発している。
だが、球団経営は一種の広告活動なのだから負担は当たり前と
するのか、赤字を垂れ流す球団側の怠慢ぶりを批判するべき
なのか、そこそこ活躍すれば年功序列のようにあがっていく
年俸を獲得する選手を批判すべきなのか、どこに問題があるのか
が論じられていない。新規参入しようとする企業もその点を
はっきりしないと失敗すると思う。特に「チームワークを重視する
選手を集めたい」と日本人が好きな大団円の大風呂敷を広げる
Tシャツの某氏はちょっと心配だったりする。

さて、今週末もストライキの可能性がある。
それははともかくとして、選手のファンサービス精神が薄れるのが
早いか、マスコミが飽きるのが早いか、よく注視する必要がある。
この問題を単なるブームに終わらせてはならない。

ntvtower.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2004

スウィング

スウィングガールズという映画が封切られた。
最近の邦画は製作委員会の力が強くなっているのか
局を問わず取り上げられるような気がする。この映画も
民放各局はともかく天下のNHKでもとりあげられた。
監督は矢口史靖氏。ウォーターボーイズの監督だ。
とはいえ、所詮は埼玉県内の進学校の実話だし、
それをニュース番組で取り上げなかったら映画自体が
存在しなかったかもしれないオリジナル色の薄い映画。
これでフジテレビはドラマやイベントで荒稼ぎ。商魂。
まだ見てもいないのにとやかく言うとあのグループの
元ボーカルみたいになってしまうので批判は避けるが、
矢口氏は「学生服でジャズ(つーか、ビッグバンド)を
する学校があると聞き、飛んでいって、これだ!」と
思ったのだと言う…それ、珍しくないでしょ、ぜんぜん。

ちなみに、僕は中学から大学まで吹奏楽に燃えた。
高校の顧問は、音楽教師でありながら大学時代は
ジャズバーでバイトをしまくった変わった経歴の持ち主。
本職はフルートだが、代役をやることも多かったので
いろんな楽器を吹くことが出来る。ジャズに使われる
ことのないフレンチホルン等を除いて。
この先生もスウィングにこだわりのある人だった。
スウィングは、譜面で表記できないリズムだったりする。
ドラムの人がいくら叩いても「それは違う」って言って
たっけ。どこがどう違うのかさっぱり分からなかったけど。
だから、雑に映画を作っていないことを祈る。
ウォーターボーイズ2という2匹めのどじょうを狙った
ドラマの終盤、このドラマも吹奏楽部を扱っていたが
…設定が雑すぎた。
野球やサッカーはメジャーなスポーツだ。誰でもルール
くらいは知っている。だからこそ、設定ミスで選手が
ボールを打って3塁に走ったり、いきなりオウンゴール
したりするようなドラマは絶対にない。だからといって、
吹奏楽なら楽器の構えや指をでたらめにやっていいと
いうものではない。まるでこぶ平じゃないか。
吹奏楽は、野球やサッカーの部活とは比べ物にならない
ほど経験者が多いものなのだ。ちょっとかじったぐらいの
人はそのへんにゴロゴロいる。だから、雑な設定はすぐに
見抜かれる。少なくともアンサンブルコンテストと混同した
ような吹奏楽コンクールはありえない。
リアルは必要ないが、リアリティは必要なのだ。
そういう雑さが、特に感受性の強い視聴者の感情移入の
妨げとなったりするかもしれない。

さて、件の矢口氏のはしゃぎっぷりは、既に過去の人と
なりつつあるS監督にどこか似ている感じがする。
S氏は、映画をヒットさせて主演女優をゲット、次の作品の
アイデアはアメリカの映画会社が高額で買うことが決まって
いるとは言っていたが、音沙汰がないようだ。
買ってもらえるほどのアイデアが出なかったのか、リメイク版
でお茶を濁したのか…。
こういうクリエイティブな世界は、表現やアイデアの持ち球が
ないとやがて消えていってしまうようだ。
同じような曲ばかり連発するようなアーティストは、
事務所が強いとか、宗教がらみとかイレギュラーの要素が
加わらない限り、消える。
矢口氏の次の球はなんなのか?このままヒット作品を出し
続けるイチローのような監督になるのか、かつて同じように
脚光を浴びながらもキャッチャーフライばかりを打って
いつの間にかグランドから消えたM田Y光監督のように
なってしまうのか。彼の引き出しにかかっていると思う。

ともあれ、スウィングガールズが吹奏楽の裾野を広げる
大きな役割を果たすことは間違いないと思う。
少子化で各校のクラブが衰弱しているなかで貴重な映画だ。

nekoneko.JPG

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 17, 2004

丸善攻略法

丸善丸の内本店に行ってきました。
オープン直後とあって、人でごったがえしていました。
洋書で知られる丸善は、日本橋から引っ越しをして
オアゾという場所(?)に入っているのですが、名前が
意味不明です。洒落っ気を加えたいのか依然として
こういう横文字が横行していますね。日本橋にもコレド
という日本への本格進出が果たせなかった悲しい
ライオンが目印のビルがあるんですが、意味不明です。
オアゾのビルの一つは工事中、丸ビル竣工の時に
「祝丸ビル竣工」という横断幕を掲げるという粋なことを
やりましたが今回、逆はなかったですね。

さて、丸善の店内はものすごいことになっていました。
本好きの臭いをプンプンとさせている中高年男性から
丸ビルのついでにきましたよーというおばちゃんまで。
やはり土地柄もあってサラリーマンとOLが多いです。
そのごった返す店内を歩く若いサラリーマンがひとこと。
「ここ、動線が悪いなあ」
ああ、なるほどと思いました。
店の形は長方形の中を絞ったような形をしています。
どちらかといえば縦長で本を詰めまくった感じ。
日本最大級の売り場面積を誇りますが、思ったより
広くは感じません。紀伊国屋新宿本店に似ています。
垂直的な構造の建物に狭いメインエスカレーターと
蛇行しまくるもう一つのエスカレーターで各フロアが
繋がっています。ごった返して店内が見渡せないから
かもしれませんが、確かに動線は悪いと感じました。
それでも、本の数は圧倒的です。
汐留に密かにオープンして、駅からあまりにも遠すぎる
のかガラガラの八重洲ブックセンターのように偏重で
我侭な品揃えもいいですが、あらゆる本を集めた
この店の陳列は壮観でもあります。

さて、攻略法です。
「今はいかないこと」これにつきます。
今でこそ物珍しさから客は来るでしょうが、本以外の
ショッピングも都内のあちこちの再開発でパイの
奪い合いの状態です。あの丸ビルでさえ殺人的な
混雑はなくなってきています。オアゾの客足もこのまま
とはいかないでしょう。そのうち駅の反対側の
八重洲ブックセンターぐらいに落ち着くと思います。
そうなったら、思う存分楽しもうと思います。

hanabi.JPG

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 13, 2004

古田会長

こないだ、ボロ負けの巨人戦で古田のホームランに
巨人ファンから暖かい拍手が贈られました。
ヤクルトファンの僕としては嬉しいんですが、戦意を
骨抜きにされるようでいい迷惑な感じもします。
ともあれ、昼夜問わず彼は頑張っています。
無理がたたって選手生命が短くなることだけが
心配です。古田監督を早く見てみたい気もしますが。
騒動が本格化してからもヤクルトは結構いい位置で
戦っています。優勝はともかく、Aクラス確保、そして
最後までペナントをかき混ぜてほしいものです。
それにしても中日が強い。

ストライキは何が心配かというと、中日の優勝が
流れる可能性があるからです。
多くのヤクルトファンは、球団削減により路頭に迷う
選手が出ることのほかに、古田の決断によって
ペナントがぶちこわしにならないことも祈っている
のではないでしょうか。
優しいですね、ヤクルトファンって。
逆に、ヤクルトが首位独走していて、ストライキで
優勝が流れたとしてもそれは納得するでしょう。
ヤクルトファンは古田と一心同体なのですから。
今のヤクルトは古田抜きでは考えられません。
古田がリードして負けてもそれはそれで納得します。
ヤクルトファンは、小野や米野がリードをして負けた
のなら、そのリードに問題があると思い、古田で
負けたのなら投手のコンディションや天候、その日の
星回りなどに問題があると考えます。
実際、前半の巨人戦のボロ負けも古田のリードより
理不尽なFA制度を恨んでいます。うらみま~す~。

この騒動、ひと区切りついたら、古田会長は身を引く
べきじゃないかと思います。現役じゃなくて。
選手会は長いこと古田体制が続いています。
彼が現役選手として高齢で尊敬を集めているとしても、
若返りはやはり必要ではないかと思います。
出来れば事務局長の松原さんも(職探し大変そう)
つねにサイクルしながら、代替わりして、その時々の
選手の意見を尊重できるような選手会であってほしい
ように思います。それが活性化というものでしょう。
決してオーナー会議のようにならなぬよう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 12, 2004

マンマ・ミーア!

見てきました。初ミュージカルです。
でも、マンマ・ミーアは、最初に曲ありきというところが
普通のミュージカルとは違うんですね。
演技とか話が飽きた頃に歌とか踊りがあるので眠くは
なりません。そこが醍醐味みたいなものなんでしょう。
音楽も詩も演技も使うんですから、贅沢だとはいえます。
日常生活で歌いながら話をするかといえば不自然では
ありますが…楽しかったです。

話は大団円で終わります。その点は、新橋演舞場とか
でやっているような商業演劇と同じです。
気になるのは、常連がいるらしく、絶妙のタイミングで
拍手を入れてしまうこと。これは気が散ります。
まるで歌舞伎の大向こうです。
「自分のタイミングで拍手をさせてよー」って感じ。
まあ、こういう熱烈な常連さんがいないと一見さんだけ
では興行が成り立たないので重要ではありますが。
少し、宝塚の入り待ち、出待ちを思い出しました。
拍手の激しさ(音、速さなど)は某政党の党首なんかが
駅前に来た時や、某団体のパレードのスタートの時に
狂喜乱舞するように拍手を浴びせるような勢いに似て
いました(すません、少し毒がありました)

日本では、舞台ではなかなか飯を食えませんが、
劇団四季は別です。キャッツが長い地方公演から
東京に帰ってきますが、新たに五反田に劇場を作って
公演が行われます。イケイケドンドンなんでしょうね。
こういうドル箱があるから、今井雅之氏が好きそうな
舞台も出来るんですね。万人受けして、みんなが楽しく
見るような舞台ではないと思いますが、演劇の裾野を
広げる上では、これも重要なことです。
ただ、日本での演劇のパイは限られているので、
宝塚とか、男宝塚みたいな原宿の某所とか、大きな
ところが寡占してしまうのは避けてもらいたいものです。
特にこういう不景気の時代ですし。
きっと、大不動産屋になっている映画会社とか、大手
芸能プロダクションとか、大手広告代理店とかが
活躍しているんでしょう。
アニメや映画吹き替えに人気取りだけのタレントが
進出し、声優の食い扶持を減らす構図に似ています。

マンマ・ミーア!東京公演もあとわずかです。是非!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2004

レッテル・偏見・定義

「日本企業の収益力、バブル後最高に」
昨日の某経済紙のトップ記事はこんな内容でした。
さすが、日本経済の大本営発表とも称されるメディア。
一般庶民の意識とはあまりにもかけ離れています。

さて、凶悪事件が続いています。
女児殺害、タクシー運転手殺害、一家殺害放火、
不倫相手の妊婦殺害、幼児殺害、子供2人殺害。
頭の中が混乱しそうなほど凶悪な事件が多いです。
親はどうしてしまったのでしょうか、大人はどうして
しまったのでしょうか。
先日、孫の首を絞める祖母の事件もありました。
お年寄りが事件を起こすことも珍しくはありません。
「まさか」が当たり前になりつつあります。
それもそのはずです。
「まさか」とは「大人=えらい」という構図で成り立つ
世の中のギャップとして発せられる言葉なのです。
「お年寄り=超えらい」という構図もあります。
ただ、あなたが年を重ねているように、昔の老人が
いつまでも老人でいるわけではないのです。
かつて、チャラチャラしていた若者も老人になります。
なのに社会は「老人=超えらい」というレッテルを
貼ってしまう…いつまでもお兄さんのような感じのした
高校球児がいつの間にか年下になっていたり、
永遠のおっさんだと思っていた横綱よりもいつの
間にか年上になっているのと同じような現象です。
このギャップで誤解が発生します。
昔とは、社会が違うのです。戦争を切り抜けて肝の
座ったお年寄りはもう数少ないのです。
子供の教育に命をささげた教師も今はサラリーマン
化してしまい、勉強を教える程度しか能力がなくなり
ました。それなのに、親は未だに学校に期待します。
というより、親としての能力がなくなっているのです。
子供を心豊かに育てたりとか。しつけたりとか。
学校はペットショップではないのです。
親は誰でもなれますが、昔のような親ではありません。
近所のおじさんおばさんも子供の面倒をみるほど
寛容ではなくなっきてはいませんか?
お年よりも、学校の先生も、地域の名士だった特定
郵便局長も貯金を着服しまくる世の中です。
(この手の事件は昔から結構あった)
今一度、レッテルというか、偏見というか、定義というか
そういうものを見直す必要があるのではないでしょうか。
拾子に電車の中の雑誌を掻き集めさせて、それを売って
ボロ儲けをするホームレスもいるわけですし。
古物商無許可。金入ったんなら税金とか年金払えよボケ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2004

ハエ男その他

このウェブログ、おとといぐらいからグレードアップ中。
見た目は全然変わってない(変更は出来る)けど、
アクセス解析なる機能が備わった。今日の訪問者は30を
超えそうな勢い。メインサイトを完全に上回ってしまった。
ちなみに、検索でここに飛んできた人のキーワードは、
昨日は「アテネオリンピック」「金メダル受賞者」
今日は「武田真治」「筋肉」だった。おそらく訪問してきた
方々は記事を見てがっかりしたのではないかと思う。
(本筋からそれた内容が多いので)
裏返すとそれだけ検索に引っかかりやすいということ
にもなる。確かに、仕事での調べ物でも検索キーワードに
ウェブログが山のようにひっかかる。しかも上位に。
まるでエチゼンクラゲ状態だ。
「ウェブログの普及で糞日記が増えた」とはネット上の
どこかで聞いた言葉。確かに。

さて、旧DiaryXXXで電車の中でゴソゴソとカバンの中を
いじったりして隣の人に肘をゴチゴチ当てる人を「ハエ男」と
命名したところ、それなりに反響があったのでそれ以外の
人々を紹介してみる。

「柱マダム」
座席の端の柱につかまるマダムのこと。つり革に手が
届かないか、五十以上肩で腕が上がらないのか我先に
柱につかまる。その名の通り女性が圧倒的に多い。
1人ならまだしも2、3人で密集することも。たいがい大荷物
なので周辺にゴチゴチ当ててしまう。
次項に紹介する「クイックスロー」現象にも陥りやすい。

「クイックスロー」
混雑した電車を降りる時、割り込んででも我先に出ようと
する人々のこと。停車前に混雑する車内でうごめくので
非常に迷惑。それでいてホームに出るとノロノロと歩いて
しまうので後続の人の通行の妨げになる。

「タッチアンドゴー」
混雑した車内で激しい座席の争奪戦を繰り広げながら、
たった一駅で降りてしまう人々のこと。

「クリッカー」
ケータイのボタン音を消さないまま操作をする人々。
たいがい家のビデオデッキも繋げられなそうなメカ弱の
頼りないオヤジに多い。ボタンを押すテンポもまばらで
周囲は非常にイライラする。気付いていないのは本人だけ。

まあ、こんなのも検索にひっかかってしまうわけだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2004

台風18号

台風18号の被害は甚大だった。
現在、死者・行方不明者32名。厳島神社も壊滅的被害。
この神社は海の上にあるという条件から、何度も同じような
被害にあっている。思い出すのは10年ぐらい前の台風で
メチャクチャになって、広島弁丸出しの大学の友人が
「厳島神社がわやになってしもうた」と言っていたこと。
命がけで社を守る人々の姿は鬼気迫るものがあった。

台風18号は風の被害が特に目立った。
僕の記憶の限りでは、16号のほうが勢力が強かったの
ではないか?台風の強さは「猛烈」とか「強い」とかで
使い分けるが、16号は確か「猛烈な台風」だった。
18号は勢力としては16号より劣っていたはず。
また、16号は、進路となる住民を中心にかなり覚悟して
迎えた感じがするが。18号に対する注意の
呼びかけはあまり目立たなかったような気がする。
「猛烈」とか「強い」という言葉のマジックが被害を大きくした
のではないか。同じコースばかりを通る台風に麻痺しては
いなかっただろうか?各地の地震や浅間山の噴火に気を
とられていなかっただろうか?今さらに悔やまれる。

台風18号は速度による相乗効果でさらに威力を増した。
思わぬ強風に見舞われた地区も多かったという。
果たして、ここまでの強風が予想されていただろうか?
そこには、的中率も落ちていろいろな予報が乱立する
今の気象予報制度が背景にあるような気もする。
後で言うのは簡単なことなのだが、台風の当たり年などと
簡単に片付けるのは危険なように思う。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

September 07, 2004

プロ野球選手会、スト突入か?

プロ野球のストライキが確実視されるようになった。
今日も午後6時から、日比谷野外音楽堂で選手会と
プロ野球OB、プロ野球を愛する著名人の集いが開催される。
この件に関してはDiaryであまり触れたことがない。
自分自身でも考えがまとまらないのだ。
ただ一ついえるのは、あと振り返って性急だったと反省する
ことのないようにしたい。プロ野球が赤字なのは分かる。
巨人戦の視聴率低下は、CSなど多チャンネル時代の到来と
生活リズムの多様化があげられるだろう。
他人のせいのように扱うマスメディアはいかがなものとは
思うが、避けられない事実だといえる。

長引く不況で実業団のクラブが多数消えた。
プロでは横浜フリューゲルスの合併が記憶に新しい。
スポンサーの都合でファン不在のまま突然「F」の一文字に
圧縮されてしまった状況は実に悲しいものがあった。
横浜に根付いた球団といわれていただけに。
その後、横浜FCが地の底から這い上がってきた。
サポーターに支えられて設立されたこの球団は、
フリューゲルスの名を再び得ようとJ1昇格を目指し
快進撃を続けたが、J2で力尽きた感もなくはない。
性急に事を運んでいなければ、サポーターによる第2の
フリューゲルスがJ1に残った可能性もあったのだ。

不況により何もかもが内側…緊縮に向かっていくのは
当然の流れだ。だが、将来のことを本当に見据えている
のだろうか。話はそれるが、幼い頃、円高不況という
ものがあった。80年代半ばだろうか。
この頃、製鉄会社は高炉を数多く止めた。その後、
僅かな期間でバブルが到来した。景気の先を読むのは
難しいだろうが、その頃の僕は感じた。
「もう少し考えれば、わざわざ止めずにすんだのに」と。
高炉を止めるのも再度動かすのも猛烈なコストがかかる。
そのまま機能を停止した製鉄所も多かったように思う。
そこには従業員がいる。機械メーカーやアミューズメント
パークが跡地を引き継いだ例はまだいい方だ。

プロ野球が例えば10球団、8球団で運営され、
好況が訪れてまた増やそうとなれば、そこは猛烈な
エネルギーが必要になる。それならば、弱小でも残せば
いいのではないかと思う。少なくとも年俸の高騰と、
球団は金をかけなければ強くならないという風潮を作った
巨人の首脳陣は恥ずべきだと思う。
有能な大学生をダシにつかって雲隠れしたあの人達だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2004

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

先日、ダイアログ・イン・ザ・ダークというものに行って来ました。
映画のようなタイトルですが、映画でも劇でもありません。
視覚障害の擬似体験が出来るイベントです。ハンディキャップを
イベントにするとは何事ぞ、という人もいるかもしれませんが、
これは立派なエンターテインメントです。
ヨーロッパなど世界各地、日本でも数ヶ所で開催されていますが、
おそらく今回が最大規模だったようです。
ホームページはこちら
http://www.dialoginthedark.com/
真っ黒な擬似空間の中を視覚障害者がガイドをしてくれます。
参加者は白杖とガイドの声、周囲の音を頼りに移動します。
日常生活では全く経験することのない体験です。
(清水寺の胎内めぐりで似たような体験は出来ます)
まさに目からウロコ。我々参加者にとっても、ガイドをする
視覚障害者にとっても貴重な体験だと思います。
このイベントを経験すると、点字ブロックや手すりのありがたさを
感じることが出来ます。そういう目で見てみると、点字ブロック
など視覚障害者に配慮した設備がいい加減に設置されている
ことが多いことに気がつきます。
この視点を大事にしながら生きていこう、と思うイベントでした。
手話講座仲間と行ったんですが、聴覚障害とは違う、別の
視点からモノを見ることが出来ました。
残念ながら東京公演は9月4日で終了しましたが、
来年は神戸で開催されるらしいです。
機会があれば、是非。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2004

バクさんのカバン

先日、Sさんがニコニコしながらやってきました。
「カバン買ったんだけど、変かなあ?」
腰痛とSさんの言い訳の山で日々不機嫌な僕が唯一、
元気になる退社間際を狙って来たのでした。
ディスカウントショップで3000円ぐらいで買ったらしいです。
でかーいカバン。まさにバカ…いや、バクさんのカバンです。
以前のカバンも底が抜けそうなぐらいモノをつめていた
のですが、今度はさらにたっぷりと入りそうです。
通帳やカードや保険証書など金目のモノ全てを持ち歩く
S氏は、家に空き巣が入った時も引き取りに金を取られる
ほどの古いパソコン一台を盗まれただけという武勇伝を
誇ります。勇敢です。
さて、このバカ…いや、バクさんのカバンは何故、こんなに
デカいかというと、スーツケース機能がついているからの
ようです。年に1回の記者クラブの旅行が近いから
でしょうか。あとの363日はこのデカくて重いカバンと
苦楽をともにするというのでしょうか。
まさにバカ…いや、バクさんのカバンです。
旅行つながりなのか、いつものように旅行の話を始めた
ので、あとは女性社員に話を無理矢理振って帰りました。
いつも判を押したように同じ話ばかりなので。

今回からS・ReportはDiaryXXXのワンコーナーとなり
ました。毒弱めでスタートです。
ちなみに、所ジョージがやってたカケフくんとかが出る
あの番組…ツムラがスポンサーの…名前忘れましたが、
あれは月曜夜に宇崎竜童とかおっさんたちがやってた
番組のワンコーナーだったんですね。
欽ドンの後番組…たしか夜はタマタマ何とかとかいう
変な番組。黒沢年男とかも出てました、たしか。
ちなみに、今もあるか分かりませんが、ダウンタウンDXの
アンケートのシステムとかは、エックステレビ大阪で
試験的に作成した番組のひとつなんですよね、たしか。
番組終了時にバラまきました。何でも鑑定団は島田紳助
ごと身売りしたはずです。テーマ曲は三枝成彰。
大阪のほうが東京より圧倒的に強かった番組でした。
まあ、そんな感じですわ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 02, 2004

ガソリン一斉値上げ?

浅間山が噴火しましたね。決定的瞬間はNHKが撮影。
あの鮮明な映像はハイビジョンみたいな感じですね。
金にモノをいわせた撮影は、以前は「さすがNHK」と好感すら
持たれたものですが、逆風が吹きまくる今ではかえって嫌味
のようにも思えてきます。
民放各局はヘリを飛ばした根性のテレ朝が気を吐きましたが、
ほとんどは国土交通省の紙芝居みたいなコマ落ち映像しか
放送されませんでしたね。必死に近くの役場や住人の
電話取材をしていますが、それではイラク戦争の時と同じ
じゃないですか。火中の栗ぐらい自分で拾いなさい。
そう考えるとNHKの映像が余計目立ちますが、大事に
映像を扱えば扱うほど余計嫌味に見えてきます(笑)

さて、今日はガソリン一斉値上げという報道が目立ちました。
大変です、一斉値上げなんかしたら公取が入ります。
大げさに取り上げるのもいいですが、あほじゃないですか。
今年に入り相次ぐ値上げといいますが、4月からは消費税
総額表示で税込価格として嵩上げされた価格も含まれます。
値上げ幅は確かに大きいですが、それをそのまま鵜呑みに
してはいけません。
原油価格の高騰といいますが、最も高騰して某経済紙が
騒ぎまくったWTI原油というのは日本に直接的には関係の
ない指標です。他にも欧州のブレントという指標もあります。
巡り巡って影響は受けますが、石油輸入の中東依存度の高い
日本においては、中東原油の指標であるドバイ原油もしくは
OPECバスケット価格に気をつける必要があります。
何もかもごっちゃにしてはいけません。みそくそです。
ちなみに、イラク情勢が悪化すると原油輸入への影響を
懸念する報道が度々出ますが、イラクからの原油輸入なんか
まだまだ鼻クソ程度です。紅海の奥、クウェートに蓋をされて
いるイラクです。タンカー輸送にもあまり影響がありません。
懸念されるのは巡り巡って中東情勢が悪化する時です。
この話題もみそくそに扱われることが多いです。

石油元売各社は、9月のガソリン月決め卸価格(業界用語で
仕切価格といいます)をリッターあたり3.5~4.1円値上げ
しました。石油業界は自由化であっぷあっぷなので、どこかで
吸収する余裕はなく、小売価格にそのまま影響する場合が多い。
それで4円程度値上げするというわけですが、週決めで卸価格を
変動させる外資系元売1社の値上げは4日の土曜日から。
ガソリンは3.5円値上げ。この会社は販売シェアも大きいため、
日本全国9月1日から一斉値上げとは考えにくいわけです。
ちなみに昨日、少し話題になった元売K社も週決めです。
(あの話は業界では周知のことでしたが、ああやって一般紙が
あたかもスクープのように報道するのはとても迷惑だったりします。
どうにかしてください)
もちろん、ガソリンは再販商品ではないわけですから、地域に
よって変動はばらばらです。該当する外資系の系列スタンドでも
既に値上げされている場合はあります。自由価格競争ですから
何の不思議もありません。
テレビでは「これで石油会社もホクホクでしょう」と笑う解説者も
いましたが、決してそんなことはないでしょう。
(石油化学部門は確かに儲かっているようですが)
原油価格の高騰で喜んでいるのは産油国と利ざやを稼いだ
一部のトレーダーぐらいのものです。

みそくそ報道に踊らされることなく、ガソリンを使ってください。
いいじゃないですか、たとえ10円値上がりしたって満タンで
数百円程度のことですから。例えば、月一回給油するマイホーム
パパは、一日にチロルチョコ2個我慢すればいいんです。
キャッチセールスだってあれですよ、一日にコーヒー1杯我慢しろ
とかですから、それに比べれば簡単です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2004

概況(16年8月分)

8月の重心指数
普段の仕事:40(-10)
シナリオ:5(±0)
その他:55(+10)
(カッコ内は前月比ポイント増減)

~8月の概況~
「普段の仕事」10ポイント反落
取材先も夏休みの場合が多くとにかく手を抜きまくりました。

「シナリオ」増減なし
10月以降、シナリオ公募がピークを迎えますが、
再起動は微妙な状態です。

「その他」10ポイント反発
スポーツクラブに通ったのは2日、前月比2日減。
数年来のひどい腰痛で動くことが出来ません。
痛み止めは喘息と下痢を誘発するので
痛くてもなかなか飲むことが出来ません、大変です。
手話関係では、前半に少し活動があります。
ダイアログ・イン・ザ・ダークとマンマ・ミーア。
何となく名前が似ていますが、全く別物です。
なお、昨年、編集に膨大な手間隙をかけた某グループの
発表会は9月の開催予定が11月に延期になりました。
何だか空中分解の予感です。
大変ですね、団体活動って。

~体位の変化(それは、意味が違います)~
「身長」±0cm
「体重」±0㎏
体調の変化で激減したり、戻ったりします。
アコーディオン体重、大変です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2004 | Main | October 2004 »