« 戦いのあと | Main | ウエクサ »

August 31, 2004

チャット

先日、久しぶりにチャットに出てみた。
今のチャットは、ボイス、映像などかつてなかった機能が
備わっている。それだけ利用者が増加したということだが、
反面、マナーは著しく低下しているように思う。
プロバイダや電話料金がかかっていた頃は、一分一秒、
一文字づつ噛みしめるようにキーを叩いたものだ
(既にネット老人と化しています)
それが、文字垂れ流し状態。文字を粗末に扱うと往々に
してトラブルが起こるわけで、ネット上は現実社会以上に
トラブルが多くなってしまうのではないかと思う。

僕がチャットにハマったのは、98年の夏ごろか。
何度か触れたことがあるが、ワープロから繋いでいた。
旧ニフティサーブの原点でもあるパソコン通信に近い
繋ぎ方でスタートしたということになる。
そこでは、ビギナーズコーナー(通称ビギコ)という場所があり、
ベテランがチャットの機能、挨拶、作法などをそれとなく
教えてくれる場だった。今、@ニフティにはビギコは既になく
他のスペースも閑古鳥だ。それもそのはず無料でチャットが
出来るスペースがたくさんあるので。

リンクコーナーの左端のサイトはほとんどがこのチャットで
知り合った仲間のものだ。特に「どろんぱたうん」は設立が
ほぼ同時期の、いわば兄弟サイトでもある。
そこの家主は曰く、「パソコンもプロバイダ料金も安くなり、
誰でも手軽に楽しめるようになった。多くの人が出入するから
それゆえマナーも悪くなる」みたいなことを言っていた。
(サイト移転作業中でBBSの該当書き込みが見当たらず)
その通りだなあと思った。当時、ときたま小学生やお年寄りが
繋いでくると「おおっ」と思ったものだ。視覚障害者の人が
繋いできたこともある。ウェブ空間のごった煮状態のなかにも
相手が何となく見えていた。
それが今は匿名性が高く、良くいえば自由に、悪く言えば
好き勝手に何でも表現できるようになった。
匿名性が高くなったゆえ、挨拶もなく土足で出入りする人も
増えた。チャットや掲示板でも理由もなく攻撃してくる輩も
少なくない。
過去の日記で触れたことはあるが、家電製品など新しい
ものが爆発的に増加する一因は「エロ」だったりする。
ビデオデッキ、パソコン、インターネット、ブロードバンドの
ブレイクの陰には「エロ」があった。チャットも同じである。
特に週刊誌や巨大掲示板で紹介されるようになってからは
にわかネッター(?)のガキンチョやクソオヤジが増えた。
このままでは自分の欲しいものだけ得て、嫌なら逃げて、
気に食わないなら攻撃するような輩が増える一方だ。
ウェブ空間は頭の中と同じである。限りない表現の可能性も
あるが、歯止めのない凶暴さも備えている。
…既に使い古されているような言葉ですが。

チャット初心者だった当時も、パソコン通信でほのぼのと
やってきた先人たちは、次々とデビューする我々を苦々しく
思ったのではないか。「近頃の若い者は」
第二世代の我々もそう思うようになってしまった。

|

« 戦いのあと | Main | ウエクサ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49725/1321184

Listed below are links to weblogs that reference チャット:

« 戦いのあと | Main | ウエクサ »